「大手キャリア」と「格安SIM(MVNO)」による「平成30年北海道胆振東部地震」被災者の方向け、支援情報。

「平成30年北海道胆振東部地震」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

災害救助法が適用された地域の方向けの支援措置が「大手キャリア」や「格安SIM(MVNO)」から徐々に発表されてきました。

  • 支援を必要としている方が、支援策情報にたどり着けるように
  • 募金で支援をしたい方が、募金情報にたどり着けるように

各社の支援策情報を調べる事にしました。

今回は、「大手キャリア」と「格安SIM(MVNO)」による地震被災者支援情報です。

【更新履歴】

2018/9/10更新:

  • auの追加支援を追記。(通信速度制限解除)
  • UQ mobile支援を追記。(チャージ無償)
  • BIGLOBEモバイルの支援を追記。(チャージ無償)
  • docomoの募金受付を追記。
  • KDDIの募金受付を追記。

2018/9/11更新:

  • DTI SIMの支援を追記。(5GB無料付与)

2018/9/13更新:

  • nuroモバイルの支援を追記。(10GB無料付与)
  • NifMoの支援を追記。(合計2GB無料付与)
  • JCOM MOBILEの支援を追記。(修理交換費用を一部軽減)

2018/9/18更新:

  • TONEモバイルの支援を追記。(受付手続きの緩和)
  • ソフトバンクの募金受付を追記。

2018/9/21更新:

  • docomoから00000JAPANの終了予定日発表。
  • auから00000JAPANの終了予定日発表。

本記事の最終更新日(2018/9/21)を迎えました。

以後の、最新情報は各社公式サイト等より、ご確認下さい。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

※本記事は低速通信での閲覧を考慮した、低装飾と無広告仕様とさせて頂きました。

※本記事は、本日(9/7)より約2週間(2018/9/21)まで平日毎日更新予定です。

なお、当サイトのトップページへはこちら「格安スマホマイスターぴざまん(※通常表示)」からどうぞ。

スポンサーリンク

調べた事業者一覧

下記の30事業者について支援策の発表有無を確認してみました。

※順不同

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • Ymobile
  • UQ mobile
  • IIJ
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • nuroモバイル
  • BIC SIM
  • mineo(マイネオ)
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • ELSONIC SIM
  • DTI SIM
  • スマモバ
  • NifMo
  • DMM mobile
  • b-mobile(日本通信)
  • U-mobile
  • TONEモバイル
  • LinksMate
  • リペアSIM
  • AIRSIMモバイル
  • JCOM MOBILE
  • ワイヤレスゲートSIM
  • ロケットモバイル
  • ヤマダニューモバイル
  • G-Phone

2019/9/18現在では、30事業者中、17事業者で具体的な支援策の発表が確認できました。

確認できた事業者のみ、支援策概要と公式発表へのリンクをまとめて置きたいと思います。

おことわり

  • 公式WEBで発表された携帯電話向け支援策を対象としています。未発表・未公開の支援策は省きます。
  • WEBは複数回確認していますが、万一見落としの場合にはご了承願います。

キャリア

ドコモ

データ通信の速度制限解除(2018年9月30日まで)の他、付属品の無償提供や一部手数料の無料化など様々な支援策(2018年10月31日)が発表されています。

内容や対象者など、詳しくは下記公式サイトで、ご確認下さい。

Wifi開放

なお、2018/9/7 11:00~ 「docomo Wi-Fi」が「公衆無線LANサービス(00000JAPAN)」無料開放されました。

9/21追記:終了予定日が公開されました。

「2018年9月25日(火曜) 午前10時00分(順次終了予定)」

詳細は公式サイトにて。

au

一部手数料の減免、受付手続きの緩和、付属品の無償提供などの支援が発表されています。

詳しくは下記公式サイトでご確認下さい。

また、9/6~7日のデータチャージ料金(5GB上限)について支援が発表されています。

さらに、9/7~30まで「データ通信速度制限解除」が発表されました。

※UQは「格安SIM(MVNOなど)」側で触れます。

Wifi開放

なお、「au Wi-Fi SPOT」も2018/9/7 11:00~「公衆無線LANサービス(00000JAPAN)」として無料開放が順次始まりました。

9/21追記:終了予定日が公開されました。

「災害用統一ネットワーク名「00000JAPAN」による無料開放を、2018年9月25日をもって終了いたします。なお、避難所においては引き続き、au Wi-Fi SPOTを無料でご利用いただけます。(9月21日更新)」

詳細は公式サイトにて。

ソフトバンク(Ymobile含む)

データ追加無償化など、複数の支援措置が発表されています。

Wifi開放

「ソフトバンクWi-Fiスポット」も「公衆無線LANサービス(00000JAPAN)にて無償公開されています。

格安SIM(MVNOなど)

UQ mobile

データ通信容量(9月チャージ分)の無償提供が発表されました。

また、既に料金を窓口でお支払いされている方向けの、支払期限の延長措置も発表されています。

IIJ

1契約ごとに9月分バンドルクーポン(2GB)を無償付与する発表が行われています。

対象者は自動付与なので、手続きは要りません。

BIC SIM

IIJと同じ。

回線提供元のIIJ発表を参照。

mineo(マイネオ)

災害支援タンクが開放中です。

※なお、2018/09/03から「災害支援タンク」の利用基準が見直しとなっています。

nuroモバイル

10GB分のチャージ無償提供が発表されました。

対象者などは下記公式サイトにて。

BIGLOBEモバイル

9月分のボリュームチャージの無償提供などが発表されました。

イオンモバイル

IIJと同じ。

回線提供元のIIJ発表を参照。

ELSONIC SIM

IIJと同じ。

回線提供元のIIJ発表を参照。

DTI SIM

モバイルサービス支援措置として「データ通信容量 5GB」の無料付与が発表されました。

詳細は公式サイトにて。

スマモバ

基本料金の一部日割免除や紛失破損の機種交換費用の一部免除が公開されています。申告は必要です。

NifMo

合計2GB(0.5GB×4回分)のデータおかわり付与が発表されました。

詳細は公式サイトでどうぞ。

TONEモバイル

受付手続きの緩和措置が発表されています。

JCOM MOBILE

見落としです。9/7時点で、対象が「当社からご購入いただきましたスマートフォン・タブレット本体」ですが、修理・交換等に要する費用の一部軽減が発表されていました。

詳細は問い合わせる必要がありそうです。

支援募金

Yahoo!ネット基金

Yahoo Japanの基金。

「Tポイント」や「クレジットカード」で、寄付することが可能です。

管理人も微力ながら募金させていただきました。

ドコモ

ドコモのサービス経由(dポイントクラブ・ドコモビジネスクラブ・ドコモ口座)で日本赤十字社に募金が可能です。dポイントも使えます。

期限2018年9月30日(日)17時まで。

KDDI(au)

KDDI経由で日本赤十字社(予定)に募金できます。

「auかんたん決済」や「じぶん銀行決済」など、auのスマホユーザーが募金しやすいサービスです。

「WALLETポイント」も使えます。期限2018年9月30日12時 (予定)まで。

ソフトバンク

SoftbankやYmobileユーザーは、スマホやケータイから簡単に寄付する事ができます。

期限2018年9月10日~10月31日。

詳細は下記公式サイトにてご確認ください。

最後に

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

格安スマホマイスターぴざまん

– サイトTOPへ –