【隙間落下防止】100均セリア「自動車シートのスキマ埋めクッション」

車内(助手席・後部座席)でスマホを使用する際、注意すべき事は「車内落下」です。

 

取り出しにくく、ゴミまみれ。

車内でのスマホ落下に嬉しい事なんて何もありません。

 

車内落下予防グッズを物色してみました。

 

今回は、「車内落下しやすい車種の考察」と、100円ショップセリア(Seria)で「自動車シートのスキマ埋めクッション」を買ってみた話です。

JAN:4968988932033

スポンサーリンク

スマホを車内で落としやすい車種

自動車には大きく分けて2種類のシート(セパレートシート・ベンチシート)が存在します。

 

両シートは一長一短ですが、スマホユーザーに優しいのは「ベンチシート」です。

 

隙間の無いので一時置きに気を配る必要がありません。

※ベンチシート

 

注意すべきは、中途半端な隙間が空いている「セパレートシート」の車種です。

※セパレートシート

 

特に備え付けホルダーも無い場合は落下の可能性は高まります。

 

対策

「セパレートシート」でスマホ落下させてしまう方はどうすれば良いのか?

 

力技ですが、中途半端な隙間は埋めてしまえば落下が減る可能性があります。

※今回調達したのは上記「赤」に該当するアイテム

 

スポンサーリンク

100均 自動車シートのスキマ埋めクッション

110円

購入価格は100円(税込110円)でした。

 

説明書

クッションには説明書が巻かれています。

 

用途

商品名は自動車シートのスキマ埋めクッション。

シートの隙間を塞いで、スマホや小物が落下するのを防ぎます。

 

サイズが記載されています。

  • 本体サイズ:約410mm × 約φ65mm
  • 取り付け可能サイズ(コンソールとシートの隙間):約30~55mm

 

本体

クッション性のある棒。

 

生地

材質ポリエステル。

表面はさらっとしたメッシュニット風。

 

ベルトに固定出来る

貫通した穴は「シートベルトバックル差込口」です。

バックルに差込で固定します。

 

本品を利用したまま、シートベルトが使えます。

※説明書

 

取り出しひも

狭いスペースに押し込むので、多少取り出しにくい事もあるかもしれません。

先端に引っ張り出す為のひも(ゴム)が付いているので安心感があります。

 

まとめ

中途半端な隙間があるシートに

イマドキのスマホは薄いので、1cmの隙間でも簡単に落下してしまいます。

 

「スマホの車内落下でゴミだらけ・・・。」の経験のある方は、導入を検討してみてはいかがでしょう?

 

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました