久々にスマホを買い替える人が、事前に知っておくべきガラスフィルム事情。

【イマドキスマホの難しいガラスフィルム選び】

久々に、スマホを買い替えた知人が何人か居るのですが、皆同じ事を言っている点に気が付きました。

それは「ガラスフィルム(液晶保護)選びに失敗した」と言う事です。

(※貼り付け失敗では無く、選択を失敗)

f:id:piza-man:20170413180458j:plain

実際のところ、私も最近のスマホの「ガラスフィルム」選びはとても難しくなったと感じます。

今回は、選ぶのが難しくなった原因考察と、久々にスマホを買い替えた人が注意するべきポイントについて触れます。

 

スポンサーリンク

なぜ困難に?スマホのフィルム選び

従来のスマホはタッチパネルが平面

数年前までのスマホは、タッチパネル部分が「まな板」のように平面な形状が一般的でした。

[従来スマホの断面イメージ]

f:id:piza-man:20170808123852j:plain

その為、保護をするガラスフィルムも「まな板」状の物で事足りました。

[従来スマホの断面イメージ(ガラスフィルム装着)]

f:id:piza-man:20170808123914j:plain

現在の主流はタッチパネルがラウンド

現在のタッチパネル部分は、角が丸みを帯びているラウンドガラスの採用が主流です。

[今時スマホの断面イメージ]

f:id:piza-man:20170808123940j:plain

 

こちらの場合、ラウンドしているタッチパネルに合わせて、ガラスフィルム作る必要があります。

[今時スマホの断面イメージ(全面保護ガラスフィルム装着)]

f:id:piza-man:20170808124009j:plain

しかし、このタイプのフィルムは従来品と比べ、手間も技術も必要だったようで、微妙なフィルムが多く出回る結果となってしまいました。

微妙なガラスフィルムたち

現在の安価なフィルムで多いのは下記の2パターンです。冒頭の知人達が購入した物も何れかに該当していました。

1.平面部分のみカバーするタイプ

前述の通りラウンド面の対応は難しい為、平面部分のみカバーさせているフィルムです。

f:id:piza-man:20170808124101j:plain

幅が小さく不格好な上、機種によっては表示部分よりも僅かに小さい事すらありますが、正面の落下からは守ってくれるため、妥協して使っている方も多いです。

 

2.淵が浮いてしまうタイプ

こちらは、幅に関してはタッチパネルに概ね合っていますが、従来型の「まな板」パネルをそのまま利用している為、淵が浮いてしまっているフィルムです。

f:id:piza-man:20170808124124j:plain

妥協するなら1がおすすめ

全面ガラスフィルムを調達出来る事に越した事はありませんが、格安スマホに高額フィルムを選ぶのは気が引ける方も多いでしょう。

上記のフィルムで妥協するのであれば「1」(平面部分のみ)をおすすめします。

実際に「2」(淵が浮いている)のタイプも使ってみましたが、浮いている分フィルムの淵が欠けやすく、淵の溜まるゴミも除去しにくい為、「2」のおすすめは出来かねます。

まとめ

少しづつ安めな全面フィルムも登場しつつある

少し前までは、全面フィルムは約3000円以上するような高額商品ばかりでした。

しかし、最近では少しづつ1000円以下のノーブランドの全面フィルムも登場しつつあります。

 

なお、既に大量のガラスフィルムが販売されている中から、全面フィルムを探し出すのは少々困難です。

一般的に「ノーブランドの全面フィルム」には「3D」「全面」「フルカバー」などのキーワードが商品名に入っている事が多い為、商品検索に利用しましょう。

検索例

  • ○○○○ ガラス 3D 
  • ○○○○ ガラス 全面

※「○○○○」は機種名。

※「検索結果は全面フィルムだけ」ではありません。要個別確認です。

※ノーブランド品の中には品質が微妙な物もあったりします。購入前に商品ページのレビュー確認は必須です。評価の低い物は見送りましょう。

 

手頃な全面フィルムが見つからない場合は、取り合えず「平面部分のみフィルム」を購入し、後日「手頃な全面フィルム」が販売されてから買い替えるのがおすすめです。

 

それでは、楽しいスマホライフを!