配慮するストレスから開放!エレコムの5ボタン消音マウスM-BL21DBSKRD

静かなところで、PCマウスを使う機会が増えたので「消音マウス」物色してみました。

 

今回は、エレコム(ELECOM)の消音マウス「M-BL21DBSKRD」を買ってみた話です。

JAN:4549550203821

スポンサーリンク

ELECOM M-BL21DBSK レビュー

ブリスターパッケージ

商品カラーは「黒」「レッド」「ホワイト」の3色展開。

いつもなら黒を選ぶところですが、気分を変えて「赤」を選択。

M-BL21DBSKシリーズ ラインナップ
本体カラー型番JAN
M-BL21DBSKBK4549550203814
レッドM-BL21DBSKRD4549550203821
ホワイトM-BL21DBSKWH4549550203838

 

消音マウス

もちろん最大の特長は、カチカチ音のしない「消音マウス」である点です。

 

5ボタン

個人的な購入の決め手は「消音マウス」かつ「5ボタン」。

 

抗菌仕様

マウス本体とホイールは抗菌仕様。

必須の仕様ではありませんが、地味に嬉しいポイント。

 

パッケージ裏面

パッケージ裏には、国内メーカーらしく特長などがびっしり。

 

製品仕様

製品仕様(スペック)や保証書も、このパッケージ裏に記載されています。

 

製品仕様
インターフェイスUSB
電波周波数2.4GHz
カウント数1000/1500/2000 カウント 切り替え可能
外形寸法マウス/ W56.0×D98.0×H34.3mm
レシーバー/ W18.0×D13.1×H5.7mm
連続動作時間約235時
連続待機時間約416日
想定電池使用期間約406日
(1日8時間のパソコン操作中5%をマウス操作に割り当てた場合)
電波到達距離非磁性体(木の机など)約10m
磁性体(鉄の机など)約3m
使用可能な
乾電池の種類
単3形アルカリ乾電池
単3形マンガン乾電池
単3形ニッケル水素電池のいずれか1本

 

内包物

開封しました。

  • マウス
  • レシーバー
  • 単3乾電池
  • 説明書

 

レシーバー

約2gの2.4GHz帯「レシーバー」。

※なお、本マウスはBluetoothには対応していません。

 

単3乾電池

動作確認用のアルカリ単3乾電池が1本付属しています。

 

説明書

日本語のユーザーズマニュアルが付属。

 

マウス本体

Mサイズマウスですが意外と小ぶりな印象を受けます。

なお、くすんだ赤の色味は少し前のSurfaceっぽくて個人的に嫌いではありません。

勿論、ボタン音もカチカチでは無くカコカコ。

 

カウント変更機能

「SPEED」ボタンで、マウスのカーソル速度(カウント)を変更する事が出来ます。

※3段階

  • 1000
  • 1500
  • 2000

なお、「SPEED」ボタン下にはインジケータランプ。

 

インジケータランプ

「電池残量」や「設定カウント」を、インジケータランプの点滅回数確認出来ます。

※ユーザーズマニュアル

ランプの内容を覚えれば、出先での電池切れを避ける事が出来そうです。

とりあえず覚えておくのは、電源ONの時に1回点滅なら電池交換すべき時期である事です。

 

進む・戻るボタン

左側面には「進むボタン」「戻るボタン」。

右側面はスッキリ

右側にボタン類は無くスッキリ。

BlueLED

本体裏面には「電源スイッチ」(ちょっと硬め)が用意されています。

なお、読み取り光源はBlueLEDが採用。

 

カバー取り外し

電池取付には、本体カバーを外す必要があります。

本体手前のボタンを押します。

 

外したところ。電源は「単3乾電池×1」です。

 

レシーバー収納

本体内部には「レシーバー」を収納する事も出来ます。

持ち運びや保管時の紛失を防いでくれそうです。

 

重量

持ち運ぶ予定の方は重量が気になるかも知れません。

最終的な重量を計ってみました。

「マウス本体」+「レシーバー」+「単3乾電池」

約78gくらいでした。

※測定ミスや個体差がある可能性があります。

 

軽量化

十分軽いのですが、毎日のように持ち運ぶ人は1gでも軽量化を図りたいものです。

試しに単4充電池に、単3アダプターをつけてみました。

※稼働時間は犠牲になります。自己責任です。

 

「マウス本体」+「レシーバー」+「単4充電池」+「単3変換アダプター」

約69gくらい。

僅かに軽量化。試される方は自己責任でどうぞ。

 

スポンサーリンク

まとめ

無難な5ボタン消音マウス

正直なところ、消音マウスは微妙な商品が数多く存在するカテゴリーです。

 

代表的な例は「右左ボタン以外は消音では無い、なんちゃって消音マウス」です。

サイドボタンは普通にカチカチ、スクロールもゴロゴロ、ガッチンガッチン。これでは購入する意味が無くなってしまいます。

 

無音並とは行きませんが、当マウスでは全てのボタンが「コクコク」「カコカコ」と周りの人に配慮した音量となっています。

5ボタン消音マウスとしては、価格も手頃で、無難な選択と言えそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました