ダイソーで500円の「VRゴーグル」を買ってみた!

前々から100円ショップで気になっていた商品があります。

それは店内の最下段などで、たま~に見かける500円のVRゴーグル。

先日、好奇心に勝てず購入してしまいました。

今回は、100円ショップダイソー(daiso)で「500円 VRゴーグル」を購入してみた話です。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

100円ショップらしからぬ、大きなパッケージ(20×14×11.5cm)です。
価格は¥500(税抜)!

パッケージ側面(右)

「使用前の注意事項」等の記載があります。

パッケージ側面(左)

主な基本機能が紹介されています。

パッケージ裏面(説明書)

裏面はサイズと説明書。

使用方法

パッケージ裏面の左側には「サイズ」と「使用方法」の記載。

使用上の注意

右側は「使用上の注意」。対象年齢15歳以上との事。

更に詳しく

パッケージ裏面の大きな画像は下記で確認できます。必要な方はどうぞ。

パッケージ裏画像大(左)※使用方法 など

パッケージ裏画像大(右)※使用上の注意 など

内包物

開封してみました。内包物は下記の通り。

  • VRゴーグル本体
  • アルコールパット一式
  • クッション材

本体外観

本体外観には「VR MEGA」の文字。

横にスライドする事が出来ます。

閉じればVR、開ければAR。

本体側面(左)

※VRゴーグルを装着した状態での「左側面」

側面の穴は、スマホに「イヤフォン」や「充電ケーブル」を接続する場合に利用します。※イメージはパッケージ側面(右)参照

本体側面(右)

穴の隣にある、取手を引くと「スマホ装着トレイ」を取り出せます。

本体内側

顔に触れる内側部分です。

縁はクッションで覆われています。レンズのフィルムを剥がしてから使いましょう。

重量

本体の重量は約357gでした。※個体差はありそうです。

組み立て、調整

組み立てや調整に関しての説明書は無かったので、初めてVRゴーグルを購入した方は戸惑うかも知れません。

念の為、軽く補足をしておきたいと思います。

ヘッドバンドの準備

ゴム状のヘッドバンドが本体に付いています。

ヘッドバンドの先端を、VRゴーグル頂点にあるフックに取り付けましょう。

「探検隊のヘッドライト」のようになったら、ヘッドバンドの取り付けは完了です。

後は実際にに被って、ご自身の頭のサイズに合わせて調整してください。

レンズ位置の調整方法

VRゴーグル頂点のレバーでレンズの位置調整が出来ます。

手前に引くと・・・。

レンズが立ち上がります。

左右の調整も可能

また、レバー上の小さな突起をスライドすると・・・。

レンズの左右位置の調整も可能です。

レンズの位置が合っていないと、あっという間に疲れてしまいます。

VRアプリやコンテンツを起動しながら、早めにご自身に合った位置に調整する事をおすすめします。

お好みでクッション材を

スマホを取り付けるには、本体右側からトレイを引き出します。

取り出したトレイ。

トレイの中心では、挟むようにスマホを取り付ける事になります。

問題無いと思いますが、念の為キズ防止用に付属クッションを取りけても良いかも知れません。

とりあえず2個付けてみました。場所や数量はお好みで。

後は、VR対応アプリをDLして試し下さい。

※初VRで、何をDLしたら良いのか検討がつかない方は、下記記事で紹介したアプリなどもよろしければ参考にしてみてください。

まとめ

エントリーVRゴーグル。お値段以上かも

100円ショップでの、500円商品は結構高額です。

しかし、「ヘッドバンド」や「レンズ調整機能」など、VRゴーグルとしての基本機能は搭載されており、巷で販売されている1000円程度のエントリー商品と遜色ない印象を持ちました。

コントローラ付き等をお探しの方にはもっとお金を掛けて頂くとして、ダンボール製100円VRからのステップアップや、エントリーなヘッドバンド付きVRゴーグルを探している方には、お値段以上の商品に感じました。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました