【実機レビュー】asus ZenFone Max (M1) (ZB555KL) レビュー!AnTuTuベンチマークあり。

2018年9月21日(金)に国内発売された、ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max (M1)」を購入してみました。低価格帯(22,800円税別)ながら、大容量バッテリーを特長としている模様。

今回は、「asus ZenFone Max (M1) ZB555KL」の実機レビューとベンチマーク測定です。

スポンサーリンク

ZenFone Max (M1)とは

主要スペック

主なスペックはこんな感じです。

OS Android 8.0
プロセッサー Snapdragon430
ストレージ(ROM) 32GB
RAM 3GB
サイズ 幅:約70.9× 縦:約147.3 × 厚さ:約8.7 mm
重量 約150g
ディスプレイ 約5.5インチ HD+ (1440×720)
アウトカメラ 約1300万画素 + 約800万画素
インカメラ 約800万画素
バッテリ 4000mAh
WiFi Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2
測位 GPS(Glonas support)
センサー 加速度、コンパス、光、近接、ジャイロ、指紋
その他 ※後日auVoLTE対応予定
色展開 サンライトゴールド、ルビーレッド、ディープシーブラック

[参考1:メーカーサイト ZenFone Max (M1)]

売っている場所

現在、オンラインを中心に多く取り扱いがあるようです。少なくともネットで購入する分には苦労する事は無さそうです。


なお、一部のMVNOでも取扱があります。

開封の儀

パッケージ

ブルー系配色が、爽やかなパッケージです。

底はセキュリティシール。

裏面には、スペック・型番など。

開封

シールを剥がしたら、横にスライドするように開封します。

付属品

付属品はこんな感じです。

[一覧]

  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • イヤフォン
  • イジェクトピン
  • ユーザーマニュアル等
  • 保証書

※本体、パッケージ除く

それでは各付属品のチェックを行います。

充電器

メーカーロゴの書かれた充電器は、USB1個口です。

スペックは下記の通り。

  • INPUT:100-240V 0.3A 50/60Hz
  • OUTPUT:5V 2A
  • サイズ:約38×38×28mm(※コネクタ部除く)

※トラッキング防止タイプではありませんでした。

充電ケーブル

充電器ケーブルは「type-A ⇔ micro-B」です。

イヤフォン

シンプルな有線イヤフォンです。

なお、イヤーピースの予備はありません。

イジェクトピン

メーカーロゴのある、SIMピンです。

ユーザーマニュアル等

日本語のユーザーマニュアルが付属します。

他にも、コールセンターの案内やシリアルシールなども付属します。

保証書

保証書がついています。

購入証明(納品書や領収書)と共に保管しておきましょう。

本体外観

選択の本体カラーは、黒(ディープシーブラック)です。

表面

約5.5インチですが、縦長のHD+を採用しているため、ボディサイズはコンパクトに感じます。

特にフィルムは貼られていないようです。

上部には「通知ランプ」「インカメラ」「受話口」「光センサー」など。

下部ベゼルに操作ボタン(戻る等)はありません。

表示領域内に表示されるタイプです。

背面

裏面は光沢を抑えた塗装。

側面から背面まで、丸みのあるフォルムでとても手に馴染みます。

中央に指紋センサー、上部にDUALカメラがあります。

上側面

イヤフォンジャック。

右側面

音量ボタン、電源ボタン。

左側面

SIMカードスロットの取り出し穴(イジェクトホール)。

下側面

マイク、microUSBポート、スピーカー。

SIMカードトレイ

トレイをチェックします。

SIMスロットは「トリプルスロット」でした。

※microSD、nanoSIM、nanoSIM

DSDSについて

DSDS対応との事。

注意点としてはこちら。※ユーザーマニュアルより

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク

ベンチマーク測定を行ってみました。(AnTuTu v.7.1.0、Phone v.15.00.1807.73)

[AnTuTu総合値]

58,763でした!

各項目詳細

各項目の詳細値です。

続けて、デバイス情報も確認。

基本情報

ストレージ・CPU

ディスプレイ

カメラ・バッテリー

OS・接続状態(NFC)・ネットワーク

センサー

以上、ベンチマークでした!

まとめ

低価格な、スタミナDSDSスマホ

決してハイスペックではありませんが、「低価格なスタミナDSDSスマホ」という明確な特長をもっている端末でした。

安価で気兼ね無く使える、DSDSスマホを探している場合には、一考する価値がありそうです。

それでは、楽しいZenFone Max (M1) (ZB555KL)ライフを!