mvno各社で取扱いが決まった「HUAWEI nova lite 2(FIG-L21)」について調べてみた話。

新作リリースラッシュが続くHUAWEI(ファーウェイ)ですが、先日新たに「HUAWEI nova lite 2(FIG-L21)」を発表しました。mvno各社でも購入可能となる模様。

今回は、新発売される「HUAWEI nova lite 2」が、どんなSIMフリースマホなのか?ざっくり調べてみた話です。

スポンサーリンク

HUAWEI nova lite 2について

発売日と価格

公式プレスリリースによると、発売日と価格は下記の通りです。

  • 発売日:2018/2/9(金)
  • 市場参考価格:\25,980円(税抜)

※2018/2/8現在予定となります。

[参考:公式プレスリリース]

主要スぺック

主なスペックをまとめてみました。

  • OS: Android 8.0
  • CPU:Kirin659  (4x 2.36GHz+4×1.7GHz)
  • ストレージ・RAM:32GB・3GB
  • 外部メモリー: microSD、HC、XC(最大128GB)
  • サイズ: 幅72.05× 縦150.1 × 厚さ7.45 mm
  • 重量: 約143g
  • ディスプレイ: 約5.65インチ (2160×1080、18:9)
  • アウトカメラ: 約1300万画素 + 約200万画素
  • インカメラ:約800万画素
  • バッテリー: 約3000mAh
  • FDD LTE:B13/5/7/8/19/28
  • WCDMA:B1/2/5/6/8/19
  • WiFi: b/g/n (2.4GHz)
  • Bluetooth:Bluetooth 4.2
  • センサー:加速度、コンパス、環境光、近接、指紋
  • カラー展開:ブルー、ブラック、ゴールド

[参考:メーカーサイト HUAWEI nova lite 2]

購入前に知っておくべき特徴

必要十分な性能

「nova lite 2」のCPUには、2017年の大ヒットモデル「P10 lite」に搭載された「Kirin658」の後継、「Kirin659」が採用されました。

使い方次第ですが、必要十分で普段使いで困る事はあまり無さそうです。

余談ですが「Kirin659」は先日大手キャリアKDDI向けに発売された「nova2」にも搭載されました。

[過去記事:nova2について調べてみた話]

先週、大手キャリアKDDI(au)向けにHUAWEIのスマホ「HUAWEI nova 2」が発売されると、公式プレスリリースがありました。 ...

[参考:P10lite購入レビュー]

【HUAWEI P10 liteとは?実機確認とベンチマークを公開。】 今、SIMフリースマホの最も勢いのあるメーカーと言っても過言では無い...

Fullviewディスプレイ

これまでの一般的なフルHD(1920×1080、16:9)ディスプレイではなく、よりワイドなFullview(2160×1080、18:9)が採用されています。

また、5.5インチを超える大型の「約5.65インチ」ディスプレイを搭載していますが、縦長スタイルの為、本体幅はさほど大きくない点もポイントです。

  • nova lite 2のサイズ:幅72.05× 縦150.1 × 厚さ7.45 mm

Wifiは2.4GHz帯

対応するwifi規格は「b/g/n(※2.4GHzのみ)」です。

「ac」など5GH帯は非対応となります。

充電コネクタはmicroUSB(B)

残念ながら、受電コネクタは裏表の無いtype-cではありません。

従来タイプのmicroUSB(Micro-B)となります。

国内ではDSDS非対応

SIMカードスロットは、nano×2です。

DSDSについては、既に公開されているクイックスタートガイドに下記の記載があります。

本機はデュアルスタンバイ対応ですが、SIM カード 2
は⽇本国内ではご利⽤になれない GSM のみのサポー
トとなります。
よって、国内では SIM カード 1 のみのシングルスタ
ンバイとなりますが、海外では以下のとおりデュアル
カードの同時待ち受けをご利⽤できます。

※クイックスタートガイドP23より

国内ではDSDSは非対応となります。

まとめ

安価でFullviewが楽しめる

ブラウザなどで一度に多くの情報を表示出来る、Fullviewは実用面でもメリットがあります。

一般的には、高額なハイエンドモデルにのみ搭載される高値の花でしたが、当機であれば僅か2万円台前半で購入可能です。

必要十分な性能を持っている点は勿論ですが、徐々にスーパーワイド対応アプリも見かけるようになった事もあり「安価でFullviewを体験してみたい人」にも良さそうに感じた端末でした。

それでは、楽しいHUAWEI nova lite 2(FIG-L21)ライフを!