新しく懐かしいスマホ?ZTE M Z-01Kが「2画面」「折りたたみ」でちょっと気になる件。マルチウィンドウ機能が本領発揮か?

先日、大手キャリアdocomoで新機種発表がありました。

 

無難な端末ばかと思っていたのですが、予想外のスマホがラインナップされました。

 

売れるかどうかはさておき、攻めてるスマホ「ZTE M Z-01K」のスペックを調べてみました。

スポンサーリンク

ZTE M Z-01Kとは

折り畳み式2画面ディスプレイのスマホ

「2画面ディスプレイ」のZTE製スマホで、ガラケーでは当たり前だった「折りたたみ機構」を採用しています。

Snapdragon821を搭載するハイエンドクラスの端末に仕上がっています。

 

発売日と価格

2017/11/1現在、docomoからの発売予定日は「2018年1月以降」とされています。従って価格も未定となります。

残念ながら、街中で使っている人に出くわすのは、年明け以降となりそうです。

 

※追記:発売日は2018年2月9日(金曜)となりました。

 

主要スぺック

  • OS: Android 7.1.2
  • CPU:Snapdragon 821
  • ストレージ・RAM:64GB・4GB
  • 外部メモリー: microSD、HC、XC(最大256GB)
  • サイズ: 約151× 72 × 12.1 mm(折りたたみ)
  • 重量: 約 230g
  • ディスプレイ: 5.2インチ(1,920×1,080)×2
  • カメラ: 約2030万画素
  • バッテリー: 2,930mAh
  • SIMサイズ等: nanoSIM(nanoUIM)、VoLTE対応
  • WiFi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:Bluetooth 4.2

国内でのカラー展開は「黒」のみとなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

奇抜だけど、可能性も感じるスマホ

ガジェット好きの方はお気づきの通り、2画面スマホは「ZTE M Z-01K」が初めてではありません。

これまでも何度か登場するものの定着するまでには至らず、と言った印象。

 

現在のandroidOSには「マルチウィンドウ機能」が搭載されています。従来よりも2画面である事のメリットは増えたかも知れません。

市場活性化の為にも、折りたたみではスペックの高いM Z-01Kが、新たな需要を生みだしてくれることを祈るばかりです。

それでは、楽しいZTE M Z-01Kライフを!

タイトルとURLをコピーしました