【デッドスペース無く保管】100均ダイソー「セクションケース」可動式仕切板

スマホ・PCユーザーは、アクセサリー等「毎日は使わないけど、いざという時に使えないと困る物」が増えがちです。

 

まとめてダンボールに押し込むような雑な保管は、予想以上の劣化に繋がりがちなので一定の気を使いたいところ。

 

少ないデットスペースで大量保管出来る、「効率的な収納ケース」を探してみました。

 

今回は、100円ショップダイソー(DAISO)で「セクションケース」を買ってみた話です。

JAN:4549131672244

スポンサーリンク

ダイソーセクションケース

165円

価格はちょっと中途半端な150円(税込165円)でした。

 

可動式の仕切板

本体に透明な説明ラベルが巻き付けられています。

最大の特長は「可動式の仕切板」を備えている事。

 

本体サイズ

本体の材質は半透明のポリプロピレン。

サイズは約29.5cm×19cm。

なお、このサイズは突起などを含めた外観サイズです。

 

吊り下げ穴あり

陳列用なのか、吊り下げ穴が本体と一体化しています。

よほどの重量物を収納するので無ければ、吊り下げ保管する事も出来そうです。

 

収納は18マス

側面に、樹脂製ロックが2箇所。

もちろん手動で解除します。

 

収納数は「18マス」(3マス×6マス)です。

 

1マスのサイズ

1マスのサイズは約43mm×56mm×32mmです。

なお、毎回収納する物が1マスにピッタリとは限りません。マスよりも大きな物を収納する場合は「可動式仕切板」を活用します。

 

仕切板は引き抜くだけ

「可動式仕切板」の使い方は簡単です。不要な仕切りを引き抜くだけ。

 

広いマスが出来上がりました。

 

収納する物に合わせてマスのサイズを変更すれば、無駄の無いスペースに仕上げる事が出来ます。

 

蓋を閉めればホコリ対策も十分です。

 

スポンサーリンク

まとめ

サブ達の寝床

今回購入した商品以外にも、セクションケースはサイズ・価格など豊富なラインナップが用意されていました。

 

「毎日は使わないけど、いざという時に使えないと困る物」を多く保有しているのであれば、優秀な保管ケースとして機能してくれそうです。

 

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました