【実機レビュー】Huawei P20(EML-L29)国内版レビュー!Kirin 970搭載、AnTuTuベンチマークあり。

2018/6/15に国内版が発売された、Huawei(ファーウェイ)P20(EML-L29)。

以前から気になっていた事もあり、早速購入してみました。

今回は、Huawei P20(EML-L29)国内モデルの実機レビューとベンチマーク測定です。

スポンサーリンク

Huawei P20(EML-L29)とは

主要スペック

主なスペックをおさらいです。

OS Android 8.1
UI Emotion UI 8.1
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU
(4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53) + i7 コプロセッサ
ストレージ(ROM) 128GB
RAM 4GB
サイズ 幅:約70.8× 縦:約149.1 × 厚さ:約7.65 mm
重量 約165g
ディスプレイ 約5.8インチ FHD+ (2244×1080、18.7:9)TFT
アウトカメラ 約1200万画素RGB + 約2000万画素モノクロ
インカメラ 約2400万画素
バッテリ 3400mAh
FDD LTE B1、2、3、4、5、6、7、8、9、12、17、18、19、20、26、28、32
TD LTE B34、38、39、40、41
WCDMA B1、2、4、5、6、8、19
WiFi Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5.0 Ghz対応)
Bluetooth 4.2 (aptX / aptX HD / LDAC / HWA対応)
測位 GPS、AGPS、Glonass、BeiDou、Galileo
センサー 加速度、環境光、近接、指紋認証、HALL、ジャイロ、コンパス、色温度、レーザーレンジング
その他 USB 3.1 Gen Type-C、NFC、nanoSIM x 2、急速充電対応
色展開 ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールド

[参考1:メーカーサイト P20 (EML-L29)]

[参考2:メーカー公式ツイート]

@HUAWEI_Japan_PR HUAWEI 新製品発表会16:10 – 2018年6月11日

売っている場所

SIMフリーモデルとして、発表されたP20(EML-L29)は、家電量販店やオンラインショップ、MVNOで幅広く販売されています。

お好みの店舗でどうぞ。

開封の儀

パッケージ

白いシンプルなパッケージに、ゴールドカラーのロゴ。

特長でもある「Leica DUAL CAMERA(ライカ デュアルカメラ)」もしっかりと主張されています。

下側面に製品名や色などの記載があります。

パッケージの裏面です。

ちなみにセキュリティシールなどが無い代わりに、パッケージ全体がシュリンク梱包されています。

開封

開封しました。寝かせられている「P20」とご対面です。

付属品

付属品のチェックを行います。

[付属品リスト]

  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • イヤフォン
  • 変換アダプタ(USB-C to 3.5 mm)
  • イジェクトピン
  • クリアケース
  • クイックスタートガイド

※本体とパッケージは除く。

それぞれの付属品について詳しく触れます。

充電器

「USB1個口」の充電器です。

  • 入力:100-240V 50/60Hz 0.75A
  • 出力:「5V 2A」OR 4.5V 5A」OR「5V 4.5A」
  • サイズ:約43×48×28mm(※コネクタ部除く)

コネクタは折りたたみ式ではありません。

トラッキング防止タイプ。

充電ケーブル

しっかりとした太めの充電ケーブルです。もちろんスマホ側は「Type-C」コネクタ。

内部が紫なのがちょっとカッコいいかも。。

両コネクタ先端までの長さは、約1mでした。

イヤフォン

付属の有線イヤフォンは「ハイレゾ」対応との事。

特筆すべき点としてはコネクタが「type-c」である点です。

※P20に3.5 mmジャックはありません。

変換アダプタ(USB-C to 3.5 mm)

3.5mmコネクタのイヤフォンを使いたい方は、変換アダプタ併用で本体の充電ポートに接続する事ができます。

イジェクトピン

ロゴなども無くシンプルです。掴みやすく感じました。

クリアケース

付属するクリアケースは、滑り難い「TPU」素材です。

側面にメーカーロゴ。

ボリュームや電源ボタンは空いていないタイプですが、押しにくいと言うことはありません。流石は純正と言ったところでしょうか。

クイックスタートガイド

クイックスタートガイドは日本語表記です。

なお、保証書(紙)は元々ありませので、探し回らないで下さい。(P31参照)

本体外観

続けて端末の外観をチェックします。

カラーは「ブラック」です。

表面

約5.8インチ FHD+ (2244×1080)の比率は「18.7:9」との事。従来の主流「16:9」に比べると、縦方向に広さを感じます。

ノッチありですが、設定で隠す事も出来ます。

最下部に「指紋センサー」、最上部に「受話口」や「インカメラ」など。

ちなみに、輸送保護用のフィルムが貼ってあります。

運良く綺麗に残っていた場合、ガラスフィルムを探すまでの数日間であれば、間に合わせにするのも悪くない気がします。(指の滑りなどは全く期待できません・・・。)

ちゃんと、「取っ手」だけ剥せます。

背面

裏面もフィルムが貼ってありますが、こちらはデザインを損ないますので剥がして使いましょう。

裏面は高級感あるガラス素材です。

ケースやカバーを付けて使う事をおすすめします。

左上には「ライカレンズ」があります。

上側面

本体上の小さな穴は「サブマイク」。

塞がないよう注意。

右側面

右側面には、「音量ボタン」と「電源ボタン」があります。

※赤い方が電源ボタン。

左側面

小さな穴から、イジェクトピンで「SIMカードトレイ」を取り出します。

下側面

ディスプレイを上にした場合、左から下記のように並んでいます。

  • メインマイク
  • 充電ポート(type-c)
  • スピーカー

SIMスロット

SIMスロットは「nanoSIM×2」です。microSDのスロットはありません。

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク

AnTuTu総合ベンチマークの測定を行います。

(AnTuTu v7.0.9、P20 v8.1.0.121)

207,954でした!

各項目詳細

続けて、センサー等のデバイス情報を確認します。

基本情報

ストレージ・CPU

ディスプレイ

カメラ・バッテリー・外観

OS・接続状態(NFC)・ネットワーク

センサー

以上、ベンチマークでした!

まとめ

ハイスペックなコンパクト

ハイスペックなSIMフリースマホは数あれど、なかなか「性能の良いコンパクトなスマホ」に出会う事はありません。

その点、P20は幅約70.8mmと、現実的なサイズを維持しています。

電車やバスでの移動が多い、「性能の良いコンパクトなスマホ」を求める方には、悪くない選択のようです。

それでは、楽しいHuawei P20(EML-L29)ライフを!