お名前.comの「ドメインの更新期限日の通知」が多すぎた話。結局、力業で解決を試みる事に。

【更新期限日通知の嵐。もしかして耐えるのみ?】

レンタルサーバーを利用される方の多くは「ドメイン」も契約されるかと思います。

さて、今回の私の失敗は、1年以上前に「お名前.com」で激安(物によっては年間10円くらい~)だったのを良いことに、使う予定の無いドメインまで11個程度、なんとなく契約してしまった事にはじまります。

今回は、「お名前.com」の「ドメインの更新期限日の通知」で困った話です。

スポンサーリンク

うっかり失効の防止対策

メールで更新期限案内

お名前.comでは、ドメインの更新期限日が近くなったりすると、「更新しなくて大丈夫ですか?メール」が届きます。

翌年も使うドメインなのに更新を忘れてしまう「うっかり失効」を防ぐには効果的と思われる為、このサービス自体はユーザーにとってもメリットのある試みと感じます。

最近はSMSでも

また、最近ではSMS宛に更新を促すサービスを開始したようです。メールに比べると配信数は少なめ。

f:id:piza-man:20171102131125j:plain

最初、新手のスパムかと思いましたが公式の配信でした。

なぜ更新に念を押される?

ドメイン利用者の方は既にご存知の通り、うっかり失効してしまったドメインを再度契約するのは、下記の理由から中々困難です。

  • 強かった失効ドメインであれば、直ぐに業者に買われてしまう
  • 復旧できる場合も手数料がかなり高い

その他の料金一覧|ドメイン取るなら お名前.com

 

さて、これらの問題を未然に防ぐ可能性の高い「ドメインの更新期限日の通知」ですが、何に困ったのかと言うと・・・通知の「頻度の多さ」です。

しかし、届く頻度が・・・。

事例をご紹介です。今回不要になったドメインの有効期限は9月下旬でした。

約30日前の8月下旬から廃止日の10月末日までの約2か月間、毎日1~3通程度のメールが届きました。後半には「割引するから更新しない?」的なメールも多くなりました。。

なお期間中のメール数は、1ドメインあたり約92通でした・・・。

[1ドメイン分のメールを最後の25件表示]

f:id:piza-man:20171102131155j:plain

今回は11個不要なドメインがあったので、単純計算でも約1,012通のメールが届いた事になります。 

スパムと言われても仕方の無い量。さすがに多すぎです。

配信停止出来るのか?

停止を試みようと、お名前.comのアカウントにログインしてみましたが、それらしきものは見つかりません。

※なお「ドメインニュース」は通常のメルマガの事で、本件とは別です。

 

困ったので、公式ヘルプをじっくりと確認すると、記載を見つける事が出来ました。

なんと、まさかの配信停止不可!

 

対処

Gmailフィルターで対処

前述の通り、配信停止が出来ないので、受け取り側で対処する事にしました。幸いgmailを利用しているので強力なフィルターが作成できます。

届いた「ドメインの更新期限日の通知」と「割引するから更新どう?的メール」を自動的に既読しアーカイブさせるフィルターを作る事にしました。

  1. PCでWEB版Gmailにアクセス
  2. 検索バーの「▼」から「検索オプション」を表示

    f:id:piza-man:20171102131235j:plain

  3. 必要事項(※後述)を入力し、右下「この検索条件でフィルタを作成」

    f:id:piza-man:20171102131319j:plain

  4. 該当メールの受信後挙動指定します。「フィルタを作成」で完了。

    f:id:piza-man:20171102131352j:plain

 

【検索オプションに何を入力したら良いのか分からない人へ】

私の場合ですが、検索オプションの必要事項はこんな感じで作成しました。よく分からない方は参考にどうぞ。※自己責任でご利用下さい。

 

「From」項目は下記の通り。

お名前.com

「件名」項目は下記の通り。

“お急ぎください。” OR “OFFでドメイン更新” OR “OFFクーポンが発行されました” OR “割引価格” OR “割引クーポン” OR “更新割引”

 

※本当は更に短く出来ますが、使うドメインにもクーポンとか届かないか?などよこしまな考えで、ちょっと加減してます。。問答無用でアーカイブしたい場合は「”お急ぎください。” OR “OFF” OR “クーポン” OR “割引”」とかでも良いかと。。

 

なお、受信後の挙動は「受信トレイ…」「既読…」「一致する…」にチェックしました。

 

※再度の確認ですが、自己責任でご利用下さい。

まとめ

毎日不要なのは言うまでもありませんが、せめてドメイン毎では無くまとめて一つのメールにするなりの配慮が欲しい所です。

 

現状では、翌年も引き続き使うドメインが「自動更新」に設定してあるのを確認した上で、メールフィルターで対処するのが、ベターと思われます。

 

それでは、楽しいドメインライフを!