Google製「Datally」(データ使用量管理アプリ)の使い方。設定や機能ざっくり解説など。

先日、Google製のデータ使用量管理アプリ「Datally」が、アップデートされた事で、多方面で取り上げられていました。

これまで利用した事が無かったのですが、気になってきたのでインストールしてみる事に。

アプリのインストール前に「どんな設定が出来るのか?どんな機能があるのか?」知っておきたい方はチェックしてみてください。

今回は、Google製のデータ使用量管理アプリ「Datally」をインストールしてみた話です。

※検証:Datally v1.5

スポンサーリンク

導入・設定使ってみた

1.DLとインストール

「Datally」は、google playからダウンロード出来ます。

DLとインストールを行いましょう。

2.初回起動

初回起動時には、ガイドが表示されます。

「使ってみる」をタップ。

読み取り権限(必須)を求められます。

※許可しなかった場合は、右のように再試行を求められます。

続けて、説明に従い使用状況へのアクセスをONにします。

なお、アプリの改善協力は任意です。お好みでどうぞ。

※設定で後から変更出来ます。

3.設定

アプリホームが表示されたら、早々に設定を行っておきましょう。

[設定の表示手順]

  1. ハンバーガーアイコン
  2. 設定

各設定項目は、こんな感じ。

デフォルトでwifは全てONになっていましたが、出先でwifiを使う予定が無い場合はOFFにした方が、余計な通知が無く良さそうです。

各機能

「Datally」で何が出来るのか?触れてみたいと思います。

1.今日使用したモバイルデータ

アプリを起動すると、一番目立つところにデカデカと表示されます。

2.データセーバを設定

メインとなる機能です。消費モバイルデータ量のすぐ下。

一度使えば、スイッチひとつで簡単に節約に貢献します。

3.データを管理

最近のデータ使用量をグラフ表示で確認する事ができます。

当日以外も表示可能です。

自分でも気が付かなかった消費傾向が分かるかも知れません。

4.1日の上限

1ヶ月の利用上限を設定出来る機能やアプリはよくありますが、「Datally」では1日の利用上限を設定する事が出来ます。

5.ふきだしトラッカー

データセーバをONにすると、使用量を確認できる吹き出しが現れます。

[例:ブラウザを立ち上げた場合]

節約したい人にとって、リアルタイムに確認できる事自体は便利ですが、邪魔に感じるケースも多々あります。実際、上記画像でも検索ボタン押しにくいですし。。

不要な場合には「ふきだしを非表示」ボタンで、非表示にすることが出来ます。

6.使用していないアプリ

使っていないのに、モバイルデータを使っているアプリをチェックできます。

7.ゲストモード

人にスマホを貸す際に使うモードです。

データを使われすぎないよう、データ上限を設定します。

※最低5MB。パスワードをつける事が可能です。

設定の流れはこんな感じです。

[例:パスワード付き ゲストモード手順]

  1. 「パスワードの入力を求める」にチェック
  2. データ量上限を入力
  3. ゲストモードをONにする
  4. パスワードを入力(自由作成、4桁)→ 設定
  5. パスワードの確認 → 確認

無事にゲストモードに切り替わりました。

解除する際にはパスワードの入力を求められます。

8.Wi-Fiを検索

安全と考えられるWIFIスポットを探します。

現在位置を使った近隣のwifiスポットだけでは無く、地図上から任意の場所のwifiスポットを探す事も出来ます。出先でのwifiアクセスポイントの事前下調べとしても使えそうです。

まとめ

こまめに節約したい人向けのアプリ

「データ量の確認」はAndroid自体に標準機能として搭載されています。

一見、機能がかぶってしまうようにみえますが、「Datally」には「データ量の一日の上限設定」や「安全なwifi検索機能」が搭載されています。

出先でのwifi利用や毎日の利用制限で、モバイルデータ量をこまめに節約したいには、利用価値がありそうと感じました。

毎日節約したい方はお試しあれ。

それでは、楽しいスマホライフを!