Huawei P30 liteを約1月使って分かった、良かったところ4個、イマイチなところ1個。

約1ヶ月に購入したHuawei P30 lite(MAR-LX2J)。

所感ですが、実際に使用して分かった事や感じた事など残しておくことに。

今回は、Huawei P30 lite(MAR-LX2J)を約1月使って分かった、良かったところ4個、イマイチなところ1個です。

スポンサーリンク

良かったところ

1.必要十分なスペック

この価格帯では珍しく、便利な機能や上位規格等(Type-C、DSDV、WIFI 11ac対応、約6.15インチFHD+ディスプレイ、microSD利用可、など・・)を多く取り揃えています。

恐らく同世代・同価格帯で、同じように規格等を取り揃えている端末を探すのは苦労する予感です。

 

なお、処理性能も前作P20liteに比べ着実に進化しています。

ハイエンドでは無いものの、P30 liteは価格に対してのスペックは悪く無く、少なくとも日常生活では十分と言えそうです。

2.ランプがある

P30liteには最上部にランプが搭載されています。

最近ではランプは省かれてしまう端末も見られる為、有り難みを感じる方もおられるかと。。

※黄色ランプが点灯中

「無いと困る!」と言う方であれば判断材料になりそうです。

3.小さなノッチ

小さなノッチが採用されました。

これにより表示領域が広がり、実用性と共に新型スマホ感も漂います。

数年前、登場初期は好き嫌いが別れたノッチですがここまで来るともう目立ない印象です。

前作p20liteと比べても、かなり小さくなった事が分かります。

※参考:前作p20lite

補足:隠す事もできます

前述の通り、もう十分目立たなくなった気もしますが、やっぱりノッチが好きでは無い方は隠す事もできます。お好みでどうぞ。

※隠した状態

[設定手順]

  1. 設定
  2. 画面
  3. その他の表示設定
  4. ノッチ
  5. ノッチを隠す

4.予想以上の更新頻度

最近のゴタゴタを払拭しようとするかの如く、頻繁にアップデート配信されます。

現状では、殆ど毎月セキリティパッチが降って来ている状況で有り難いかぎりです。

イマイチなところ

1.ランプ視認性

メリットでも紹介したランプ。大変便利ですが、数日利用しているとあることに気が付きました。

手で端末を持っていたり、スタンドなどに置いている際には問題無く点灯に気がつくのですが・・・。

[手で持った状態]

テーブルやデスクなどの平面に端末を置いているとランプが殆ど見えません。。

[デスク平置き ※点灯してます]

原因はP30liteのランプの位置にあると思われます。

※ランプの場所は、奥まった位置にあるスピーカーの更に内部。

つまり、角度があるとランプが隠れて見えなくなってしまう訳です。

 

結局のところ、ランプの存在自体は非常に有り難いのですが「ランプの視認性」は今ひとつな印象です。

気になる方は市販スタンドを併用しても良いかも知れません。

まとめ

高コスパな日常使いスマホ

致命的な弱点も無く、コネクタやwifiに旧規格が混じる事も無く、新しい事を当たり前に利用出来るP liteシリーズらしいスマホに仕上がっていました。

現実的な価格で新型感を味わえるスマホ試したい方には、悪くない選択肢と感じました。

それでは、楽しいHuawei P30 lite(MAR-LX2J)ライフを!

タイトルとURLをコピーしました