【あなたの腕次第】ダイソーのスマホ用「フリーカット仕様 画面保護フィルム」多機種対応

新旧問わず、趣味で頻繁にスマホを購入するのですが、マイナー機種の場合は市販アクセサリーが少なく、液晶保護フィルム探しも難航しがちです。

 

そこで、多機種に対応するフリーカットタイプを100均で物色してみました。

 

今回は、100円ショップダイソー(DAISO)で「フリーカット仕様 画面保護フィルム」を買ってみた話です。

JAN:4979909965191

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

価格は100円(税抜)でした。

 

パッケージ表。

画面保護フィルム(液晶保護フィルム)は、ブルーライトカット効果付き。made in japan。

 

フリーカット仕様で、フィルムのサイズは160×70mmです。

 

パッケージ裏面

 

保管方法・使用上の注意

 

主な対応機種

既に述べた通り「160×70mm」までのサイズであればどの機種でも対応していますが、パッケージ裏下部には主だった機種の紹介がなされています。

最新機種こそ記載されていないものの、参考になるかもしれません。

 

付属品

内包物は下記のとおり。

  • 液晶保護フィルム
  • クリーニングクロス
  • 説明書(パッケージの内側)
  • 目盛付台紙

 

液晶保護フィルム

一回り大きい、剥離台紙に貼り付けられている液晶保護フィルム。

 

クリーニングクロス

フィルムカット後、スマホに貼り付ける際に使います。

 

説明書(パッケージの内側)

パッケージの内側は説明書になっていました。

 

内容はフィルムの作成方法(カット方法)。

  1. スマートフォンの画面サイズを測り、目盛付台紙に点を付けます。
  2. 剥離フィルム側を表にし、液晶保護フィルムの角を合わせ、粘着テープでしっかり固定します。
  3. 目盛付台紙に付けた点に合わせて定規で線を引きます。
  4. 線に沿ってハサミで切り抜きます。

 

裏にはフィルムの貼り付け方法などが記載されています。

 

注意:別途「用意するもの」がある

この説明書(パッケージの内側)で予め注意すべき点は、「用意するもの」の項目です。

 

忘れがちですが、フィルムカットには、文房具が別途必要となります。

  • 粘着テープ
  • 黒の油性ペン
  • 定規
  • ハサミ

簡単な物であれば当フィルムと同じ100円ショップでも入手出来るものばかりです。

お持ちで無いものがあれば、必ず用意してから望みましょう。

 

ハサミの切れ味は重要です。
最低限、汚れを落としてから作業しましょう。

 

目盛付台紙

フィルムをカットする為に使う台紙です。

 

ミリ単位で方眼メモリが記載されています。

 

まとめ

数多くのスマホに対応(仕上がりは腕次第)

数多くのスマホに貼り付けられる点は最大のメリットです。

「発売直後でフィルムの少ないスマホ」や「古すぎてフィルムが見つからないスマホ」に対しても活路がありそうです。

 

難点は、採寸・フィルムカットは購入者が手作業で行う為、仕上がりにバラツキが出てしまう事です。

 

「手先の器用さ」に自信がある方は挑戦してみても良いかもしれません。

 

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました