【月額0円SIM】ドネドネエントリー(MAX:128kbps)で出来る事

いつの時代も、一部に密かな支持を受ける「月額無料SIM」。

 

ビッグローブの通信ブランド「donedone(ドネドネ)」の「エントリープラン」は、現在の「月例無料SIM」です。

 

物は試しと使い始めてから、約1ヶ月が経過したので使用感等をメモ。

 

今回は、「donedoneエントリープランの概要」と「MAX128kbpsで出来る事」です。

スポンサーリンク

ドネドネエントリーとは?

月額料金0円のデータ専用プラン

「donedone(ドネドネ)」はBIGLOBEの通信ブランドです。

個人的に注目している、ドネドネの「エントリープラン」は月額料金は0円の格安SIMです。

※ユニバーサル料金も発生しません。

 

1年目だけとか、実質とか、キャンペーンなどでは無くデフォルトが0円です。

 

※なお、エントリープランはデータ通信専用プランです。音声通話やSMS機能はありません。

 

初期費用は必要

月額料金は掛かりませんが、初期費用(新規契約事務手数料)「3,300円(税込)」が必要です。

言い換えれば、初期費用さえ支払えば、後は無料です。

 

 

通信速度はMAX128kbps

エントリープランの最大速度は128kbpsです。

目安としては、一般的にパケ死後の速度(高速通信と使い切った後、通信速度に制限が掛けられた状態)に近い速度です。

 

常に速度制限が掛けられいる状態(最大128kbps)とも言える、ドネドネエントリーは

一般的なSIMと比べるとかなり遅いので用途を選ぶプランです。

 

【追記】
当初予定されていた「エントリープラン」でのデータチケット追加サービス(有料の高速通信)は当面見送りになりました。エントリープラン時間単位の通信チケット 提供見送りのお知らせ(donedone.jp)当面「エントリープラン」は常時128kbps以下で構わない場合のみ、検討するプランとなります。

 

データ容量50GB(月)

データ容量は大容量の50GB(月)です。

 

最大速度128kbpsで50GBを使い切るのは至難の業でしょう。

足りなくなる心配はあまりなさそうです。

 

スポンサーリンク

エントリープランで出来る事

donedone(ドネドネ)の「エントリープラン」で最大のネックとなるのは、最大通信速度の遅さです。

実際に利用して出来る事をチェックしてみました。

速度測定

まずは平日に複数回の速度測定を実施。

測定場所もランダムなので、参考程度の記録ですが備忘録としてメモ。

昼夜問わず、最大速度の半分の60kbps前後は出ている様子。

決して速くありませんが、活用の道はありそうです。

 

実際にアプリで使ってみた

とりあえず、メジャーなアプリでの使用感を試してみました。

WEB検索

Chromeアプリでブラウザ検索。

検索結果の表示の時点で、予想以上の時間を要してしまいます。

一般的なサイトではタイムアウトになってしまうケースもあり、日常使用は厳しい印象が残りました。

 

LINE

メッセージの送受信だけであれば、特にストレス無く普通に使えました。

その他のコンテンツ(ニュース等)は重く実用レベルにありません。

 

メール(Gamilアプリ)

特にストレスは感じません。

重いデータ添付が無ければ、普通に使える印象。

 

paypay

支払い時にはネット回線が必要です。

多少アプリの立ち上がりは遅いものの、QRコードの表示・支払いに限れば、普通に使えました。

 

YouTube

動画本編(画質auto設定)の開始まで、3~5分くらい掛かる事印象。

もちろん画質はかなり低画質(144P等)が自動選択されるので、予想通り現実的ではありません。

 

Spotify

ストリーミング再生を低音質設定で検証。

1曲目こそ、20秒近い待ち時間や冒頭が途切れがちとなりますが、以後は普通に安定再生。

最初だけちょっと頑張れば、意外と使えるかもしれません。

 

ドネドネエントリーで出来る事
アプリ所感
WEB(検索、閲覧)×
LINE(メッセージ送受信)
メール(メッセージ送受信)
paypay(QRコード表示)
You Tube(画質auto設定)×
Spotify(ストリーミング再生 ※低音質設定)
  • ○:一部機能は普通に使える
  • △:重いが一部機能は使える
  • ×:常用が厳しい

 

まとめ

激遅だけど月額0円

遅い事に変わりありませんが、「月額料金0円」は魅力的です。

メインスマホに本品のみを差して使うのは修行の域ですが、受信中心のサブスマホやIOT機器でのログ送信など、遅いなりの使いみちはあるように感じました。

 

用途を限定して使うガジェット好きなら、なかなか楽しい存在となりそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました