docomoから発売される、気になるスマホ「HUAWEI P20 Pro(HW-01K)」について調べてみた。

先日、docomoからの、発売発表があった「HUAWEI P20 Pro(HW-01K)」。

[参考:HUAWEI公式 ニュースとイベント 2018/05/16]

国内発売は嬉しいのですが、MVNOユーザーとしては、正直キャリアからの発売は微妙なところです。

しかし、気になる端末である事に変わりなく、白ロムGETの可能性もあるわけなので、情報収集は行っておく事に。

今回は、docomoから発売予定の「Huawei P20 pro(HW-01K)」について調べてみた話です。

※本記事内容は2018/5/21現在の内容となります。

スポンサーリンク

Huawei P20 pro(HW-01K)について

発売時期と価格

キャリアの公式サイトによると、発売時期と価格は下記の通りです。

  • 発売時期:2018年6月下旬以降発売予定

価格は条件により異なりますが、実質負担金は下記の通りでした。

  • 実質負担金:57,024円(※機種代金103,680円)

※時期、価格は、2018/5/21現在の内容となります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

[参考:docomo オンラインショップ HUAWEI P20 Pro HW-01K]

主要スぺック

現時点で判明している、主要スペックをまとめてみました。

  • OS:Android 8.1
  • CPU: Kirin970(2.4 GHz × 4 + 1.8 GHz × 4)NPU
  • ストレージ・RAM:128GB・6GB
  • サイズ: 幅74× 縦155 × 厚さ7.9 mm
  • 重量: 約180g
  • ディスプレイ: 約6.1インチ FHD+(2240 x 1080)、OLED
  • アウトカメラ: 有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型
  • インカメラ:有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型
  • バッテリー: 3900 mAh
  • wifi:802.11a/b/g/n/ac (wifiテザリング最大8台)
  • Bluetooth:4.2
  • その他:防水(IPX7)、防塵(IP6X)、FeliCa対応、USB Type-C対応、顔認証対応、指紋センサー
  • カラー展開:青(Midnight Blue)、黒(Black)

[参考:メーカ公式サイト]

購入前に知っておくべき特徴

チップセット(CPU)

Kirin970が搭載されています。

Kirin970は「Huawei mate 10 pro」にも採用されていましたが、公式WEB上では、ドコモ版P20 Proは若干周波数の強化が図られているように見受けられます。

[周波数比較]

しかし、「mate 10 pro」と比べ、劇的にスペックアップがされているとは考えにくいでしょう。

防水(IPX7)、防塵(IP6X)、FeliCa対応

どうやら、日本仕様が施されているようです。

おサイフケータイに対応するのが、いかにも日本向けと言ったところでしょうか?

Leicaトリプルカメラ

メインカメラは、Leicaトリプルカメラが搭載されています。(約4000万画素)

シリーズは異なりますが、Leicaダブルレンズを搭載した「mate 10 pro」も、かなり綺麗な写真がとれるモデルでした。その後継となるカメラを搭載するだけに、期待は高まるばかりです。

その後、後半にあるメーカーさんのサンプル写真を見た際には唸ってしまいました・・・。

まとめ

どんな人におすすめ?

発表後、初めての週末(5/20)にdocomoショップに立ち寄ってみると、既に店頭にはモックの展示がありました。

発売開始までは少々時間がありますが、最寄りのショップで、サイズ感やデザインは事前にチェックする事が出来そうです。

さて、P20 Proの各仕様を振り返ってみると、やはりカメラ性能に注目すべきモデルに感じます。

ちなみに、メーカーさんの公式Twitterで、時々撮影サンプルが上げられています。

結構圧巻な感じです・・・。

「Leicaのトリプルカメラ」に魅力を感じる方であれば、間違い無く検討する価値はありそうです。

それでは、楽しいHUAWEI P20 Pro(HW-01K )ライフを!