【実機レビュー】Huawei P30 lite(MAR-LX2J)レビュー!Kirin710 AnTuTuベンチマーク。

Huawei P30 lite(MAR-LX2J)は、コストパフォーマンスの高さで人気の「P lite シリーズ」2019年モデルです。

最近、大手MVNOで取り扱いが開始されたとの事で、遅ればせながら試しに購入してみる事にしました。

今回は、「Huawei P30 lite(MAR-LX2J)」の実機レビューとベンチマーク測定を行っってみた話です。

スポンサーリンク

Huawei P30 lite(MAR-LX2J)とは

主要スペック

主なスペックはこんな感じ。

OSAndroid 9、EMUI 9.0.1
CPUKirin 710
ストレージ(ROM)64GB
RAM4GB
サイズ幅:約72.7× 縦:約152.9 × 厚さ:約7.4 mm
重量約159 g
ディスプレイ約6.15インチ、FHD+(2312 x 1080)TFT
アウトカメラ約2400万画素+約800+約200万画素/AF
インカメラ約2400万画素/FF
バッテリ約3340 mAh
LTEFDD:B1、3、5、7、8、18、19、26、28 TDD:B41
WCDMAB1、2、5、6、8、19
GSM、EDGE850、900、1800、1900 MHz
WiFiWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2 with BLE aptX、aptX HD、HWA
色展開ピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック
その他キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応、NFC無

※最新、詳細スペックはメーカーサイトでご確認下さい。

売っている場所

2019/7/26現在、幾つかのMVNOと一部の大手量販店等で取り扱いがあります。

開封の儀

パッケージ

お馴染みのシンプルパッケージ。

簡単なスペックと本体カラー(今回は黒)が記載されています。

裏はシールで封印。

付属品

早速、開封しました。

上記画像の通り、パッケージと本体以外に付属品があります。

[付属品リスト]

  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • イヤフォン
  • イジェクトピン
  • クリアケース
  • クイックスタートガイド

充電器

付属の充電器は「Huawei QUICK CHARGE(USB1個口)」です。

出力記載は「5V – 2A OR 9V – 2A 」。

充電ケーブル

Type-Cケーブルです。

3Aの記載。

イヤフォン

ヘッドセットが付属します。イヤフォンジャックに差し込んで使います。

イジェクトピン

SIMトレイと取り出す為のイジェクトピン(SIMピン)です。

クリアケース

クリアケース(TPU素材)が付属します。

サイドボタンは塞がっているタイプですが押しやすいと思います。

クイックスタートガイド

日本語のクイックスタートガイドです。

また、貼付け済みフィルムについての注意書き冊子が含まれていました。

本体外観

それでは、本体の外観を確認してみたいと思います。

表面

表はひたすら真っ黒です。

電源ON。

下部に多少ベゼルがありますが、前作よりも上部が更に表示領域が広くなったように感じます。

特にノッチ部分は無駄なベゼルが無くなりました。後はインカメラ付近を残すのみで進化を感じます。

[過去記事:前作 P20 lite レビュー]

背面

背面も保護用フィルム(simの取り付け案内など)が貼り付けられています。

基本シンプルなデザインです。

左下にはメーカーロゴ

中央に指紋センサー

左上には「トリプルカメラ」があります。

本体上

上には、SIMスロットがあります。

右側面

本体の右側には、電源ボタンボリュームボタン

左側面

左側に、ボタン類はありません。

本体下

本体下には、イヤフォンジャックや充電ポート(typec)等があります。

SIMカード・microSD トレイ

P30 liteのSIMトレイはこちら。

nanoSIM×2でした。

なお、スロット2に、SIMの代わりにmicroSDカードを利用する事も可能です。

※スロット2は上記画像左側。

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v.7.2.2、Phone v.9.0.1.171

総合値

133,794でした!

各項目詳細

各項目の詳細値。

基本情報

続けて、端末の基本情報(センサー等)のチェック。

ストレージ・CPU

ディスプレイ・カメラ

バッテリー・OS・接続状態(NFC)・ネットワーク

センサー

まとめ

変わらず、低価格帯の優秀スマホ

P30 liteは人気シリーズの新型という事で、激安スマホに有りがちな、充電コネクタやwifi規格で歯がゆい思いをする事もありません。

ハイエンドモデルでは無いものの、前作に比べ着実にスペックの底上げも図られています。

価格を考慮すれば、日常生活のスマホとしては申し分ない出来に感じました。

過去作(P20 lite、P10 lite)を評価されている方や、最近のゴタゴタでHuaweiが嫌いな人でなければ、悪くない選択肢に思えました。

それでは、楽しいHuawei P30 lite(MAR-LX2J)ライフを!

タイトルとURLをコピーしました