【3年保証でお手頃】ロジクール(Logicool)PCマウス「M185」を買ってみた!

テレワーク需要の高まりで、急遽PC周辺機器を買い足す方が増えているようです。

 

私も手頃なPCマウスを予備に買い足す事にしました。

 

今回は、「Logicool(ロジクール)M185」を買ってみた話です。

JAN:4943765035923

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

お馴染みのミントグリーン系の箱。

 

パッケージ上では、何故か猛烈にスイスアピール。

 

パッケージ下部には製品特長が記載。

「12ヶ月の電池寿命」は十分な省エネ仕様。「3年長期保証」に至っては驚異です。

 

パッケージ裏面

 

トラッキング精度・保証書

店頭購入時に便利そうなトラッキング精度表が掲載されています。

M185はガラスや凹凸以外の、ほとんどのデスクに対応との事。

下部には保証書。

 

開封

内包物は下記のとおり。

  • マウスM185本体
  • レシーバー
  • 乾電池
  • クイックスタートガイド
  • 重要なお知らせ安全性

 

マウスM185本体

オシャレさは皆無ですが、側面に少し窪みがありとても握りやすい形状です。

周囲の薄いグレー部分は光沢感があります。

M185にはカラーのバリエーションがあります。
今回は購入したM185SG(スイフトグレー)以外にも、M185BL(ブルー)、M185RD(レッド)が展開されています。

 

大きさは、気持ち小さめのマウスと言えそうです。

スタンダードなサイズのPCマウスと比べると分かりやすいかも知れません。とは言え、小さすぎる事も無い絶妙なサイズ感。

※G304(右)と比較

高さ(厚み)
M18599.5 mm59.8 mm38.6 mm
G304116.6 mm62.15 mm38.2 mm

 

真上から見たところ。

王道の左右対称、3ボタンマウス(左ボタン、マウスホイール、右ボタン)です。

 

本体裏面。

左上に「電源のスイッチ」、右中央に「光学センサー」。左中央付近に「電池ボックスの蓋」があります。

乾電池

電池ボックスの蓋は、下にスライドすると開ける事が出来ます。

乾電池(DURACELL)1本が既に内蔵されていました。

 

レシーバー

「レシーバー」も電池ボックス内に、内蔵されています。

マウスを持ち運ぶ時や、長期保管する時に収納は活用出来そうです。

 

電池ボックスから「レシーバー」を取り出し、デバイス取り付けて利用しましよう。

 

重量

マウスで実際に作業する際の重さは、マウス+乾電池となります。

「マウス本体」+「乾電池」の重要を量ってみました。※レシーバー除く

約73gくらい。十分軽いですね。

 

書類等

クイックスタートガイド

使い方は、マウス電源入れてレシーバーを差し込むだけですが、一応図解のクイックスタートガイドが付いています。

重要なお知らせ安全性

細かな仕様や安全面での断り書きなど。裏面に保証規定。

 

スポンサーリンク

まとめ

「お手頃」「長期保証(3年)」な標準的な性能のワイヤレスマウス

M185は、店舗やタイミングによっては1000円を割り込むようなエントリークラスに該当するマウスです。

 

しかし、マウスとしての使い勝手は勿論の事、価格帯では驚異的な「長期保証(3年)」が付き、安心して利用する事が出来ます。

 

事務作業用などに比較的安価なPCマウスをお探してあれば、最低でも3年は安心して利用できる本品は、前向きに検討しても良いのでばないでしょうか?

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました