ロジクール(Logicool)キーボード「K780」を買ってみた。K380とK480との実機比較も。

突然ですが、私はロジクール製のマルチデバイスキーボード(PCやスマホで使えるキーボード)を愛用しています。

先日、新たにマルチデバイスキーボード「Logicool K780」を購入してみました。

しかし今回の買い物では、キーボードのモデルを絞り込む事に多くの時間が掛かってしまいました。(※同社から数多くの「マルチデバイスキーボード」がリリースされている為)

そこで、これから購入を検討している方向けに、手持ちの同社人気モデルの「K380」「K480」比較も挙げてみる事にしました。

今回は、「Logicool K780」のレビュー。さらに「K380」「K480」との実機比較を行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

一目で中身が分かるパッケージです。

約16.3×38×3.5cmで、手で持って帰る方も現実的なサイズです。

パッケージの上側面を見ると「Bluetooth」と「unifying」に対応している事が分かります。

裏面。

特長などが記載されています。

開封

開封してみたところ、四隅に隙間は殆くロジクールらしい合理的な梱包だったようです。

さらに、本体一式を取り出してみると、底板が「クイックスタートガイド」になっている徹底ぶりです。

付属品

内包物のチェックを行います。

[付属品一覧(※本体、箱除く)]

  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • unifyingレシーバー
  • 乾電池

クイックスタートガイド

イラスト中心の簡易説明書です。

一度でも、Bluetooth機器のペアリングをした経験があれば十分な内容かと。

保証書

紙ベースで保証書等が付属しています。

保証期間は2年です。購入証明になる書類(納品書や領収書など)も合わせて保管ておきましょう。

裏面はサポートURLなど。

Unifyingレシーバー

忘れられそうですが、k780にはUnifyingレシーバー(USBレシーバー)が付属しています。

本体の裏蓋を開けて(軽く押しながらスライドする感じ?)みましょう。

脇のスペースに、Unifyingレシーバーが保管されています。

Unifyingで接続する方は、レシーバーを取り出して使って下さい。

乾電池

付属の乾電池は最初から取り付けてあります。

DURACELLの単4乾電池が2本。

K780外観

K780本体の外観に触れてみたいと思います。

本体サイズは約22×380×153mmの875g。

スタンド

まず最初にに目を引くのは、上部の白い部分「スタンド」です。

スマホややタブレットを立てかける事ができます。

スマホ等の作業を行わない時も、通知などが見やすくなるので利用価値はあるでしょう。

※なお、スタンドの取り外しは出来ません。

Easy-Switchボタン

左上には操作したいデバイスを切り替える、「Easy-Switchボタン」が3つ用意されています。

インカーブキー

ロジクールキーボードでは好評の僅かにクレーター状の「インカーブキー」が採用されています。

キー同士の間隔が空いているアイソレーションキーボード。

逆に「スタート」や「alt」などの機能キー等は、僅かに山型に盛り上がっており、誤打を減らしてくれそうです。

テンキー

k780には、マルチデバイスキーボードでは比較的省かれてしまう事も多い「テンキー」がついています。

フルサイズに慣れている方も、違和感は少なくて済みそうです。

矢印キー

多少慣れが必要と思われるのは「矢印キー」です。

見ての通り、縦幅がかなり短いキー(縦8×横10mm)が採用されています。

PCユーザーはソフトウェアを

k780は、クイックスタートガイドの手順でペアリングするだけで利用できます。

必須ではありませんが、PC(Window、MAC)で利用するの場合には、ソフトウェアの利用をおすすめします。

※ソフトウェア「Logicool Options」で、F1~F12を標準のファンクションキーとして設定する事ができます。

[Logicool ダウンロードページ]

logicool ダウンロード

実機比較的:K780、K380、K480

配列

K780、K480、K380の順に並べてみました。

基本的なキー配列に、大きな違いはありません。

k780にテンキーがある事以外で目立つ点と言えば・・・。

k480のデバイス切替が「Easy-Switchボタン」では無く、ダイヤル式である点であるくらいでしょうか。

[左から:k780、k380、k480]

モバイルに使うなら?

k380以外は、モバイルノート並みの重量があります。

サイズ的にも、k380以外は持ち運びに不向きと言えそうです。

厚み (mm) 幅(mm) 奥行き(mm) 重量(g)
K780 22 380 153 875
K480 20 299 195 822
K380 16 279 124 423

k380→k780の所感

一度「k380」を使ってから、改めて「k780」に触ってみた感想をまとめてみました。

既に、k380を持っている方向けの参考になるかも知れません。

打鍵感

同じ丸型キーのパンタグラフ式と言う事もあり、近い打鍵感を感じます。
私的にはキーストロークの差(k780は2mm、k380は1.5mm)もあまり感じませんでした。
ノートPCのような浅い打鍵感に慣れているなら、さほど違和感は無いでしょう。

キーピッチ

一般的なフルサイズキーボードと同じ「キーピッチ19mm」は非常に快適です。
※k380は18mm
僅か1mmですが思いのほかこの差は大きく、k380に比べ明らかにタイプミスが減りました。

unifying対応

k380はBluetoothのみですが、k780の場合は加えてunifyingにも対応しています。
Bluetooth非対応デバイスとの接続はもちろんですが、万一のBIOS操作が可能な点が精神衛生上良い感じです。

デメリット

重量が大幅UP(423g→875g)です。もはや緊急時でも持ち運ぶことは無いでしょう。
店舗にもよりますが、実売価格が2倍以上にとなります。

k480→k780の所感

今度は、「k480」を使ってから「k780」を試した感想です。

打鍵感

キーストロークは両者2mmですが、打鍵感は結構違います。
k480はパンタグラフとメンブレン中間っぽい感じです。
乗り換えるのなら多少は慣れが必要かもしれません。

キーピッチ

キーピッチは両者とも19mmで快適です。
キーの形状がk480は四角。k780は丸です。

unifying対応

k380同様、k480はBluetoothのみですが、k780の場合は加えてunifyingにも対応しています。
Bluetooth非対応デバイスやBIOS操作など、据え置き用としての安心度、汎用性の高さはk780が一歩上と言えます。

デメリット

実売価格は2倍以上。

まとめ

浅めキーストロークの据え置き用

k780は浅めストローク(2mm)の据え置き用マルチデバイスキーボードでした。

その他の特長としては、「アイソレーションキーボード」「Unifying対応」「テンキー搭載」「キーピッチ19mm」が挙げられます。

長時間利用を予定している、マルチデバイスキーボードユーザーにとって悪くない選択肢となりそうです。

それでは、楽しい「Logicool K780」ライフ!