dmmモバイルで貯まる「dmmポイント」で「電子書籍」を買ってみた話。

過去にも触れましたが、格安スマホ(MVNO)のDMMモバイルを利用していると、ポイントが結構貯まります。

[過去記事:DMMモバイルで貯まる「dmmポイント」の使い道]

更新日:2018/6/11 ・コミックレンタル料金改定、通販送料改定に対応。物色リストの更新。その他。 格安SIM(MVNO)「dmmモ...

ところが、このポイントは「dmmモバイル」で使う事は出来ません。

そこで「電子書籍」の購入でポイント消化を試みる事にしました。

今回は、dmmモバイルで貯まる「dmmポイント」で「電子書籍」を実際に買ってみた話です。

スポンサーリンク

購入編

1.「dmm電子書籍」にアクセス

dmmの電子書籍WEBサイト「dmm電子書籍」にアクセスしましょう。

2.書籍を探す

キーワード検索などから、お好みの書籍を探してみましょう。

漫画、小説が前面に押されがちですが、技術書やビジネス書などのラインナップもあります。

条件は要確認

無事、気になる書籍が見つかり「購入手続きへ」を押す前に、対応端末などの条件を確認する事をおすすめします。

理由は、DMM電子書籍の閲覧条件(端末数・期間)が、タイトルにより異なる為です。

とは言え、多くの作品は、以下のように期間・端末共に制限はありません。

しかし、サンプル作品を中心に、閲覧期間が決まっていたり。

一部の作品には「利用できる台数」が決まっている事もあります。

[参考:ヘルプ 電子書籍の認証端末制限とは何ですか?]

後々、無用なトラブルを避ける為にも、購入前に確認しておきましょう。

3.支払い

「購入手続きへ」→「ログイン」を行います。

続けて支払い手続きです。

用意されている決済方法は下記の通りです。

  • クレジットカード
  • paypal
  • DMMポイント

支払い方法に「DMMポイントでお支払い」を選ぶと、dmmポイントを利用する事ができます。

ポイントが足りない場合

なお、dmmポイントが足りない場合は、不足分をクレジットカードで支払う事が出来ます。

中途半端なポイント残っていなくても、使い切りが可能です。

閲覧方法編

2018/5/18現在、購入した電子書籍は下記の環境で閲覧可能です。

  • 「DMMブックス」アプリ
  • 「WEBブラウザ」

なお、「DMMブックス」アプリは下記OS向けに用意されています。

  • Windows
  • Mac
  • iOS(iPhone・iPad)
  • Android

今回はスマホアプリでの読み方を確認したいと思います。

1.スマホ版アプリ

先ずは、DLとインストールです。

[Android]

[ios]

※今回の検証にはAndroid版、v.g1.0.10を利用しています。

2.起動

アプリを起動します。

初回起動時は、使い方などが表示されます。

ログインを求められます。

必ず購入時のアカウントでログインしましょう。

3.閲覧準備

アカウントとアプリの同期作業です。

下方向にフリックすると、購入済みの電子書籍一覧が表示されます。

閲覧方法は2つ

一覧から読みたい本をタップすると、「閲覧方法の選択」を下記の2つより行う事が出来ます。

  • ダウンロード
  • すぐに読む

おすすめは「ダウンロード」

今後、仕様変更になる可能性はありますが、両者の基本的な特徴はこんな感じです。

ダウンロード すぐに読む
概要 初回に書籍データをDL保存 その都度通信で閲覧
データ通信量 繰り返し閲覧でもあまり変わらない 繰り返し閲覧で増えがち
圏外での利用 DL済み書籍は閲覧可 不可
ストレージの消費 比較すると多い 少ない
ビューア アプリ最適化 WEBブラウザ風

実際に使ってみて、大きいと感じたのはビューアの差です。

「すぐに読む」では、スマホ版「WEBブラウザ」と同じようなビューアで表示されます。

試し読み程度では問題ありませんが、パフォーマンスや文字サイズ、カラー調整など、長時間の閲覧には全般的に劣っている印象を受けてしまいました。

サクサク読みたい方に、おすすめは「ダウンロード」です。

特に「何度も読み返す本」や「移動中に読む本」であれば、長いトンネルも不安定な通信速度も関係ない為、選択の余地はないでしょう。

まとめ

電子書籍ユーザーなら、有効な使い道かも

他の大手電子書籍サイトで、購入する予定がある場合は、同じ書籍が「dmm電子書籍」にも無いか?チェックするようにしましょう。

正直、使い道に困っているポイントで、全く同じ電子書籍が購入できるのは、何だか得をした気分です。

電子書籍ユーザーであれば、大きなメリットがある使い道だと感じました。

それでは、楽しいスマホライフを!