Googleがあなたのデータを削除・制限する条件。Gmail・フォト・ドライブ

Googleがあなたのデータを削除・制限する条件。Gmail・フォト・ドライブWEBサービス

世界中で利用されているGoogleOne(Gmail・Googleフォト・Googleドライブ)の各サービス。

 

優秀なツールばかりですが、長期間放置や容量オーバーが続くと、あなたの保存したファイルは整理(削除)対象となります。

 

保有しているサブアカウントの利用頻度が気になりだしたので、備忘録として「Googleが削除対象とする条件」をまとめておく事にしました。

 

今回は、Googleがあなたのデータを削除・制限する条件です。

スポンサーリンク

GoogleOne(無料版)の制限・削除条件

概要

GoogleOne(無料版)の制限・削除条件は下記の通りです。

各サービスの利用頻度が低い場合はもちろん、GoogleOneストレージ(※Gmail、Googleフォト、Googleドライブの合計使用量)が圧迫している場合も注意が必要です。

GoogleOne(無料)の制限・削除条件
GoogleOne15GB超GoogleOne15GB超のまま2年経過2年間アクセス無し
Gmail機能制限メール全データ削除の可能性メール全データ削除の可能性
Googleドライブ機能制限ドライブ全データ削除の可能性ドライブ全データ削除の可能性
Googleフォト機能制限フォト全データ削除の可能性フォト全データ削除の可能性

 

それでは詳しく条件を確認してみます。

 

Gmailの制限・削除条件

容量オーバー

容量オーバーしたらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」では、Gmailに制限が掛かります。

  • メールの送受信不可
※受信メールは送信相手に返信

 

容量オーバーのまま2年経過

容量オーバーのまま2年経過したらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」のまま「2年以上が経過」した場合の処置は下記の通り。

 

  • Gmailの全データが削除される可能性

 

2年以上アクセスが無い

2年間利用しなかったらどうなる?

容量は問題無いものの「Gmailにアクセスしていない状態」で「2年以上が経過」した場合の処置は下記の通り。

 

  • Gmailの全データが削除される可能性

 

Googleフォトの制限・削除条件

容量オーバー

容量オーバーしたらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」の際、Googleフォトに掛かる制限は下記の通り。

 

  • 写真のバックアップ(アップロード)不可
  • 動画のバックアップ(アップロード)不可

 

容量オーバーのまま2年経過

容量オーバーのまま2年経過したらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」のまま「2年以上が経過」した場合。

 

  • Googleフォトの全データが削除される可能性

 

2年以上アクセスが無い

2年間利用しなかったらどうなる?

容量には問題無く「Googleフォトにアクセスしていない状態」で「2年以上が経過」した場合。

 

  • Googleフォトの全データが削除される可能性

 

Googleドライブの制限・削除条件

容量オーバー

容量オーバーしたらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」した場合は、Googleドライブに下記制限が掛かります。

 

  • 新しいファイルの同期・アップロード不可
  • Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboardの新規作成不可
  • 共有相手からも編集・コピー不可
  • PCと同期不可

 

容量オーバーのまま2年経過

容量オーバーのまま2年経過したらどうなる?

「GoogleOne(無料)のストレージ超過(15GB以上)」のまま「2年以上が経過」した場合。

 

  • Googleドライブの全データが削除される可能性

 

2年以上アクセスが無い

2年間利用しなかったらどうなる?

ストレージ容量の範囲内ですが「Googleフォトにアクセスしていない状態」で「2年以上が経過」した場合。

 

  • Googleドライブの全データが削除される可能性

 

スポンサーリンク

対応

利用頻度が低い

2年間1度も使わない可能性を心配している場合、「本当に必要なアカウントなのか?」考える時かも知れません。

 

今回凌いだとしても、数年後同じ問題に直面する可能性大です。

 

うっかり忘れて全削除とならない為に下記のような対策を施しておくべきでしょう。

 

  • 重要なデータをDL保有
  • サブアカウントであればデータを、利用頻度の高いメインアカウントに移しておく
  • 重要なデータは他社オンラインストレージにもコピー

 

容量が足りない

ストレージ管理ツール

大容量ファイルを削除出来れば、効率良くストレージを確保できます。

 

無料で使えるGoogleOne公式ツール「ストレージ管理ツール」で不要なデータを探してみましょう。

 

GoogleOne有料メンバーシップ

最も簡単な対策は、GoogleOneを有料メンバーシップにアップグレードする事です。

GoogleOne料金比較 ※2022/12/22
無料ベーシックスタンダードプレミアム
保存容量15GB100GB200GB2TB
月額0円250円380円1,300円
年単位契約-2,500円3,800円13,000円
Googleからの特別サポート-
最大5人のユーザーと共有-
メンバー向けのその他の特典-
GoogleWorkspaceのプレミアム機能---
Google One VPN---

少しの課金でこれまで通り、GoogleOneサービスを使えるのは大きなメリットです。

 

他社オンラインストレージへ移行

極端に「写真だけ」が多い場合は、思いっきって他社が運営するオンラインストレージへ移行も検討しても良いかも知れません。

 

サービス間の移行作業は手軽ではありませんが、写真保存のストレージ消費が優遇されているサービスは多数存在しています。

手間を惜しまず、コストを抑えたい方は試す価値があるでしょう。

 

 

まとめ

容量オーバーと放置は厳禁

現在、無償で15GBものストレージを付与するサービスは、そう簡単には見つかりません。

非アクティブアカウントから、ストレージを開放するのは致し方ない処置と言えるでしょう。

  • GoogleOne(無料)で15GB超なら「読み取り専用」制限
  • 2年放置で各サービスのデータ全削除
  • GoogleOne(無料)の15GB超状態はサービス放置とほぼ同義
    ※15GB超は毎日アクセスしても2年経過で全削除

購入、解約、払い戻しのポリシー(support.google.com)

いつの間にか「削除」の憂き目に逢わない為にも、気が付いた時に対処しておく事をオススメします。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました