なんとgooのスマホg07+の後継「g07++」(CP-J55aX)が発表されました!

先日、2017/12/4に「gooのスマホg07+(グーマルナナプラス)」の後継モデル、「gooのスマホg07++(グーマルナナプラプラ)」が発表されました!

当サイトでも、g07シリーズは度々取り上げていた為か、ちょっと気になってしまいます・・・。

今回は、ちょっと気になるg07+のリニューアルスマホ「gooのスマホg07++(CP-J55aX、グーマルナナプラプラ)」について調べてみた話です。

スポンサーリンク

g07++(CP-J55aX)について

発売日と価格

  • 発売日:2017年12月4日
  • 価格:24,800円(税抜)※通常セット価格

※既にgooSimseller各店で注文可能です。

[gooSimseller 本店]

[gooSimseller 楽天支店]

[gooSimseller yahoo支店]

[gooSimseller amazon支店]

 

発売記念のキャンペーンがある

なお、公式店の「gooSimseller本店」では期間と台数限定で発売記念のキャンペーンを実施しています。

ちなみにキャンペーンは2種類あります。

1つ目は、上記の公式サイト手順で、端末購入と同時に通話SIMを申し込む「らくらくプラン」で参加するパターン。

2つ目は、同じく上記の公式サイト手順で、「SIMパッケージ付のg07++」を購入し、SIMパッケージ契約し参加するパターン。

共にOCN SIMとの契約や必要ですが、後者の場合はデータプランでも可能なので気になる方はどうぞ。利用は自己責任です。

主要スぺック

  • OS:Android 7.0
  • CPU:MT6750T(1.5GHz×4、1.0GHz×4)
  • 内部ストレージ:64GB
  • RAM:4GB
  • 外部メモリ:microSD、HC、XC(最大128GB)
  • サイズ:約152× 75.6 × 7.9 mm
  • 重量:約150g
  • ディスプレイ:5.5インチ フルHD(1,920×1,080)、LTPS液晶、Dragontrail
  • カメラ: アウト1600万画素、イン1300万画素
  • バッテリー: 3,000mAh
  • LTE:B1、B3、B8、B19
  • W-CDMA:B1、B6、B8
  • CDMA2000:BC0、BC6
  • SIMサイズ等: microSIM、nanoSIM(DSDS対応)※microSIMとmicroSDは排他
  • WiFi:a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1HS
  • センサー:GPS、A-GPS、加速度、近接、環境光、電子コンパス、ジャイロ
  • その他:指紋認証あり、USB Type-C(USB2.0:OTG対応)、急速充電対応
  • カラー展開:シャイニングブルー、マットブラック、シルバー

[参考:メーカーサイト(covia) ]

前作からパワーアップしたことろ

前作の「gooのスマホg07+」と比べ、た向上点を纏めてみます。

内部ストレージ

  • g07++:64GB
  • g07+:32GB

一気に2倍になりました!

特に、DSDSで利用を予定している方にはmicroSDを使えない(microSIMとmicroSDは排他)為、朗報と思われます。

RAM

  • g07++:4GB
  • g07+:3GB

RAM(メモリ)も着実に向上となりました。

マルチタスク時などの安定性は増しそうです。

ディスプレイ

  • g07++:LTPS(低温ポリシリコン)
  • g07+: IGZO(イグゾー)

液晶パネルが、ブランド力のあったIGZOから変更となります。

メーカー曰く・・・。

前モデル「g07+」で採用したIGZOパネルよりも鮮明で反応速度に優れた高性能なLTPS液晶パネルを採用することにより、更に美しく迫力のある映像が楽しめます。

[※http://www.fleaz-mobile.com/g07plusplus/]

実物に期待と言ったところでしょうか?

カメラ

[アウトカメラ]

  • g07++:1600画素
  • g07+: 1300画素

[インカメラ]

  • g07++:1300画素
  • g07+: 800画素

アウトカメラ、インカメラ共に画素の向上が見られます。

ただし「画素の高さが、写真の綺麗さに直結するとは限らない」事はよく知られており、過度な期待は禁物かも知れません。

それでも今回、インカメラ側は大幅なスペックアップの為、自撮り用途などには、良い変化を期待をしたいところです。

まとめ

前作と比べると、大容量メモリ(4GB)やストレージ(64GB)など、着実にスペックアップが図られているようです。流石は3回目のモデルと言ったところでしょうか?

とは言え、前作とCPU性能は据え置かれている為、激重ゲーム向けの端末では無さそうです。

[参考過去記事:前作のg07+レビュー(ベンチマークあり)]

【gooのスマホg07+(CP-J55aW グーマルナナプラス)とは?ファーストインプレッション。】 「おしえてgoo」でお馴染み、NTTレ...

やはり、今回の「g07++」のメリットは「W-CDMA/CDMA2000両対応、DSDS対応」です。加えて今回スペックアップされた点に、魅力を感じるかどうか?が購入の判断ポイントになりそうです。

[2017/12/6追記]
いつも通り?結局、注文してしまいました。。
ちょっと到着まで時間が掛かるようですが、後日レビューを行う予定です。
[2017/12/14追記]
ついに到着しました・・・。予定通りレビューしてみました。
ご興味のある方、よろしければどうぞ。
先日、注文していた「gooのスマホg07シリーズ」の第三弾、gooのスマホg07++(グーマルナナプラプラ、CP-J55aX)がついに到着し...

それでは、楽しいgooのスマホg07++(CP-J55aX)ライフを!