単4を単3乾電池に変換!100均セリア「ピッタリ 電池パック」軽量化にも。

現在、持ち運びを必要としないガジェットで使われる乾電池は「単3乾電池」が主流です。

 

しかし、一昔前に理由は定かではありませんが、あらゆる物に「単4乾電池」が採用されてしまう時期がありました。

 

eneloop等の充電池を愛用してきた方は同じ悩みを抱えているかと思いますが、出番の減ってしまった「単4乾電池」が余りがちなのです。

 

資源(単4乾電池)を有効活用するために、電池用の変換アダプターを100均で物色してみました。

 

今回は、100円ショップセリア(Seria)で「ピッタリ 電池パック(単4→単3)」を買ってみた話です。

JAN:4905687232408

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

購入価格は100円(税抜)

 

パッケージ上部には、「単3電池の買い置きがない!…そんな時も安心。」の記載。

本品の用途は、単4電池を単3サイズに変換する事です。

 

パッケージ裏面(説明書)

裏面は説明書。

 

サイズ 等

パッケージ裏、上部には本体サイズや材質の記載があります。

※本体サイズ:直径 約1.5cm × 高さ 約4.5cm

 

使用方法

使い方の説明。

基本的にはしっかりと単4電池を本体に差し込んで終わりです。

※+ーの向きはお間違い無きよう。

 

使用上の注意

 

更に詳しく

パッケージ裏を詳しく確認したい方は下記をどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

本体

オレンジ色の本体が2本入っていました。

+と-の向きも記載されています。

 

本体裏面。

穴と切り込みがあり、乾電池を取り付け易く・外し易くなっています。

 

プラスの電極。

 

底面には、差し込み穴が空いています。

 

実際に単4電池を差し込むとこんな感じ。

※単3と比較

 

はみ出ている分を含めて、単3と同じサイズになります。

特殊な形状の電池BOXを持つデバイスで無い限り、問題なくつかえると思われます。

 

軽量化対策できる?

持ち運びしたいガジェットの場合、少しでも軽量だと持ち運びがラクです。

 

対象のガジェットが「単3電池仕様」だった場合、軽量化目的で本品の利用を試みる方もおられるかと思います。

 

実際に軽量化できるのか?重量を量ってみる事にしました。

本体の重量

まずは、本体1個(※電池未装着)あたりの重量を量ってみました。

約3gくらい。

 

参考:単3電池の重量

参考までに、単3電池(※eneloop BK-3MCC)の重量を量ります。

約26gくらいでした。

単4電池装着後の重量

続いて電池パックに単4電池(※eneloop BK-4MCC)を装着し、重量を量ります。

約15gくらいでした。

 

結果、今回の環境では1本あたり約11g程度の軽量化に成功しました。

 

まとめ

単4有効活用と軽量化効果

単4電池が余っている方はもちろんですが、「単3乾電池デバイス」の軽量化に興味のある方にも、面白い商品に映るかもしれません。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました