DAISO(ダイソー)の100円「電池式モバイルバッテリー」を買ってみた。懐かしの乾電池式の実用性は如何に?

ご存知の通り、現在のモバイルバッテリーの大半が「充電式」です。

事前にモバイルバッテリー自体を充電しておいて、充電完了後に持ち出します。後は何時でも自由にスマホに充電可能という訳です。

しかし、先日訪れた100円ショップDAISO(ダイソー)では、ガラケー時代には主力だった「乾電池式」のモバイルバッテリーが、沢山陳列されていました。

「乾電池式」は充電容量の少なさから、過去の産物と思っていましたが、実は隠れた需要があるのかも知れません。結局気になったので購入してみました。

今回は、100円ショップDAISO(ダイソー)の「電池式 モバイルバッテリー」レビューです。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

名称は「電池式モバイルバッテリー」です。価格は100円(税別)

「電池式」ですが「緊急時や外出時でのスマホ充電に」との記載が。

しっかりと、スマホでの利用を想定しているようです。

スペック

パッケージにはスペックの記載があります。

  • 使用電池:アルカリ単3乾電池×2個
  • 最大主力:5V、500mAh

※なお、充電ケーブルは付属していません。

パッケージの裏。

特長や使用方法などの記載があります。

充電目安

充電容量は、使う乾電池の性能によるかと思いますが、充電目安の記載はありました。

恐らく、パッケージ記載の「アルカリ単3乾電池×2個」を使用時と思われますが、iPhoneに約30%充電可能との事。

いつ頃のiPhoneかは不明です。。

本体

パッケージを開封しました。

シンプルな白い本体で、サイズは約82×35×20mmくらいです。

側面に、USBポートが1個あります。

本体の半分は、電池のスライド蓋になっています。

蓋を開けるとこんな感じ。単3乾電池(アルカリ)が2本入ります。

※電池は別売りです。

試しに使ってみた

エネループでテスト※自己責任

実は購入時から、試したかった事があります。

eneloopなど、一部の充電式単3電池には、v1.2とは言え大容量モデルが存在します。

大容量の単3充電池を、今回の「電池式モバイルバッテリー」に使用した場合、スマホは何%まで充電できるのか?という点です。※自己責任です。

検証してみる事に。

環境

今回の検証環境はこんな感じです。

  • 電池:Panasonic eneloop(bk-3mcc、1900mah)
  • 端末:HUAWEI nova lite 2(FIG-LA1)
  • 本体ファームウェア:v.8.0.0.126
  • その他:SIM挿入済み、wifiスリープ時ON、Bluetooth・位置情報OFF
  • アダプター:ダイソー電池式モバイルバッテリー(本品)
  • USBケーブル:端末付属の純正品

計測

充電開始

バッテリー残1%からスタートします。

「単3充電池の電圧の低さから、充電開始してくれないのでは?」と心配していましたが、問題無く充電池開始となりました。※他機種ではわかりませんが。。

充電完了

開始から、約1時間57分が経過。

スマホの充電ランプが消えました。

さて、気になる結果は。

21%・・・。

容量を計算すると薄々気が付き始めていましたが・・・。やはりまあ、そんなに上手くはいかないようです・・・。

まとめ

基本的に緊急用向け

やはり「乾電池式のモバイルバッテリー」は、緊急用のスマホアクセサリーでした。「使用可能時間が少し伸びる」程度に思っていた方が無難です。

「フル充電」をする予定がある場合や、利用頻度が多い場合には、「充電式のモバイルバッテリー」を用意しましょう。

とは言え下記のシーンであれば「電池式モバイルバッテリー」の出番はありそうです。

  • 「待受時間」の延長目的 ※多くのバッテリー残を必要としない
  • 利用頻度が極端少ない(数年に1度くらい)場合 ※放電していても出先で電池調達可能
  • コンセントの無いところで、とにかく少しでも充電したい

抑えておくべき特徴

  • スマホのフル充電は困難(一応、何度も繰り返せば可能ですが・・・)
  • 充電速度は遅い(最大出力5V、500mAh)ので考慮して使う必要あり
  • 出先でモバイルバッテリーを満タンに出来る(コンビニ等で乾電池購入)
  • 緊急時に「待受時間」を伸ばしたいだけならアリ?

それでは、楽しいスマホライフを!