【新旧比較】ダイソーVRゴーグル「2022年」「2019年」モデルの違い

先日購入した「ダイソーVRゴーグル(2022年モデル)」。

一見では、以前販売されていた「2019年モデル」と同じように見えます。

変更点があるのか?気になったので比較してみる事にしました。

 

今回は、ダイソーVRの「2022年モデル」と「2019年モデル」を比べてみた話です。

スポンサーリンク

ダイソーVRゴーグルの新旧比較

パッケージ外観比較

2022年モデルのパッケージは「青系」、2019年モデルは「白系」です。

※上:2022年、下:2019年

ちなみに、パッケージの記載事項について特段目立った変更は無いようです。

 

価格は同じ

両者とも価格は500円(税込550円)です。

 

付属も変わらず

付属品は下記の通りで、新旧とも変わりませんでした。

  • クリーナー
  • ボタン押下防止クッション

 

VRゴーグル本体を比較

正面のデザインは全く同じ。

※上:2022年、下:2019年

 

細かな文字も一緒なので、一瞬どちらが新旧なのか分からなくなるレベルです。

 

AR構造は同じ

フロントスライドで、AR対応になる仕様も変わらず。

※上:2022年、下:2019年

 

ケーブル穴を比較

両側面にケーブル(充電ケーブル・有線イヤフォン用)穴がある仕様はかわりません。

※左:2022年、右:2019年

 

スマホトレイを比較

スマホを固定するトレイは、側面から引き出します。

※上:2022年、下:2019年

 

トレイ自体は全く同じ。

※左:2022年、右:2019年

 

ヘッドバンドを比較

両方とも、ゴム製のヘッドバンドが取り付けられています。特に材質に変更は無いようです。

※左:2022年、右:2019年

 

レンズを比較

天面のレンズ調整機能にも変化は無さそう。

※左:2022年、右:2019年

レンズのサイズや質感も同じようです。

 

クッションを比較

クッションを見比べると、均等な2022モデルに比べ、2019年モデルのクッションは不均等で生地が余っている印象。

心なしかボリュームにも差があるように感じます。

※左:2022年、右:2019年

 

縫い合わせも随分丁寧になっています。

※左:2022年、右:2019年

 

更に、よく見ると外側(正面側)の生地も違いました。

2022年モデル(左)はフェイクレザーで高級感を演出、2019年モデル(右)はビニール?ポリエステル?っぽい生地。

見えない部分ですが、クッション裏の生地も不織布(2019年モデル仕様)から変更となっています。

長く使う方にとっては良い変更点かも知れません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ほぼ同じ。でもクッションがキレイに

新旧で機能面に違いはありませんでした。

しかし、クッションに関しては良い変更点と呼べるのでは無いでしょうか。(個体差だった可能性もあり)

 

もし、両方が店頭に並んでいる場面に遭遇したのなら、クッションの精度が高い2022年モデルをオススメします。

 

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました