【NVMe・SATA両対応】玄人志向M.2 SSD外付けケース(GWM.2NVST-U3G2CCA)

PC好き方であれば、そろそろ使用済み「M.2 SSD」が余ってきたのではないでしょうか?

 

余ったストレージは「外付けケース」で再利用するのが定番ですが、M.2は「NVMe」「SATA」が混在するので、両規格に対応している外付けケースを選ばないと後悔する可能性大です。

 

自作ユーザー向けブランド「玄人志向」の両対応ケースが、たまたま安くなっていたので購入してみました。

 

今回は、玄人志向の外付けM.2 SSDケース(GWM.2NVST-U3G2CCA)を買ってみた話です。

JAN:4988755059367

スポンサーリンク

玄人志向GWM.2NVST-U3G2CCA

M.2 SSD用の外付けケース

特徴の記載されたパッケージ。M.2 SSD用の外付けケースです。

 

USB3.2 Gen2対応

「USB3.2Gen2」に対応する外付けケースです。

 

NVMe・SATA両対応

「M.2 NVMe」と「M.2 SATA」の両方に対応しています。

 

製品仕様

パッケージ裏面に、重量やサイズを含め製品仕様(スペック)の記載。

対応USBポートType-C/Type-Aポート
USB3.2 Gen2(10Gbps)/Gen1(5Gbps)/USB3.1/USB3.0/USB2.0
対応SSDM.2 NVMe (PCIe Gen3x4/Gen3x2) 接続SSD (M-Key/B&M-Key) ※内部接続PCIe Gen3x2
M.2 SATA接続SSD (B&M-Key) 両対応
対応SSDサイズType2280/2260/2242/2230
対応OSWindows 10、8.1
寸法L107×H12×W29mm(突起部除く)
質量約 50 g (SSD除くケース本体のみ)

※保証期間は1年。要パッケージ&購入証明。

 

付属品

内包物は下記の通り。

  • ケース本体
  • USBケーブル2本(Type-A、 Type-C)
  • 固定金具、ネジ
  • 熱伝導シート
  • ドライバー
  • ユーザーマニュアル

 

ケース本体

無骨なデザインが「らしさ」を感じます。

アルミ素材のケースは、触るとひんやり。

 

側面にロゴと型番。

 

ケーブルの接続ポート(TypeC)。

 

裏面はスッキリです。

 

なお、分解するためには一箇所トルクスネジを外す必要があります。

※工具は付属しています。

 

外した状態。

M.2 SSDは黒い基盤に取り付けます。

 

USBケーブル2本(Type-A、 Type-C)

デバイスとの接続用USBケーブルが2種類付属します。

 

※USB Type-A(A to C)

 

※USB Type-C(C to C)

 

接続するデバイスにあったケーブルを利用しましょう。

 

固定金具、ネジ

ケース内部の黒基盤にSSDを固定する為の金具類。

本ケースは、一般的なM.2サイズ「Type2280」だけでは無く、Type2260・2242・2230にも対応しています。

 

熱伝導シート

放熱を高めるシートも付属しています。

 

ドライバー

ケースを分解する為の工具。

ちょっと特殊なドライバー(T5)です。

本ケースにM.2 SSDを装着する為には、T5ドライバーでケースを分解する必要があります。

 

ユーザーマニュアル

日本語表記の説明書が付属します。

 

はじめて使う方には嬉しいハズの図解説明書です!

 

スポンサーリンク

まとめ

玄人向けだけど、充実の付属品

予想外に付属品が充実しており、M.2 SSD以外は特段用意する物は無いようです。

 

どちらかと言えば自己解決出来る人向けのブランドですが、保証申請先すら不明の海外謎メーカーが多いカテゴリー商品だけに、安心感はあるのではないでしょうか?

 

M.2再利用やクローン作成などでケースを探している方は、検討してみる価値がありそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました