【290円通話SIM】日本通信「合理的シンプル290プラン」のスターターパックを買ってみた。

【290円通話SIM】日本通信「合理的シンプル290プラン」のスターターパックを買ってみた。 格安SIM
本ページには広告の掲載をしております

前々から気になっていた日本通信の激安SIM「合理的シンプル290プラン」。

 

持て余し気味だったサブ回線のMNP転入を試みる事にしました。

 

今回は、日本通信の「合理的シンプル290プラン」にMNP転入用にスターターパックを購入した話です。

JAN:4580419601075

スポンサーリンク

合理的シンプル290プランとは

290円で「音声+1GB」

MVNO老舗、日本通信のSIMプラン(音声+1GB)です。

 

最大の特徴は音声SIM最安値クラスの価格(税込:月額290円)

データ使用量の上限値もWEB側で設定可能なので、思わぬ使いすぎの対策も可能です。

 

「合理的シンプル290プラン」は「音声SIM」なので、他社と同様に別途ユニバーサルサービス料等が掛かります。

参考:2022年実績

ユニバーサルサービス料:2円/ 月

リレーサービス料(2022/9月まで):1円 / 月

主要スペック

日本通信 合理的シンプル290プラン
シンプル290
初期手数料 3300円
月額基本料金 290円
データ量 1GB
無料通話 無し(30秒11円)
通話オプション
  • 70分無料通話オプション:700円
  • 通話かけ放題オプション:1600円
超過データ
  • 1GB:220円
eSIM 対応

※回線はドコモエリア(PREMIUM 4G、LTE 800MHz、FOMA 3G)

 

追加データや通話オプション等も充実。

SIMカードはもちろん、eSIMも発行可能です。

 

安価ながらeSIMにも対応しているので、ニッチな端末でも利用できる可能性があります。

「サブ回線」や「必要な分を必要な分だけ使うスタイル」には適している印象。

 

5G対応

月額料金無料「5G通信」オプションが用意されています!

「5G通信」オプションとは?
3G(FOMA)を無効化し、5Gを有効化する任意オプション。

 

 

アクセス制限が低速度制限に!

激安である「合理的シンプル290プラン」は、当初データ容量を使い切るとデータ通信が不可能となる「アクセス制限」が設定されていました。

 

しかし、上限に達した場合でも、低速度データ通信が可能な「低速度制限」が採用される事になりました。

これは嬉しい仕様変更と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

申込みはスターターパックがおすすめ

申込みには、日本通信の申込みパッケージ「スターターパック(※新規・MNP使用可)」の利用が断然オススメです。

公式サイトでの申込みに比べ、何が良いのか?解説したいと思います。

 

スターターパックのメリット

「合理的シンプル290プラン」を公式サイトで申し込むと、初期手数料3,300円が必要となります。

 

対して「スターターパック」を購入後、申し込んだ方は初期手数料の3,300円が免除されます。

 

両者は一見すると、先に初期手数料を払うか、後で初期手数料を払うかの違いにしか見えないかも知れません。

 

留意すべきポイントは、多くのショッピングサイトでスターターパックが、3,300円未満で販売されている点です。

 

とにかく早く申込みたい方を除き、初期手数料を抑えられる安価な「スターターパック」を探してみる事をオススメします。

 

スターターパックを買ってみた

実際に日本通信の申し込みパッケージ「スターターパック」を調達してみました。

 

合理的シンプル290プランに使えるのは「スターターパック」です。

 

SIMカードは後日配送

スターターパックにはSIMカードは含まれていません。

SIMカード(マルチカットSIM)が、申込み後に配送されるスタイル。

ちなみに、eSIMを選択した場合も後日配送の配送物(住所コード)が必要となります。

 

有効期限に注意

スターターパックには申し込みの「有効期限」が存在します。

有効期限が切れてしまったら、ただの紙切れです。

購入後は出来るだけ速やかに申し込みましょう。

 

スターターパックの中身

内包物は下記2点。

  • 申込み案内
  • 申込みコード

準備不足はトラブルの元です。

「申込み案内」に従い、必要な物を抜かり無く用意してから、回線を申し込みましょう。

 

※スターターパックの「申込み案内(2022/08/09時点)」確認しておきたい方は、下記から確認できます。

 

※スターターパックの対応プランに「合理的シンプル290」の記載が無い場合がありますが、これは印刷時期によるものです。
有効期限内のスターターパックなら問題なく申し込めるので心配ありません。(2022/8/15時点)

※参考:スターターパックで申し込めるプラン

 

申込み後にユーザーがやる事

申込み後、本人確認書類等に問題無ければ数日でSIMカードとスタートガイドが宅配便で届きます。

※MNP転入かつSIMカードを希望した例

到着後ユーザー自身がやることは下記3点です。

  1. 開通手続き
  2. SIMを装着
  3. APN(Android)・プロファイル(ios)設定
※送付される「スタートガイド」に、開通方法からAPN等まで詳しく記載されています。

 

マルチカットSIM

なお既に述べた通り、SIMカードはマルチカット(標準SIM、microSIM、nanoSIM)タイプです。

通信の上限設定

290円で済ませたい方は「使いすぎ」に注意が必要です。

マイページで「基準データ通信量」(※通信の上限設定)を忘れずに行いましょう。

基準データ通信量を1GBに設定する事で、290円通話SIMが実現します。

 

 

まとめ

サブ回線・ライトユーザーにオススメ!

サブ回線、通話中心、ライトユーザーであれば、その名の通り「合理的」に利用出来るプランのように感じました。

 

激安な通話SIMをお探しなら、検討する価値がありそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました