【USBで飲み物保温】100均ダイソー「カップウォーマー」550円

寒い季節は、温かい飲み物も直ぐに冷たくなってしまいます。

 

デスク上で便利な、USB保温器を物色してみました。

 

今回は、100円ショップダイソー(DAISO)で「USBカップウォーマー」を買ってみた話です。

JAN:4550480211879

スポンサーリンク

ダイソーのUSBカップウォーマー

550円

100円ショップとしては高額な500円(税込550円)で販売されていました。

 

自動でON・OFF

飲み物を置くと、重さで電源が自動ONとなる加圧スイッチ仕様

消し忘れ防止に一役買ってくれそうです。

なお用途は「冷めにくくする」です。加熱用ではありませんので誤解なきよう。

 

手動タイプも存在する

ちなみに、店頭では「手動スイッチ搭載モデル(左)」も販売されていました。お好みで選んで良いのではないでしょうか。

 

説明書

パッケージ裏面は説明書。

 

電源は2A以上

接続する電源性能には、ちょっと注意が必要です。

2A以上のACアダプターへ接続との事。

PCに接続してしまうのはトラブルの元です。

 

更に詳しく

パッケージ裏を詳しく確認したい方は下記をどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

内包物

内包物は下記の通り。

  • カップウォーマー本体
  • 注意事項

 

注意事項はこちら。

 

カップウォーマー本体

カップウォーマー(保温器)はシンプルなデザイン。

表記サイズは157×125×35mmです。

 

底が平らなカップを使おう

トップはフラットなガラス製。

 

スイッチONの時は、青く光るので判別は容易です。

 

トップは触れない程熱くなるので、紙など熱に弱いカップは使えません

最大限の効果を得るには「接地面積の多い、底が平面なカップ」を使うことが重要です。

 

USB電源

電源はUSB(A)。

ケーブル取り外しは不可です。

 

スイッチがONになる重量

裏面は樹脂製。

 

既に述べた通り、スイッチのON・OFFは自動です。

仕組みとしては、カップ等飲み物をのせると重量で底面の「加圧ボタン」が押されるアナログな自動機構です。

 

なお、スイッチON・OFFの分岐点(反応する重さ)は約240g前後に感じました。

※カップの置く位置、置く強さにより前後します。

 

一般的なマグカップ・金属タンブラーは、約200g程度の商品が多いように見受けられます。
上記カップでは、空の状態や飲み物が少なくなった時に、自動OFFとなりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いつの間にか冷える飲み物がストレスな方へ

卓上ウォーマーとしては格安です。

冬場、いつの間にかキンキンに冷えてしまう飲み物がストレスな方は、試しても良いのではないでしょうか。

 

それでは、楽しいスマホライフを!

 

タイトルとURLをコピーしました