【実機レビュー】Google Pixel 3a SIMフリー レビュー!Snapdragon 670搭載。AnTuTuベンチマーク。

先日、Googleストアで注文していたGoogle製スマホ「Pixel 3a」が届きました!

気になるGoogleスマホ「Pixel 3a」が国内発表されたので調べてみた。
昨年末に、Google から発売されたハイエンドスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」。 先日、Pixel 3シリーズの低価格帯モデル「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の国内発売の発表がありました。 ハイ...

今回は、「Google Pixel 3a」(SIMフリー)の実機レビューとベンチマーク測定を行ってみた話です。

スポンサーリンク

Google Pixel 3aとは

主要スペック

まずは「Pixel 3a」の主要スペックをおさらいです。G020H、GA00658-JP

OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 670
ストレージ(ROM)64GB
RAM4GB
サイズ幅:約70.1× 縦:約151.3 × 厚さ:約8.2 mm
重量約147 g
ディスプレイ約5.6インチ、FHD+(2220 x 1080)OLED
アウトカメラ12.2メガピクセル(デュアルピクセル)
インカメラ8メガピクセル
バッテリ3000 mAh
LTE1、2、3、4、5、8、12、13、17、18、19、21、26、28、38、41
UMTS、HSPA+、HSDPA1、2、4、5、6、8、9
GSM、EDGE850、900、1,800、1,900
WiFiWi-Fi 2.4 GHz + 5 GHz 802.11 a/b/g/n/ac 2×2 MIMO
Bluetooth5.0 + LE
色展開Clearly White、Just Black、Purple-ish

※最新、詳細スペックはメーカーサイトでご確認下さい。

売っている場所

2019/05/22現在、Pixel 3aシリーズ(SIMフリー)はGoogleストアで正規購入可能です。

Pixel 3a
The phone that gets it done

 

ちなみに、Pixel 3aシリーズのキャリア版は下記参照。

Google Pixel 3a | 製品 | NTTドコモ

Google Pixel 3a 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

開封の儀

到着

国内のGoogleストアで注文。

数日後、国際宅急便で届きました。※注文金額以外に費用は掛かりませんのでご心配無く。

ダンボールの内側に「らしさ」を感じます。

パッケージ

ダンボールの中身は、パッケージと納品書。

いよいよ「Pixel3a」のパッケージとご対面。

手前には簡単にスペック等が記載されています。

なお、パッケージ裏面はこんな感じ。

開封

早速、パッケージを開けてみます。本体が姿を表しました。

付属品

内包物を確認してみます。

[付属品一覧]

  • 電源アダプター
  • ケーブル
  • クイック スイッチアダプター
  • SIMツール
  • ユーザーガイド等

※本体と箱は除く

個々の付属品について、さらに詳しく触れてみます。

電源アダプター

白いシンプルなデザイン。

充電ポートは、Type-cの一個口です。

なお出力は、「5V 3.0A / 9V 2.0A」です。

ケーブル

充電や通信に用いる白いケーブルは、両側共にType-c形状です。長さ約1m。

クイックスイッチアダプター

通常サイズのUSB(Type-A)をType-cに変換するアダプターです。

初期設定時、旧端末からのデータ移行する場合などに利用します。ユーザーガイド参照。


SIMツール

いわゆるSIMイジェクトピンです。

リング直径は約1.5cm。大型で掴みやすい印象を持ちました。

ユーザーガイド等

日本語とEnglishのユーザーガイド。

安全に関する基本情報、保証規定など。

ロゴとタグのステッカー。

本体外観

本体の外観をチェックします。

今回の本体カラーは黒(Just Black)です。

表面

約5.6インチ、FHD+(2220 x 1080)、OLEDディスプレイを採用する表面はとてもシンプルです。

電源ON。

下部にロゴ等はありません。

上部にはインカメラなど。

キワまで表示領域の、いわゆる「ノッチタイプ」ではありません。

背面

Pixel 3aのボディは樹脂系素材となりした。

背面はマットなデザイン、残りの上部に光沢感あるデザインが採用されています。

下部。

控えめに「G」ロゴ。

中上部に指紋センサー。

そして上部にはメインカメラ。

本体上

上に「イヤホンジャック」があります。

右側面

上から「電源ボタン」「ボリューム」の順に配置されています。

左側面

こちらには「SIMスロット」があります。

本体下

充電はこちら。

SIMカードトレイ

左側面からSIMスロットを取り出してみました。

トレイはnanoSIM×1です。トレイにIMEIが記載されていました。

ベンチマーク

ベンチマークの測定を行いました。

AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v.7.2.0、Phone v.190115.029

総合値

今回の結果は、159,215でした!

詳細値

各値の詳細値です。

 

続けて基本情報やセンサー類確認も行いました。

基本情報

ストレージ・CPU

ディスプレイ・カメラ

バッテリー・OS・接続状態(NFC)・ネットワーク

センサー

まとめ

OLEDが嬉しいセキュアなミドルハイ

基本性能だけでみれば「価格通りのミドルハイクラスのスマホ」ですが、OLEDなど所々にハイエンドモデルに搭載されるような部分も持ち合わせています。

また「3年間のアップデート保証」の対象商品です。

Pixel スマートフォンと Nexus 端末で Android アップデートが提供されるタイミング

現実的な価格で、長期の最新セキュリティ及びOSの恩恵を受けつつ、OLEDやNFC関連を利用できるPixel 3aは良いミドルハイクラス選択になりそうです。

それでは、楽しいGoogle Pixel 3aライフを!

タイトルとURLをコピーしました