デスク向けの加湿器「TOPLAND CUBE(SH-CB30)」を買ってみた。トップランド、キューブ、ペットボトル式。

オフィスワーカーにとって真冬に気になる存在と言えば「湿度」です。

適切な湿度を保てば、健康や静電気対策としては勿論、体感温度も変わると言われており、この時期SALE品として店頭に並び始める小型加湿器はついつい買ってしまいます。

先日も、デスクにぴったりな定番のペットボトル加湿器が安かったので購入をしてみる事に。

今回は、TOPLAND(トップランド)の人気加湿器「CUBE」を買ってみた話です。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

パッケージは軽く「約15×6.5×5cm」のコンパクトサイズなので、持ち帰りに苦労する事はありません。

出荷時期にもよると思いますが、手にしたパッケージには「シリーズ累計販売数 100万個 突破!!」のシールが誇らしげに貼ってありました。

パッケージの下部に取付イメージと、想定用途の記載など。

なお、右側面には特長が記載されていました。

パッケージ裏

裏面には簡単な使い方が記載されています。

更に詳しく

パッケージの大きな画像は下記で確認できます。

開封

早速、内包物の確認です。

付属品は下記の通りでした。(本体除く)

  • 吸水スティック×5本
  • 取扱説明書

吸水スティック

吸水スティックが、5本付属します。

説明書では1ヶ月毎での交換が推奨されている消耗品です。

拡大。

なお、スティックのみ(M7098)の販売も行われているようです。

健康を害しては意味がありませんので、衛生的にも惜しまず交換しましょう。

取扱説明書

製品の取扱説明書です。

中には保証書(期間6ヶ月)も含まれています。レシートなど購入証明と共に保管して置きましょう。

なお、裏面ではカラーで「使い方」等が詳しく解説されています。

購入前にじっくり確認したい方は、事前にメーカーサイトで確認しても良いかもしれません。

製品情報 | 加湿器 | 株式会社トップランド(TOPLAND)
TOPLANDウェブサイトです。スマートフォン用充電器、アクセサリー、ヘッドホン、季節家電などの製品情報、会社情報、適合情報などがご覧いただけます。

本体

現在、「ホワイト・レッド・ブルー」3色の本体カラーが確認出来ました。

今回、選択したカラーは「レッド」です。

正面

正面には「CUBE」の文字。

サイズ45×45×48mm、重量は約42gとの事。

コンパクトなので旅行にも持っていけそうです。

右側面

右側面には、一見何も無いようにみえますが・・・。

加湿ON時は中心が光ります。電源ランプですね。

背面

電源ケーブル(USB)が繋がっています。なお、ケーブルの取り外しは出来ません。

USBケーブルは通常サイズのコネクタ(TypeA)です。

長さは約80cmとの仕様記載。

左側面

「電源ボタン」です。

押す度にONとOFFを切り替えます。

なお、ONから約8時間経過すると自動でOFFになる安心機能付きです。

底面

底面はペットボトルのフタのように、ネジ状になっています。

中心の穴に吸水スティックを差し込むます。

上面

中心に金属板が見えます。

別途用意する物

水道水が使える環境の他、キレイ洗った「ペットボトル」を用意しましょう。

吸水スティックの長さは約20cmなので、500ml以上推奨。

一般的な5V USB電源で動作します。

まとめ

自分だけを加湿する為の加湿器

加湿量(約30m/h)から考えても、部屋全体の湿度を上げるために、本品を選んでも殆ど効果は無いでしょう。

この加湿器は、自分の近くに置いて「自分の周りだけを加湿する為の加湿器」と言えそうです。

また、超音波式加湿器には「毎日の水交換と定期的な手入れ」必須です。

避けられない以上、ペットボトル式を採用している事で、手入れが行いやすい点は、大きなメリットに感じました。

加湿器は用途も価格も様々で、上を見始めたらキリがありませんが、オフィスワーカーにとってのありがちな悩みどころを解決してくれそうな要素は十分含まれていました。

  • 自分用のコンセントは確保出来ない
  • 毎日の手入れが行いやすい
  • 自腹なので、出来るだけ安価に欲しい

一日中、デスク作業を行う機会のある方は、一度検討してみても良いかもしれません。

最後に「水は毎日変えましょう」「定期的に手入れを行いましょう」。

それでは、楽しいTOPLAND CUBEライフを!

タイトルとURLをコピーしました