Hohosbの強化ガラス構造TPUケース(Huawei P20用)を買ってみた。

先日、強化ガラスを組み合わせたHohosbのTPUケース(Huawei P20用 )を購入してみました。

このケース、他のP20シリーズ(P20 pro、P20 lite)向けも存在するようなので、これから購入される方向けに、所感などを残して置くことにしました。

今回は、Hohosbの強化ガラス構造TPUケース(Huawei P20用)レビューです。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ

簡易パッケージで到着。

早速、開封してみる事にしました。

背面

マットな質感のケースが姿を現しました。

なお、上部のガラス部分には青い輸送保護フィルムが貼ってあります。

ガラス部分

保護フィルムを剥がしてみました。

丈夫かつ高級感のある強化ガラス素材です。実用面では、傷には非常に強いものの、指紋等の汚れは付きやすい印象です

スマホを取り付けるとこんな感じ。

ちゃんとレンズもケースの内側に入ってます。

背面模様

細かな◆マーク状の凹凸が付けられています。

多少は滑りにくさにも貢献しているかも知れません。

右側面

※ディスプレイ側からみての右側面

「ボリュームボタン」「電源ボタン」があります。

ボタンは覆うタイプ

両者ともボタンを覆う構造です。

左側面

ストラップホール

丈夫そうなストラップホールが用意されています。

飾りではない、実用的なストラップでも十分耐えられそうです。

下側面

「スピーカー」「充電ポート」「マイク」必要な穴は全て空いています。

上側面

「サブマイク」穴も空いてます。

内側

幾何学的な模様が目を引きます。

エアバック

四隅に空洞が出来るようになっています。

角から落下させた場合、スマホへの衝撃を緩和するエアバック構造です。

気になった事など

概ね満足できるケースでしたが、多少は留意すべき点も見つかりました。

よりイメージを掴みやすくする為に、純正ケース(※P20にはTPUクリアケースが付属する)と当ケースを比較し、気になった点を述べておきたい思います。

サイズ

一見すると違いが分かりませんが、数ミリ今回のケースが大きいサイズでした。

幅mm 高さmm 厚さmm
当ケース 約74 約152 約10
純正ケース 約72 約151 約9

※多少の誤差はあるかも知れません。

徒にサイズが大きくなってしまう事は、「持ちやすさ」の観点からはマイナス要素と言えそうです。

重量

ついでに重量も測ってみました。※個体差は留意してください。

[純正ケース]

[当ケース]

約+12gの結果でした。

TPU質感

純正ケースを含め、一般的にTPUケースは滑りにくい印象があります。

当ケースもTPUですが、側面はさらさらの質感となっている為、滑り易い印象です。

これも「持ちやすさ」の観点からはマイナス要素となりそうです。

まとめ

質感高いケース

ワンコイン程度の激安ケースと違い、安っぽさは感じませんでした。

個体差はあるかも知れませんが、小さな穴のズレも程んど無かったのは流石と言うべきでしょうか。

「高級感あるデザイン」かつ「丈夫なケース」をお探しの場合には、悪くない選択となりそうです。

持ちやすさはそれなり?

一方、下記理由から「持ちやすさ」はそれなりな印象です。

  • サイズが純正ケースより一回り大きい
  • 側面がさらさら系のTPU素材

恐らく純正ケースより持ちやすいという事は無いでしょう。

「持ちやすさを最重視する方」は、ストラップホールを活用するか、他のケースを探しても、悪くないかも知れません。

それでは、楽しいスマホライフを!