国内版 Mi Note10 Lite 1ヵ月後「良いところ5個」「イマイチなところ3個」Xiaomi

購入から1ヶ月が経過した、Xiaomi(シャオミ)のSIMフリースマホ「Mi Note10 Lite」。

 

実際に使ってみて分かった事を残して置くことにしました。

 

今回は、Xiaomi Mi Note10 Lite1(国内版)を約1月使って分かった、良かったところ5個、イマイチなところ3個です。

スポンサーリンク

良かったところ

1. 有機EL

ディスプレイには有機ELが採用されています。

電子書籍も余裕の大画面(6.47インチ)にとっては嬉しい仕様です。

 

2.持ちやすい背面3D曲面ガラス

それなりのサイズ感(157.8mm × 74.2mm × 9.67mm)があるMi Note10 Lite。

一見持ちづらそうに感じますが、背面に3D曲面ガラスが使われている為、予想以上に手にフィットします。

※背面3D曲面ガラスにGorilla Glass 5が採用

ケースを装着する場合でも、3D曲面を活かす薄型ケースを探せば、恩恵にあずかる事が出来ます。

 

3.画面内指紋センサー

指紋センサーは「画面内指紋センサー」です。

掃除が簡単な事もあり、個人的にはプラス材料です。

 

4.ネット要らずのラジオ

ネット要らずのラジオが付いています。

 

※イヤフォンやヘッドホンをアンテナとして利用します。

災害時の備えとしての役割に期待したいところです。

 

5.常時ONディスプレイのバリエーション

Mi Note10 Liteでは「常時ONディスプレイ」の設定で、メッセージ等の新着を知ることが出来ます。

 

「常時ONディスプレイ」のバリエーションが非常に多く、お好みのスタイルを選択することが出来ます。

例:通知をドットに設定

例:グラフィックスタイル

さらに、時計等は同じ場所に表示し続けない仕様(スクリーンセーバー風)となっており、有機ELの弱点(焼き付き、寿命)に配慮してあるの点にも好感が持てました。

 

※「常時ONディスプレイ」の設定方法は過去記事で紹介しています。

イマイチなところ

1. 重量

Mi Note10 Liteの重量は、200gオーバーの「204gです。

それなりの「ずっしり感」は感じます。

 

軽い(※重量)スマホをお探しの方は、よく検討すべきでしょう。

 

2.microSDスロット無し

SIMトレイは「nanoSIM×2」専用です。

microSDは使えません。

国内版Mi Note10 Liteは複数のストレージモデル(64GB or 128GB)が存在します。

データを溜めがちな方に限っては、最初から容量の大きいMi Note10 Liteを選んだ方が無難かもしれません。

ストレージ 64GBストレージ 128GB
RAM 6GBMI-NOTE-10-LITE-6+64(6941059641117) amazon.co.jpMINOTE10LITE6+128 (6941059641636) rakuten.co.jp
RAM 8GB--

 

3.曲面部分の表示

タッチパネル側も、3D曲面ガラス(Gorilla Glass 5)が採用されています。

高級感あふれるディスプレイですが、角度によっては曲面部分に影?局面歪みがうつりこんでしまうことがあります。

局面範囲や角度が原因なのか、ガラスの厚みなのか、理由は定かではありませんが、実用性には問題無いものの少々残念なところはあります。

 

メーカーさんには今後のハードで工夫して欲しいところです。

 

まとめ

高級感ある、ミドルクラス

Mi Note10 Liteは、現実的な価格ながら「有機EL」と「3D曲面ガラス」の高級感溢れるモデルでした。

 

もちろん、ミドルレンジモデルとしての実力も十分です。

 

「現実的な価格でミドルレンジモデルが欲しい!でも安っぽい物嫌だ!」

こんな方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

Xiaomi Mi Note10 Liteライフを!

タイトルとURLをコピーしました