気になるジャンクスマホ専門店「ワールドモバイルアキバ」で、格安「iPhone SE」(※中古白ロム)を買ってみた。

スマホで、長時間の文章入力をする機会がよくあるのですが、最近なんだか手か疲れてしまいます。

それも、そのはずで最近のハイエンドスマホは結構重い(※重量)のです。しっかりとしたケースを装着すると、もはや200gも間近です。

そんな時にTwitterで見かけた、ジャンクスマホ専門店「ワールドモバイルアキバ」の白ロムSALEツイート。(※既に完売)

よくよく考えてみると、旧型とは言え「iPhoneSE」なら重量(113g)やサイズ感に申し分ありません。

iPhoneならSXも保有しているのですが、今あえてiPhoneSEが欲しくなってきました。

今回は、「iPhoneSE」(中古白ロム)をジャンクスマホ専門店「ワールドモバイルアキバ」で買ってみた話です。

※2018/12/14時点の内容です。

スポンサーリンク

購入してみた

店舗へ

最寄り駅(JR秋葉原駅)からのアクセスは、公式サイトにて詳しく紹介されています。

それでも自信が無ければ、GoogleMapアプリ等にナビしてもらうのが良いかも知れません。

到着

店先にTwitterでみかけたポップがありました。

お店は地下1階

早速、入店しようとしましたが、どうやらお店は地下の模様。・・・小心者の私は数十秒躊躇うのでした。。

地下に降りると、こじんまりしていますが、明るいフロアに到着。

勝手想像していた、殺伐としたジャンク屋さんのイメージとは異なり、特に躊躇う必要無かったようです。

大量ジャンクと中古白ロム

陳列棚には、大量のジャンクスマホが敷き詰められています。

比較的高額な白ロムやジャンク端末は、ガラスケースにあるようです。
お目当てのSEも発見。

実機を触らせて頂こうと、店員さんにお願いしたところ、別カゴに大量のSEが用意されていました。

早速、コンディションが良さそうな物を選んで購入。現金決済です。

無事、入手出来ました!

まとめ

今でも意外と使えるiPhoneSE

今回、軽さと小ささの為だけにiPhoneSE(中古白ロム)を購入してみました。

「長時間の文章入力」という限定用途のつもりでしたが、実際に使ってみるとスペックモンスターな人でなければ、今でも大抵の事はこなせる条件が揃っている印象です。

  • 最新ios対応(2018/12/16現在、ios12.1.1)
  • 日常生活では、ほぼ困らないスペック(A9)
  • ほとんどのmvnoでプロファイル配布中(※大体の格安SIMで使える)
  • 買い替え時期到来で、お手頃価格な中古品も多い
  • なんとか新品も入手可能(※Apple Storeの販売は終了)

メジャーなメーカーから小型スマホがリリースされる事がほとんど無くなった現在、小さなスマホを好む方にとって、やはり今でもSEは数少ない選択肢だと感じました。

なお、ジャンクは目利きさんどうぞ。

当然ながら、白ロムでは無く、ジャンクとして販売されている端末には何の保証もありません。

※レシートの注意書き。
店舗に訪れて画期的に感じたのは、店内に充電器等が置いてあり、実際に自分で検証してから購入する事が出来る点です。流石はジャンク専門店と言ったところでしょうか。

自分で検証出来る事が前提ですが、小傷を気にしない方や部品取り用を探している方は、掘り出し物を見つけられるかも知れません。

それでは、楽しいスマホライフを!