100円ショップであえて「充電専用のmicroUSB」メッシュケーブルを買ってみた話。

現在も、コストパフォーマンス重視のスマホを中心に「microUSB」コネクタは現役で搭載されています。

暫く調達していなかった「microUSBケーブル」が不足気味に陥ったので、何時ものように100円ショップで買い足す事にしました。

今回は、100円ショップで、あえて「充電専用のmicroUSB」メッシュケーブルを買ってみた話です。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ外観

例によってシンプルなパッケージです。チャック付き。※なお価格は100円(税抜き)

表には特長が記載されています。

「ロングブッシュコネクター」「メッシュケーブル」採用。長さは約50cm。

裏面には注意事項や使用方法など。

説明拡大。スペック関連の記載はありません。

開封

中身はケーブルのみです。赤を購入しましたが、他に黒系や白系もありました。

耐久性の高そうなメッシュケーブルです。

特長の一つでもある「ロングブッシュ」も標準的なケーブルと比べると、とても長い(約14mm)のが分かります。

充電専用ケーブルの良いところ

一応確認しますが、このケーブルは「充電専用」です。当然、USBケーブルでPC等にデータを送りたい場合には買ってはいけません。

では、「充電専用」に何のメリットも無いか?と言えば、そうとも言い切れません。

今回、「デスクワーク中の充電用」に、あえて充電専用ケーブルを選んだのは訳があります。

PCでの充電が気分的に楽

一般的な「通信・充電両対応ケーブル」で、PCでスマホの充電を行う場合、下記の挙動が発生します。

スマホ側

充電するのか?送信するのか?聞かれます。

PC側

外すのか?聞かれます。

[タスクバー(windows10)]

私はPC接続時に、USBケーブルでPCでにデータ送信する事は無く(wifiで送る)、もっぱら作業中の充電が目的です。

その為、これらの挙動は煩わしく感じてしまいます。

充電専用ケーブルの場合は無挙動

今度は「充電専用ケーブル」での挙動を確認してみました。

PCとスマホを「充電専用ケーブル」で接続した場合は、スマホ側・PC側共に前述の挙動が一切ありません。

差し込んだ瞬間から、充電が始まり、好きな時にそのまま抜き取れます。

気分的な物ですが、この点が地味に気にいっています。

まとめ

耐久性の高そうな100円microUSB

そもそもの購入動機は、これでま利用していた古いケーブルが、断絶してしまったことです。

そこで「耐久性」「100円」で物色した結果が今回のケーブルでした。

なお、今回のケーブルの質感は昨年末に購入した「100円セリアのtype-c」と同じように感じます。※こちらも2018/3/10時点でほぼ毎日利用していますが、問題無く使えています。

[過去記事:100円type-cケーブル「3A」「高耐久」購入レビュー]

少し前の話ですが、スマホ充電用の「type-cケーブル」を買い足す必要があった為、100均で物色をする事にしました。 すると、お馴染み...

今回のケーブルも耐久性に期待したいところです。

それでは、楽しいスマホライフを!