充電ケーブルが出せる!100均セリア「モバイルバッテリーケース」

一般的に、熱と共に衝撃にも弱いとされる「モバイルバッテリー」

 

イマドキのモバイルバッテリーは大容量化に伴い重量も増加

もはやうっかり落としてしまった時の衝撃が気になるレベルです。

 

そこで、そもそも落とさない為の対策グッズを探す事にしました。

 

今回は、100円ショップセリア(Seria)で「モバイルバッテリーケース」を買ってみた話です。

JAN:4510085128705、型番SJI-12870

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

特に梱包は無く、説明書カード?が付けられた状態で陳列されていました。

購入価格は100円(税抜)です。

 

説明書

説明カードを外してチェック。

用途が記載されています。

 

カード裏面。

サイズ詳細や材質、その他注意事項の記載。

本体

ケース本体です。

ファブリック生地の為か、外観で安っぽい印象はありません。

 

右下に、ケーブル穴があります。

直径約11mm程度。

LightningもType-C、Type-Bいずれもスマホの純正品のようケーブルはすんなり通るサイズ感ですが、あまりゴツいコネクタ厳しいかも知れません。心配な方は事前に店頭でチェックしてみてはいかがでしょう。

 

なお、生地はこんな感じです。

 

ファスナー採用されています。

 

本体裏。

 

バッグ等に取り付ける場合に使うDカン(樹脂)があります。

 

内側は不織布仕上げ。

過度な衝撃吸収は期待出来ませんが、スレなどの小キズから守ってくれそうです。

 

 

重量

重さを簡単に量りました。

約26g。意外と軽い印象です。

 

使い方

説明するまでもありませんが、普段は「充電ケーブル」と「モバイルバッテリー」を収納しておいて、利用機会が訪れたら・・・。

  1. 「充電ケーブル」をモバイルバッテリーケースに通す
  2. 「充電ケーブル」と「モバイルバッテリー」を接続する
  3. モバイルバッテリーケースのファスナーを閉める

後は、スッキリとモバイルバッテリーが使えそうです。

まとめ

モバイルバッテリーのヘビーユーザーへ

普段はモバイルバッテリー関連の収納ポーチと機能する為、充電ケーブルを忘れたりする事も減るかもしれませんね。

モバイルバッテリーの利用頻度の多い方や、既に落下経験の多い方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました