新しく懐かしいスマホ?ZTE M Z-01Kが「2画面」「折りたたみ」でちょっと気になる件。マルチウィンドウ機能が本領発揮か?

【今なら、アリかも?気になる2画面折りたたみスマホ。】

前月、大手キャリアdocomoの新機種発表がありました。その際に、思わず2度見してしまった端末があります。

攻めてるスマホ?「2画面ディスプレイ搭載」の「折り畳み」ZTE製スマホの「M Z-01K」です。

今回は、いろんな意味で気になるスマホ「M Z-01K」の調べたメモです。

スポンサーリンク

M Z-01Kについて

発売日と価格

2017/11/1現在、docomoからの発売予定日は「2018年1月以降」とされています。従って価格も未定となります。

残念ながら、街中で使っている人に出くわすのは、年明け以降となりそうです。

主要スぺック

  • OS: Android 7.1.2
  • CPU:Snapdragon 821
  • ストレージ・RAM:64GB・4GB
  • 外部メモリー: microSD、HC、XC(最大256GB)
  • サイズ: 約151× 72 × 12.1 mm(折りたたみ)
  • 重量: 約 230g
  • ディスプレイ: 5.2インチ(1,920×1,080)×2
  • カメラ: 約2030万画素
  • バッテリー: 2,930mAh
  • SIMサイズ等: nanoSIM(nanoUIM)、VoLTE対応
  • WiFi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:Bluetooth 4.2

国内でのカラー展開は「黒」のみとなります。

[参考:メーカーサイト ZTEジャパン M Z-01K]

機は熟した?2画面

過去の2画面は定着しなかった

「M Z-01K」は新製品ですが、何処か懐かしさを感じます。過去には度々「2画面のスマホ」が登場していたからと思われます。

従来は2画面のメリットを活かしきれていない製品も多く普及するには至らず。

結果、一年後くらいに白ロム屋さんに未使用品が格安で大量に並んでいるのがお約束でした。

2画面であるメリットが出来た

本機の発表を見た際も「また同じ轍を踏むのか・・・」と思ってしまいましたが、今回は以前と比べ、追い風要因が存在しています。

それはandroid7から追加された「マルチウィンドウ機能」です。

「2つのアプリを同時に表示する」便利そうな機能ですが・・・実際に、普通の1画面スマホに表示するとこんな感じになります。

[上:ブラウザを表示、下にGmailを表示]

f:id:piza-man:20171101171506j:plain

仮に5インチのスマホで表示すると、単純計算で2分割で「2.5インチ以下」での表示です。

さらに、文字を入力する場合などは、ソフトウェアキーボードも表示されてしまう為、おおよそ実用的ではありません。

 

しかし、今回のZTE M Z-01Kであれば、画面自体が2つある為、マルチウィンドウ機能を存分に活かせる事になります。

 

PC作業でモニターを2つ利用する「デュアルディスプレイ」の、作業効率の高さをご存知の方であれば、そのメリットはよりイメージし易いかも知れません。

f:id:piza-man:20171101173026j:plain

まとめ

奇抜だけど、可能性も感じるスマホ

少なくとも、発売予定(2018年1月以降)時点では「個性的なスマホ」扱いでしょう。電車等で隣に座っている人が使っていたら、思わず2度見してしまうかも知れません。

しかし、マルチウィンドウ機能を存分に試してみたい方や、人とは違うスマホを試してみたい方は、検討する価値がありそうです。

 

それでは、楽しいZTE M Z-01Kライフを!