Googleフォト無制限分が終了。Googleフォトユーザーが知っておくべき3個の事。代替サービスもチェック

先日、Googleフォトの無制限分が2021年5月末で終了するとアナウンスがありました。

 

最近Googleドライブのゴミ箱サイクルが変更された事で、サーバーの逼迫を憶測していましたが、予想以上に速く対処される事になりました。

 

今回は、Googleフォトユーザーが知っておくべき3個の事(2021年6月1日から起こる事)と、代替サービス(無料Googleフォトでは足りない人向け)をチェックしてみた話です。

スポンサーリンク

2021年6月1日から起こる事

前提知識:そもそもGoogleフォトの無制限って何?

Googleフォトでは、アップロードサイズを「元のサイズ」「高画質」の2つから選択出来ます。

※GoogleフォトWEB版設定

 

元のサイズとは

「元のサイズ」はその名の通り、撮影した画像ファイルに変更を加えず元々のファイル容量でアップロードする設定です。この「元のサイズ」設定時にアップロードすると、Googleアカウントのストレージを消費します。

 

高画質とは

「高画質」は言い換えれば「出来るだけ綺麗に画質を落とす」アップロード設定です。

サイズや解像度を若干落とす事を条件に、Googleアカウントのストレージを消費する事無く何枚でもアップロード出来る設定です。

 

終了するのは何?

今回、2021年5月末で終了する予定の「Googleフォトの無制限分」とは、前述の「高画質」設定のGoogleアカウントのストレージを消費しない仕様の事です。

※「高画質」自体は無くならない

 

1.2021年5月31日までの「高画質」はカウントされない

既に「高画質」で保存済みの写真データについては慌てる必要はありません。

救済措置とも受け取れる発表がなされています。

 

2021年5月31日までに、保存した「高画質」ファイルは2021年6月1日以降もGoogleアカウントのストレージは消費されません。

※2021年6月1日以降にGoogleフォトに保存した「高画質」ファイルから、ストレージが減ります。

 

2.Google Pixel3~5は例外

GoogleのスマートフォンPixel(3~5 ※aを含む)からのアップロードについて例外が適用されます。

※Pixel4aに紐付けしてあるアカウントに届いたメッセージ(一部抜粋)

Pixelは2021年6月1日以降も変わらず「高画質」アップロードで容量消費無く無制限に保存できます。

思いもよらぬ所で、Google謹製端末は恩恵を受ける形となりました。

 

3.放置アカウントはファイル削除の可能性

2021年6月1日にGoogleアカウントのストレージポリシーが変更される事になりました。

 

対象アカウント

  • ストレージ容量制限を超えている Google アカウント
  •  2 年以上使用されていない非アクティブなアカウント

Gmail、ドライブ( Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard ファイルを含む)、Google フォトのサービスのうち、 1 つもしくは複数の製品において 2 年間( 24 か月)利用がない場合、Google はそのユーザーが使用していないファイルを削除する場合があります。

同様に、2 年以上ストレージ容量の制限を超えた状態が継続した場合、Google は Gmail、ドライブ、Google フォトのファイルを削除する場合があります。

 

Google アカウントのストレージポリシー変更について(japan.googleblog.com)

今後は2年放置しているアカウントはファイル削除の対象となるようです。

必要なアカウントは定期的にGoogleフォトやGoogle Drive、gmailを開きアクティブを維持しましょう。

 

代替サービス

無制限終了後、Googleフォトの容量が逼迫してくる方向けに代替サービスを探してみました。

オンラインストレージは数多くあれど、写真の扱いに特化した実用レベルのフォトストレージは非常に少ないのが現状です。

Google One

慣れ親しんだ「Googleフォト」を変わらず使いたい方には、「Google One」で容量追加がおすすめです。

契約後は空き容量自体が増えるので、膨大な画像の移行作業もありません。

オンラインストレージとしては手頃な価格で100GBや200GB以内で事足りる方であれば、前向きに検討する価値はありそうです。

 

コスト

プラン名・容量月額年単位の前払い
15GB(無料プラン)¥0
100GB¥250¥2,500
200GB¥380¥3,800
2TB¥1,300¥13,000

※2020/11/13現在のプラン

 

Amazon Photos

「Amazon Photos」はAmazonのプライム会員向けのフォトストレージです。プライム会員であれば追加料金無しで利用出来ます。

Amazon Photos

 

最大特長は画質を落とさず無制限に保存出来る事です。

既にプライム会員の方は勿論、無制限を活かし膨大なファイルを有する方には有力な候補になりそうです。専用アプリもあり。

 

 

膨大なデータ量の方にはぴったりですが、今回の件で少なからずAmazon Photosへの移行される方は現れるかと予想されます。懸念材料は、いつまで無制限や価格を維持できるか?です。

将来、再引っ越しの可能性はある留意する必要があるかも知れません。

 

コスト

プランフォト容量月額年単位の前払い
Amazonプライム無制限¥500¥4,900
Prime Student(学割)無制限¥250¥2,450

※2020/11/13現在のプラン

 

iCloud

iPhoneユーザーであれば、シンプルにiCloudストレージの追加容量を購入するのも悪い選択ではありません。

iosと同期のしやすさは最大のメリットです。価格も良心的で50GBの低容量・低価格プランから用意されています。

 

コスト

容量月額年額
5GB(無料)¥0¥0
50GB¥130¥1,560
200GB¥400¥4,800
2TB¥1,300¥15,600

※2020/11/13現在のプラン

 

まとめ

2021/6/1から「高画質」アップロード→容量減る

今ままで:「高画質」アップロード→容量減らない

2021/6/1から:「高画質」アップロード→容量減る

 

2021年5月末までに「高画質」でアップロードしたファイルは、6/1以降もストレージにカウントされない為、焦る必要はありません。

 

しかし、将来ストレージが増えてきた時どうするのか?(有料フォトストレージを借りる、不要ファイルの削除でやり過ごす、Pixel3~5を検討する、sdでローカル管理する等)をある程度決めておくと慌てずに済むかも知れません。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました