Xiaomi「ゲームターボ」でベンチマークは変わるのか?Mi Note10 Liteで検証!

最近購入した「MiNote10Lite」や「RedmiNote9S」などXiaomi(シャオミ)スマホには、ゲームアプリ最適化機能「ゲームターボ」用意されています。

 

個人的な興味としては、ベンチマーク上に変化があるのか?が気になるところです。

 

手持ちの「Mi Note10 Lite」で簡単に検証してみる事にしました。

 

今回は、Xiaomi「ゲームターボ」の効果を「Mi Note10 Lite」でざっくり検証してみた話です。

スポンサーリンク

ゲームターボとは?

Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンに標準搭載されているゲームアプリ最適化機能です。指定したアプリの細かな設定を行う事が出来ます。

使い方

ゲームターボの使い方は簡単です。

まずは、お好みのアプリをゲームターボに加えましょう。

【手順】

  1. 設定
  2. 特別な機能
  3. ゲームターボ → 「+」アイコン

任意のアプリを追加してください。

追加したアプリに対しては、起動時に自動的に「ゲームターボ」適用されます。

 

さて、それでは検証を行ってみましょう。

検証

条件・環境など

測定方法

  • 使ったベンチマーク:AnTuTu・3DMark
  • ゲームターボOFF・ON状態で各ベンチマークアプリを2回(合計8回)実施。
  • 端末冷却を考慮して、間隔は最低でも15分以上あけた

Version

  • Mi Note10 Lite:v.11.0.4.0.QFNMIXM
  • AnTuTu:v.8.3.9
  • 3DMark:v.2.0.4661

 

ゲームターボOFF

AnTuTuベンチマーク

ゲームターボ「OFF」のAnTuTuベンチマーク。

1回目

 

詳細

2回目

 

詳細

 

3DMark

ゲームターボ「OFF」の3DMark。

1回目

 

2回目

 

続けて、ゲームターボにベンチマークアプリ群を追加して測定してみます。

 

ゲームターボON

AnTuTuベンチマーク

ゲームターボ「ON」のAnTuTu。

1回目

 

詳細

2回目

 

詳細

 

3DMark

ゲームターボ「ON」の3DMark。

1回目

 

2回目

 

ベンチマーク結果比較

今回のベンチマーク結果を、表にまとめてみる事にしました。

AnTuTuの結果比較

 

OFF(1回目)OFF(2回目)ON(1回目)ON(2回目)
総合値267,646268,922268,383268,816
CPU95,62096,23996,12796,545
GPU71,54371,56471,83871,407
MEM48,44849,23648,64349,255
UX52,03551,88351,77551,609

 

3DMarkの結果比較

OFF(1回目)OFF(2回目)ON(1回目)ON(2回目)
OpenGL ES 3.12,4732,4722,4772,470
Vulkan2,2622,2522,2622,270

※Sling Shot Extreme

 

まとめ

数値上の変化は無さそう。快適プレイの一手段に

今回の条件下では、ベンチマーク上に変化は見られませんでした。少なくともパフォーマンスに劇的な効果をもたらす物では無いようにみられます。

 

しかしながら「ゲームターボ」機能には、追加したアプリに対して、起動中の着信挙動やタッチコントロール(タッチレスポンス・反応エリア調整)など、細かな強制設定を行う事は出来ます。

 

より快適にアプリをプレイする為の一つの手段として、頭の片隅に置いておく事で、将来の活路に繋がりそうです。

それでは、楽しいXiaomi Mi Note10 Liteライフを!

タイトルとURLをコピーしました