「ネットプリント」で、年賀状をコンビニ(セブンイレブン)で印刷してみた。はがき持ち込み印刷の流れ。

この時期、話題と共に頭を悩ませる存在と言えば「年賀状」です。

 

ありがちな光景としては・・・。

 

  • 自宅のプリンターで印刷すると、残り数枚の所でインクが足りなくなる。
  • 結果、プリンターより高いインクを買い足す羽目になる。
  • 年明け、年賀状を出していない方から届いてしまい、慌ててコンビニに駆け込む。
  • しかし、絵柄印刷済みの年賀状が、最低でも2枚や5枚入など。(余りの使い道が無い。。)

 

年賀状は少数が必要な場合、無駄なく対応するのは難しい印象があります。

 

無駄の出ない解決策を探したところ、コンビニ大手「セブンイレブン」のネットプリントに「持ち込みはがき印刷」サービスが存在するのを発見。

「ネットプリント」とは
事前にファイルをアップロードして、全国のセブンイレブンのマルチコピー機で印刷できるサービス。
要は、コピー機をプリンター代わりに利用できるのです。

実際に試してみる事にしました。

 

今回は、セブンイレブンの「ネットプリント」で「年賀状」を「持ち込み印刷」してみた話です。

スポンサーリンク

事前準備

用意するもの

用意するものは下記3点です。

 

  1. 「年賀状データ」を「ネットプリントへアップロード」
  2. 「年賀はがき」
  3. 「印刷代金」

 

順番に詳しく触れてみたいと思います。

1.「年賀状データ」を「ネットプリントへアップロード」

何はともあれ「ネットプリント」にアップロードする「年賀状データ(PDF等)」は必須となります。

 

「年賀状データ」の作成方法は沢山存在する訳ですが、今回は手元にスマホしか無くとも利用できそうなおすすめ手段を3つ紹介したいと思います。

 

お好みの手段でアップロードを行ってください。

 

かんたんネットプリント

既に「年賀状データ(PDF、画像、Microsfot Office文書等)」を作成済みの方は、「ネットプリントへアップロード」する作業が残っています。

 

特に理由が無い限り「かんたんネットプリント」の利用をおすすめしますす。

 

「かんたんnetprint(ネットプリント)」とは?

ネットプリントの簡易版です。基本機能は変わらず会員登録不要で使う事が出来ます。

 

なお、アップデートしたファイルの有効期限は「かんたんネットプリント」が翌日23:59まで、※「ネットプリント」は7日間。

比較的手軽にコンビニのマルチコピー機を自宅プリンター代わりに使う「かんたんネットプリント」は良い選択肢と言えるでしょう。

 

【PCはWEB版】

【会員登録不要】セブンイレブンで印刷
【超簡単】スマホからでもパソコンからでも、PDFも写真もすぐ印刷できます。

 

【スマホはアプリ版】

※Android

かんたんnetprint-PDFも写真もコンビニですぐ印刷 - Apps on Google Play
■ No membership registration required ■ PDF and photos ■ Easy operation ■ "Immediately on the spot" print ■ "Anytime" at the nearest 7-Eleven ■ Print out with a...

 

※ios(iPhone・iPad)

かんたんnetprint

 

アップロード後は「プリント予約番号」「暗証番号(パスワード)」を控えておきましょう。

※暗証番号(パスワード)は設定した場合のみ。

 

はがきデザインキット

「年賀状データ」自体をこれから作成する方は、日本郵便公式サービスの「はがきデザインキット」がおすすめです。

WEB版とスマホ版(アプリ)の提供があります。

 

※WEB版(PC向け)

はがきデザインキット[ウェブ版]
郵便局が提供する年賀状の作成サービスです。新年のご挨拶や結婚、出産、お引越しのご報告など、用途に合わせて誰でも簡単に年賀状を作成できます。数枚だけ送りたい、宛名は手書きしたいという方にもおすすめです。

 

※Android

年賀状 2023 はがきデザインキット 日本郵便【公式】 - Apps on Google Play
Japan Post 2023 New Year's card app! The design of the created New Year's card can be printed at home or at a convenience store! New Year's cards create stylis...

 

※ios(iPhone・iPad)

年賀状 2023 はがきデザインキット 年賀状や宛名を印刷

豊富なテンプレートとカスタマイズも可能性で「ネットプリントにアップロード」する機能も備えています。家にプリンターを持っていない人も考慮されたサービスです。

 

2023年版には「あて名印刷機能」はありません。
宛名もご自身で印刷したい方は、市販ソフトを購入してしまうのが手っ取り早いかも知れません。

 

今回の趣旨からは外れますが、そもそも年賀状の全てが億劫な場合、費用は掛かるもののWEB上でデザインと宛先を指定出来る日本郵便公式「郵便局の年賀状印刷」を選ぶのも一つの選択肢です。

 

 

コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート

「1枚だけ欲しい人」「カスタマイズを求め無い方」には、日本郵便公式「コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート」向いています。

 

「コンビニの絵柄付き年賀はがきが欲しいけど5枚も要らない」場合や、年明け「出してない相手から一人だけ年賀状が届いた時」などに重宝してくれそうです。

 

「コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート」は既にネットプリントにアップロードされている状態です。

 

お好みの柄の「プリント予約番号」を控えて、印刷へ臨みましょう。

年賀状テンプレート2023
印刷可能期間:2022/11/1 ~ 2023/1/15 23:59

2.「年賀はがき」

「持ち込み印刷」の名の通り、事前にご自身で「年賀はがき」を購入してから、印刷に挑む必要があります。

 

インクジェット不可

ところで「年賀はがき」は大きく分けると下記2種類が販売されています。

 

  • 普通紙
  • インクジェット紙、インクジェット写真用

 

コンビニのマルチコピー機はインクジェットではありません。

絶対に「インクジェット紙はがき・インクジェット写真用はがき」は使ってはいけません。

 

 

持ち込み印刷に利用して良いのは「普通紙」の「年賀はがき」です。

 

2023(令和5)年用の年賀はがきの価格

2023(令和5)年用の年賀はがきの価格は、普通紙(無地)が63円です。

 

年賀はがきを売っている場所

年賀はがきは下記等で販売されています。

  • コンビニ
  • 郵便局
  • 金券ショップ等

 

印刷当日にコンビニで購入する予定の方も多いかと思います。

しかし、売り切れインクジェット用のみ在庫ありのケースに多く遭遇します。

出鼻を挫くことになりかねませんので、事前購入しておくことをおすすめします。

 

なお年末に近くなると、郵便局窓口にすら「普通紙(無地)」は在庫薄傾向なので注意が必要です。

年末年始からでは、複数件の店舗を回る覚悟が必要になるかも知れません。

郵便局をさがす - 日本郵便
全国の郵便局・ATMや集荷依頼可能なゆうゆう窓口(時間外窓口)の住所や営業時間をさがすことができます。

 

備え付けはがきとは?

マルチコピー機内に最初から入っている「無地ポストカード(別途切手が必要)」です。

ポストカードである「備え付けはがき」に印刷しても年賀はがきにはなりません。

「備え付けはがき」では無く、後述の持ち込み手順で「年賀はがき」に印刷しましょう。

 

3.印刷代金

印刷代金は、印刷当日にコンビニのマルチコピー機にて支払います。(現金、nanaco)

 

価格は利用するサービスにより異なります。

  • かんたんネットプリント(はがき・カラー):60円
  • はがきデザインキット:80円
  • コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート:80円

※全て持ち込みハガキカラー印刷代金。はがき代は別です。

※はがきデザインキットは「セブンイレブンでプリント」を指定した場合。

※最新の価格は各公式サイトでご確認ください。

ネットプリントの価格について教えてください。

 

スポンサーリンク

持ち込み印刷の流れ

当日必要な物

  • 予約番号 ※暗証番号(設定した方のみ)
  • 年賀はがき
  • 印刷代金

マルチコピー機

ネットプリントは、セブンイレブンに設置の「マルチコピー機」で行います。

マルチコピー機
セブン‐イレブン・ジャパン

 

タッチパネルで「プリント」を選択。

 

ネットプリント。

 

確認。

 

「予約番号」の入力。

 

用紙選択。

必ず、下の「持ち込みはがき」を選びましょう。

「持ち込みはがき」のセット

いよいよ「トレイ」の引き出し操作方法などが表示されました。

 

画面の表示に従います。

「トレイ1」を引き出し、「備え付けはがき」を一時置きスペースに移動しましょう。

 

先程「備え付けはがき」を移動した事で「はがきトレイ」が空いています。

「はがきトレイ」に「持ち込みはがき(※年賀はがき)」をセットたら、タッチパネルに従いトレイ1も閉めましょう。

補足:実機はこんな感じ

各トレイには、分かりわすく番号が振ってありました。

トレイ1(はがき)は一番上です。

中央の窪みに手をかけて、引き出します。

 

トレイ1の内部。

下記画像は「持ち込みはがき」をはがきトレイ、「備え付けはがき」を一時置きスペースに移動してある状態です。

 

内部の補足書き。

左のスペースが「はがきトレイ」右が「一時置きスペース」。

「はがきトレイ」には印刷したい面を上に、郵便番号枠は奥側にセットします。

※なお型番違い等があるかも知れませんので、実機を確認してくだい。

印刷

全ての準備が整うと、お支払い(現金・nanaco)画面に切り替わります。

決済後、プリントスタートをタップ。

 

プリント完了です。他に印刷が無ければ終了ボタンを押しましょう。

※まだ終わりではありません。

「備え付けはがき」を戻す

最後に、重要な作業が残っています。

「備え付けはがき」をはがきトレイに戻す作業です。

続けて表示されるタッチパネルの指示に従い、「備え付けはがき」を「一時置きスペース」から「はがきトレイ」へ戻しましょう。

  1. トレイ1を引き出す
  2. 持ち込みはがきを取り出す(余った場合のみ)
  3. 備え付けはがきを、「一時置きスペース」から「はがきトレイ」戻す

難しく考える必要はありません。

「持ち込みはがき」をセットした時と手順が逆なだけです。今度は迷わず作業できると思われます。

 

仕上がり

かんたんネットプリント:テスト印刷

仕上がりをチェックする為に、テスト印刷してみました。

Wordで約2分で作った年賀状風デザイン?をPCから「かんたんネットプリント」でアップロードし、持ち込み印刷。

 

雑なデザインはともかく。。印刷に問題なさそうです。

なお、そのまま使えるフォントは限りがあります。

書体など拘りのある方は、埋め込みなど仕様を確認しておく事をおすすめします。

[参考:公式ヘルプ]

 

コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート:テスト印刷

折角なので、事前準備の項で紹介した郵便局公式「コンビニはがきプリント 年賀状テンプレート(※2019版)」も試してみました。

 

こちらも、プリンター印刷としては上出来です。

感想・アドバイス

「かんたんネットプリント」の「はがきの持ち込み印刷」を行う場合トレイの引き出し作業があるため、初めての方は敷居が高く感じるかも知れません。

 

しかし、基本的にマルチコピー機のモニター表示に従って行動していれば、特に問題無く印刷を終えることが出来ました。

 

アドバイスを挙げるとすれば、出来るだけコピー機が空いていそうな時間帯に挑む事くらいでしょうか?

 

印刷作業中の自分の後ろに大行列では、落ち着いて作業をする事は出来ません。

まとめ

「かんたんネットプリント」は少数の印刷なら「アリ」

プリンター代わりになるマルチコピー機の登場で、「もう自宅プリンターが不要か?」と言われればそんな事はありません。

 

一枚あたりのはがき印刷代は割高で大量印刷には不向きと言えます。

また、多くの人が使うコピー機を長時間占領する行為は褒められものではありません。

 

「かんたんネットプリント」の活用どころは大量では無く「数枚のハガキ印刷が行いたい」場合です。

 

大量の年賀状を必要としている方は大人しく自宅用のプリンターを購入するか、印刷屋さん、年賀状アプリ(配達まで行ってくれる)の検討をおすすめします。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました