100円のiPhone Xs・X用「背面ガラスフィルム」をキャンドウ買ってみた!

スマホ用のガラスフィルムといえば、一般的にタッチパネル側に貼り付ける物をイメージするかと思います。

しかし最近、一部ユーザーに需要のあるiPhone用の「背面側のガラスフィルム」を、100円ショップで見かけるようになりました。

今回は、100円ショップキャンドウで、iPhone X / Xs用背面ガラス保護フィルムを購入してみた話です。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ表

購入価格は100円(税抜)です。

パッケージ上部。実力値9Hの文字。

クドいようですが、本品は背面側のガラスフィルムです。タッチパネル側ではありませんのでお間違いなきよう。

パッケージ下部には、対応機種(iPhoneXs、X)と共に、製品特長が記載されています。

  • 光沢(クリアフィルム)
  • 高透過率(優れた透明度)
  • 指紋防止(汚れに強い)
  • 貼り直し可能(シリコン吸着)
  • 飛散防止(破片が飛び散らない)

パッケージ裏

JAN:4965534176200

使用上の注意 など

裏面上部には使用上の注意などが記載されています。

保護フィルムの貼り方 など

裏面下部は、簡単に貼り方の説明など。

更に詳しく

パッケージ裏面を、詳しくチェックしたい場合は下記からどうぞ。

パッケージ裏面画像(大)

開封

開封すると、ミラーシートに包まれた「背面ガラスフィルム」が姿を表しました。

※アルコールパットなどは付属しません。

はく離フィルムが付いた状態。十分な透明度と感じます。

当然ですが、カメラ部分はくり抜かれています。

裏面は「はく離フィルム」が剥がし易いように、オレンジ色の掴みがついています。

貼り方は、タッチパネル側のガラスフィルムと変わりません。

  1. 本体裏面の汚れを徹底的に落とす(一切のホコリも残さない事がポイント)
  2. ガラスフィルムの「はく離フィルム」を剥がす
  3. 本体にガラスフィルムを貼り付ける

取り付けてみた

パッケージ裏面にも記載の通り、本品は背面の周囲全てを覆うタイプではありません。

[パッケージ裏面]

実際にXsに貼り付けてみると、端まで約2mm程度届かない事が分かります。

本品は背面の平面部分のみを保護するガラスフィルムです。

予め留意しておきましょう。

まとめ

気兼ねなく使えるiPhoneXs・X用「背面ガラスフィルム」

多く需要がある、iPhone用の「タッチパネル側ガラスフィルム」はどこでも安価に購入する事が出来ます。

しかし、一部のケース無し派・バンパーケース派の方に人気の「背面側ガラスフィルム」は、必要以上に高額だったりする事も珍しくありません。

その点、本品は100円(税抜)で、気兼ねなく使える「背面側ガラスフィルム」と言えそうです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました