【300円ガチャ】THE掃除(クリーナー)を回してみた!3Dファイルシリーズ

街中のあらゆるスペースに増殖中のガチャコーナ。

 

ガジェット掃除に使えそうな?実用系ガチャが気になったので回してみる事にしました。

 

今回は、300円ガチャ「THE掃除(クリーナー)3Dファイルシリーズ」を回してみた話です。

JAN:4589675712044

スポンサーリンク

開封の儀

ガチャ外観

「THE掃除(クリーナー)3Dファイルシリーズ」は全6種類。

価格は300円(税込)です。

 

早速、回してみました。

中身が気になるところです。

 

マイクロクリーナータイプ

カプセルの内包物。

出てきたのは「マイクロクリーナータイプ(スキマノズルタイプ)メタルレッド」のようです。

 

本体・パーツ

袋から取り出しました。

「クリーナー本体」「パーツ(ノズル・ハンドル・可動レバー)」

 

説明書

「説明書」は小さく折りたたまれています。

 

説明書を詳しく確認したい方は下記をどうぞ。

説明書_画像(大)表面

説明書_画像(大)裏面

 

組み立て

利用するには、「クリーナー本体」と「パーツ(ノズル・ハンドル・可動レバー)」の組み立てが必要です。

実際に組み立ててみる事にしました。

 

「クリーナー本体」に「ハンドル」を取り付けます。

 

差し込むだけで取り付け完了です。

 

続けて、隣の突起に「可動レバー」パーツも差し込みましょう。

 

最後にノズルの取り付けです。

側面の塗装部分先端が差込口です。

 

ノズルを下記画像のように差し込んだら、組み立て完了です。

※パーツ取り付けの順番はありません。
※3パーツ共、向き(オモテウラ)があります。不安な方は説明書等で確認しながら作業される事をおすすめします。

完成外観

完成したところ。

こんなデザインの家電を時々見かけるような気がします。

 

裏面はこんな感じ。

お疲れさまでした。

 

使ってみた

電池不要(手動)

まずは仕組みを確認。

本品は手動のクリーナーです。「可動レバー」は、矢印側へ手動可動する事が出来ます。

 

「可動レバー」をガチャガチャと手動可動すると・・・。

 

内蔵されている「ジャイロ式フィン」が勢い良く回ります!

フィンの回転が、そのまま吸引力に繋がるようです。

 

吸引チェック

とりあえず1cmぐらいの消しゴムのカスを作って、試してみました。

 

しっかり回転させてチャレンジ。

クリーナーの大きさに対して、少々ゴミが大きいかな?と思ったのですが、無事に吸い込まれました。

 

ゴミの捨て方

吸引したゴミを捨てる時は、まずノズルを外します。

 

後は、フィルターカバー(側面の塗装部分)を引き抜くだけ。

中にはゴミが溜まっているハズです。

 

スポンサーリンク

まとめ

デスク上のマスコット&息抜きに!

デスク上の小さなゴミを、頑張って頑張って吸い込んでいると、いつの間にかちょっとした息抜きになっている事に気が付きました。

 

正直、掃除用具としての実用性はありませんが、デスク上の息抜きやマスコットとしての役割を期待したいところです。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました