【実機レビュー】Huawei nova lite 3(POT-LX2J)レビュー!Kirin710搭載。AnTuTuベンチマーク。

購入後、これまで手付かずだったHuawei(ファーウェイ)の2019年モデルスマホ「nova lite 3(POT-LX2J)」を開封してみました。

折角なので、遅ればせながらレビュー的な物を・・・。

今回は、「Huawei nova lite 3」の実機レビューとベンチマーク測定を行ってみた話です。

スポンサーリンク

Huawei nova lite 3とは

主要スペック

主なスペックはこんな感じです。

OSAndroid 9
UIEMUI 9.0.1
CPUHUAWEI Kirin 710 オクタコア
(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
ストレージ(ROM)32GB
RAM3GB
サイズ幅:約73.4× 縦:約155.2 × 厚さ:約7.95 mm
重量約160g
ディスプレイ約6.21インチ  (2340 x 1080)TFT
アウトカメラ約1300万画素 + 約200万画素
インカメラ約1600万画素
バッテリ約3400mAh
FDD LTEB1、2、3、8、17、18、19
TD LTEB41
WCDMAB1、2、5、6、8、19
WiFiWi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 (2.4Ghz)
Bluetooth4.2
測位GPS、GLONASS、AGPS
センサー加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証
その他nanoSIM、USB 2.0 Micro-B、キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応予定
色展開オーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラック

※最新・詳細スペックはメーカーサイトでご確認下さい。

HUAWEI nova lite 3 スペック | Phones | Japan
HUAWEI nova lite 3 しずく型ノッチ搭載6.21インチフルビューディスプレイ、 セラミック風3Dカーブボディに顔認証機能、1300万画素+200万画素ダブルレンズAIカメラを搭載。チップセットにはHUAWEI Kirin 710と、バッテリー部分には3400mAh大容量バッテリーを搭載。 ユーザーイ...

売っている場所

公式取り扱いはMVNOとの事。

[AIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイ搭載 『HUAWEI nova lite 3』 2月1日(金)より発売]

AIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイ搭載 『HUAWEI nova lite 3』 2月1日(金)より発売
華為技術日本株式会社(以下「ファーウェイ・ジャパン」)は、「novaシリーズ」の最新モデルとして『HUAWEI nova lite 3』を市場想定売価26,880円(税抜)にて2月1(金)より発売します。

購入を検討している場合は、まずはご利用中のMNVOのWEBサイトや、オンラインショップを展開しているMVNOをチェックしてみる事をおすすめします。その他はご自身の判断でどうぞ。

goo Simseller Yahoo!店 (Yahoo!ショッピング)
goo Simseller (楽天市場)

開封の儀

パッケージ

いつものシンプルパッケージです。

開封前に、側面(手前)からモデル名や色を確認する事が出来ます。

パッケージ裏。

開封

裏面の封印シールを2か所剥がして、開封します。

早速、ご対面です。

付属品

付属品を並べてみました。

内包物(箱、本体除く)をリストアップしました。

  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • イヤホンマイク
  • イジェクトピン
  • クリアケース
  • クイックスタートガイド等

各付属品について詳しく確認してみたいと思います。

充電器

ロゴの彫られている、USB1個口充電器です。

出力は5V 2A。

充電ケーブル

充電ケーブルは「USB ⇔ microUSB(Micro-B)」です。

イヤホンマイク

オープンな感じの有線イヤホン(マイク付き)です。

イジェクトピン

イジェクトピン。特筆する点はありません。

クリアケース

クリアケースはTPU素材です。

クイックスタートガイド等

書類は2つ。

いわゆる「取り扱い上の注意」が中心のクイックスタートガイドと。

別紙で貼り付け済みのフィルムについての解説。

なお、一応「説明書」も公式サイトからDL可能です。

HUAWEI nova lite 3 サポート

本体外観

スマホ本体の外観を確認します。

表面

表は上部のカメラらしきもの以外は何もありません。スッキリした印象です。

電源ON。

下部には多少ベゼルがあるものの。

上部は、ノッチ部分以外ほぼ表示領域な感じです。

同社の昨年モデルに比べると、ノッチが非常に小さくなった印象を受けました。

インカメラ周りの構成違いもありますが、比較すると小さくなったのが一目瞭然です。

[左:本機(nova lite3)、右:P20lite]

背面

背面です。下部にメーカーロゴ。

中央に「指紋センサー」、その脇から上部にかけて「フラッシュ」と「カメラ」があります。

上側面

ここにSIMカードスロットがあります。

本体上にスロットがあるのはちょっと新鮮な感じがします。

右側面

右側面には「ボリューム」と「電源」ボタン。

左側面

SIMカードスロットの定位置である左側面には、何もありません。

下側面

充電コネクタ(micro-B)やイヤフォンジャックなど。

SIMカードトレイ

前述の通り、上側面からSIMスロットを引き出します。

取り出したスロットはこんな感じ。

nanoSIM×2。

※slot2はmicroSDを取り付ける事も出来ます。

ベンチマーク

目安にベンチマークを計測しました。

AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v.7.1.5、nova lite 3 v.9.0.1.139

総合値

今回は129,855でした!

詳細値

基本情報

ストレージ・CPU

ディスプレイ・カメラ

バッテリー・OS・接続状態(NFC)・ネットワーク

センサー

まとめ

旧規格と価格以上の性能

「nova lite 3」は、Huaweiスマホの中では、お手頃価格のエントリーモデルに当たります。

Micro-B充電ポートなど旧規格も採用されていますが、基本性能は値段以上の物を感じます。

「最重視するのは価格」でも「出来る限り処理性能の高いスマホ」をお探しであれば、悪くない選択に思えます。

 

それでは、楽しいHuawei nova lite 3(POT-LX2J)ライフを!

タイトルとURLをコピーしました