日本語入力をGoogle製アプリ「Gboard」に乗り換えたら予想外に快適だった話。

スマホの日本語入力アプリ(無料)の有名どころと言えば「google日本語入力」スマホ版アプリを挙げる方も多いかも知れません。

さて、話は変わりますが先日、実質的な後継アプリ「Gboard」の完成度が上がっていてる事を小耳に挟みました。

いつの間にやら日本語対応も完了しDL人気も急上昇の模様。遅ればせながら試してみる事にしました。
今回は、Androidユーザなら乗換無い理由が無くなった?「Gboard」アプリを使ってみた話です。

スポンサーリンク

「Google日本語入力」「Gboard」何が違う?

どちらも日本語入力が可能なGoogle製アプリです。実質的な後継である「Gboard」の特長をざっくり挙げて置きたいと思います。

多言語キーボード

「Gboard」は複数の言語に対応する入力アプリです。

例えばこれまで「日本語」と「英語」など、2種類のキーボードを使っている方であれば、それぞれの言語用のキーボードアプリを別途インストールするのが一般的でした。

その点「Gboard」であればインストール後に希望の言語を追加するだけで、入力アプリを1個に纏める事が出来ます。多言語間の学習機能も一緒に管理出来る点も大きなメリットです。従来なら諦めていた「同じアルファベットなのに利用頻度の低いキーボードを使ったら急に候補が役立たず」な事態はある程度避けられる可能性があります。

また、フィードバックと利用者の多いグローバル版がベースになることで、今後のアプリアップデートの精度向上も期待出来かも知れません。

Android、iOSどちらでも使える

GboardアプリはAndroid版は勿論ですが、iOS版用意されています。流石に精度に違いがある気もしましたが、試してみる事は十分出来ます。

[ios版]

[Android版]

多機能

新たな機能も追加されています。主だったところを上げると。。

検索と共有機能

キーボードに表示される「G」アイコンから、直接WEB検索することが可能です。
検索結果は簡単に共有することができます。

ステッカー

従来からの「絵文字」「顔文字」の他に、「ステッカー」を貼り付ける為の機能がデフォルトで搭載されています。

※ちなみに、ステッカーって何?の方にざっくり説明するとLINE外で利用できるスタンプ(実際にはただのGIF)のような物ものだと思ってください。

初回設定

※今回の検証では「Android版.v6.8.8.178714143-release-arm64-v8a」(2017/12/12更新)を利用しています。

※設定は端末、バージョンによって異なる場合があります。

手順1

インストールした「Gboard」アプリを起動すると、設定チュートリアルが表示されます。

  1. 「設定で有効にする」ボタン
  2. 「Gboard」をON
  3. 注意事項の同意、OK

手順2

デフォルトのキーボードに「Gboard」を指定します。

  1. 「入力方法を選択する」ボタン
  2. 「Gboard」をON

手順3

お好みで、連絡先権限の付与すると、入力候補に連絡先を表示させる事が出来ます。

※必須ではありません。不要ならスワイプし先に進んでしまって問題ありません。

言語の追加

「設定が完了しました」と表示されますが、まだ終わっていません。

肝心の「日本語」が入っていない状態です。この場で日本語を追加します。

  1. 「他の言語」リンク
  2. キーボードを追加
  3. 「日本語」
  4. 好みの設定を選んだら、「追加」ボタン

日本語が追加されていれば完了です。

設定を終了させて、入力を試してみましょう。

使ってみた所感など

候補の表示が速い

「Google 日本語入力」に比べると、「Gboard」は候補表示が速く感じました。

僅か1秒にすら満たない差ですが、次々と候補が表示される文章作成では、大きな快適ポイントです。

検索と共有機能が便利

LINEやメールで、相手にwebサイトを伝える機会は結構多いと思いますが、前々から手間がかかると感じていました。

例えば、既にLINEやメールアプリを起動している状態でURLを送る場合、一般的にこんな感じでしょうか?

  1. 一度ブラウザ等を開き
  2. サイトを検索
  3. 共有機能かURLのコピペして送る

しかし、Gboardを使う場合は、ちょっと楽が出来ます。

  1. 「G」ボタン
  2. サイトを検索
  3. 教えたいサイトをタップ → 自動的にコピペ

つまり、別途ブラウザを起動する必要がありません。

更に、検索後はタップするだけで地味に面倒な「URLとサイト名のコピペ」も行ってくれます。

また、WEBサイトをコピペする前に、一度確認したい場合は検索結果の「外部アイコン」からブラウザで表示する事も出来ます。

まとめ

Googleからは、日本語入力の他にも手書き入力や音声入力などが様々なアプリがリリースされていますが、「Gboard」は殆ど一つで事足りる全部入りアプリでした。

今回検証に使ったAndroidバーションに関しては、多機能化されたアプリにありがちな「もっさり感」は感じず、個人的に久々となるツール系アプリのヒットでした。

後は、使いながら設定を調整しつつ、学習機能でより賢くなってくれるのを待つばかりです。

慣れ親しんだIMEからの乗り換えは、勇気が必要な事かもしれませんが、無料の為しばらく試してみる価値はありそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!