オフィスワーカー必見!デスク下の「ハンモック型フットレスト」が足が浮いてしまう人に良い感じ。腰痛対策にも。

仕事などでデスクに座りっぱなしの「オフィスワーカー」にありがちな悩みと言えば、腰痛や太もも、おしりの圧迫などです。

最近では、上質なオフィスチェアを導入するオフィスが増えているにも関わらず、これらの不調を訴える人はなかなか減りません。

今回は、その原因の一つでもある「座った時の足つき」と、その対策に有効的だった「デスク下のハンモック」の購入レビューです。

スポンサーリンク

難しい椅子の高さ調整

足が浮くのはダメ

大手のオフィスメーカーのサイトでも確認できますが、オフィスチェアは足が着く状態で座るのが基本となります。

体重を掛けている訳では無いので、さほど違いが無いと思われる方もいますが、非常に大きな違いがあり、着いていないと他の部分に余計な負担が掛かってしまいます。

これは冒頭の「不調」に繋がる可能性があります。

デスクに椅子の高さを合わせがち

PC作業の多い方は、長時間のマウス操作が楽になる「肘置き」付のオフィスチェアをよく使っています。

デスクと「肘置き」の高さを合わせると、より操作しやすくなる為、椅子の高さをデスクの高さに合わせてがちです。

しかし困った事に、デスクに合わせると、ある程度の身長が無い方は足が浮く事になります。

デスクの高さ調整はほぼ出来ない

市販されているデスクの高さは、概ね70~75cm程度の物が中心です。

このデスクの高さは、身長が平均を超える成人男性ならともかく、平均的または小柄な男性や平均的女性が利用する場合には、上記の使い方では高すぎるサイズです。よほど足の長い方でなければ、浮いてしまうと思われます。

一番のベストは、足のつく高さで椅子を調整し、その椅子の高さに合わせてデスクの高さ調整する事と思われますが、残念ながらデスクの高さは調整できな物または数センチのみ可能が大半を占めています。

足の置き場を用意する事に

そこで思いついたのは、足の置き場を新たに用意してしまうという発想です。サイズがピッタリなデスクを探すよりも、現実的に思われます。

早速、各ショッピングサイト・モールを検索してみると、・・・ハンモックタイプに行きつきました。

一見すると、リラックス用アイテムに見えますが、低い位置での利用も可能で、オフィスチェアにも使えそうです。そして、なにより安価、汚れても手洗いで済みそうです。

とりあえず、買ってみる事に。

開封の儀

到着

ビニールに包まれています。そもそもパッケージの概念が無い感じ。

f:id:piza-man:20171106193030j:plain

ビニールの中は、無地段ボール。

f:id:piza-man:20171106193050j:plain

開封

開封すると、直でアイテムが入っていました。

f:id:piza-man:20171106193103j:plain

付属品はこんな感じ。

  • 本体一式
  • 金具×2
  • 説明書(※英語)

f:id:piza-man:20171106193111j:plain

外観

今回購入したのはボーダー柄です。生地部分のサイズは約60×16cmでした。

f:id:piza-man:20171106193143j:plain

キャンバス風の(たぶん合成素材)で、十分な強度があります。

f:id:piza-man:20171106193153j:plain

両端には木が取り付けられています。

f:id:piza-man:20171106193205j:plain

紐の長さの調整は可能です。

f:id:piza-man:20171106193231j:plain

金具の裏にはクッション。シリコン状の為、滑り止めにもなります。

f:id:piza-man:20171106193241j:plain

金具をデスクの両端に取り付け、金具のツメに紐を引っ掛けたら設置完了です

f:id:piza-man:20171106193338j:plain

まとめ

一般的なデスク幅である90cmや120cmで試してみましたが、特に問題無く対応できました。

なお、本体は公園のブランコのような単純構造です。稀なケースですが、極端に小さいまたは大きいデスクで利用する場合にも、紐のカットや付け替えなどだけで簡単に対処出来そうです。

足の届かない人は良いかも知れません。

それでは、楽しいPCライフを!