USBType-C電圧・電流チェッカー「IMMEDIA PDパワーメーター(MD-M651)」を買ってみた!

USBType-C電圧・電流チェッカー「IMMEDIA PDパワーメーター(MD-M651)」を買ってみた! ハードウェア
本ページには広告の掲載をしております

「USB電流電圧チェッカー」は、USBの消費電力を調べられる便利グッズです。

 

ガジェット好きの間では定番のアイテムですが、スペックや価格が多種多様です。

現状ではノーブランドの輸入品も多く、初めて利用される方は少々手に取りづらいと感じていませんか?

 

初めてでも敷居が低そうな、簡易チェッカーがSALEで安かったので、試しに購入してみたのです。

 

こんな人にオススメです!

  • Type-C機器の消費電力をチェックしたい
  • 安価に済ませたい
  • 初期不良・不具合は避けたい
  • USBチェッカーを初めて使う

 

今回は、IMMEDIA(イミディア)Type-C PDパワーメーター(MD-M651)を買ってみた話です。

スポンサーリンク

イミディアのType-C PDパワーメーター(MD-M651)レビュー

  • JAN:4571418856511

パッケージ

リテールパッケージです。

 

100W対応

裏面にはスペックなどの製品特徴が記載。

最大100W(20V5A)まで対応しています。殆どのパソコン充電のチェックに使えるのは大きなメリットです。

※なお、メモリーやログ機能はありません。単純なリアルタイム測定です。

 

さらに詳しく

パッケージ裏を詳しく確認したい方は下記をどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

内包物

  • パワーメーター本体
  • 説明書

 

パワーメーター本体

本体は黒色の樹脂素材。よく見ると半透明です。

保護キャップと保護フィルムは、外してから使いましょう。

 

サイズは約62.5(W)×24(D)×10.6(H)mm、重量は約12gとの事。

 

Type-Cチェッカー

搭載コネクタは、USB Type-C(オス)と・・・。

 

USB Type-C(メス)です。

操作ボタンは1個のみ

操作ボタンは側面にある1個のみ。

役割は「回転ボタン」です。※使い方は後述

本体裏面

裏面の仕様記載。

 

説明書

付属の説明書は日本語表記。

そもそも難しい操作はありませんが、初めてチェッカーを利用する方、不慣れな方には心強いかもしれません。

 

メーカー保証つき

ちなみに、説明書には保証書が付いています。

  • メーカー保証6ヶ月

保証皆無のノーブランド品USBチェッカーが多く出回っている現状を考えると、一定の安心感はあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

使ってみた

実際に接続して感じた事などをメモ。

OLEDディスプレイの表示

両ケーブルを差し込み通電するとチェッカーは起動します。

表示される値は、現在のV(ボルト)、A(アンペア)、W(ワット)。

 

OLEDは単色表示。発光は控えめな印象です。

 

双方向対応

Type-Cオス・メス、どちらからの給電にも対応しています。(双方向対応)

給電先は矢印で表示。

 

180°回転は便利

表示が逆側で不便なシーンには比較的よく遭遇します。

そんな時は側面のボタンを押すだけで、180°反転されます。地味に便利。

 

スマホケースに注意

本品に限った事ではありませんが、コネクタ直付け式のチェッカーは、スマホケースを装着したままの使用は困難です。

隙間は約2mm前後とみられ、かなりの極薄ケース以外は、外す必要がある点は留意しておきましょう。

 

 

まとめ

ビギナー向けType-Cチェッカー

操作簡単、日本語説明書付き、メーカー保証付き、USBチェッカービギナーでも安心な印象をもちました。

 

  • コネクタはType-Cオス・メス
  • 100WPD対応
  • 双方向測定
  • 180°回転
  • 日本語説明書
  • メーカー保証

 

 

なお既に述べていますが、計測機能は「通電状況リアルタイムで表示」するだけです。

 

高度な用途(ログ・メモリー解析や産業機器レベルの精度)を求めている場合は、もっと高額な製品からさがしましょう。

 

単純に「Type-C機器の電力を知りたい」とお考えであれば、メーカー保証の安心感と共に利用できる本品は、選択肢となるかも知れません。

 

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました