フリーハンドで動画撮影!100均ダイソーの「首掛けスマホホルダー」

YouTube配信用の動画を、スマホ撮影する際は「撮影用スタンド」があると便利です。

特にスマホを手に持たないフリーハンド撮影を行う場合は、必須アイテムと言えます。

 

定番の三脚撮影スタンドは、ブレ無く綺麗に撮影する事が出来ますが、視点が固定される為ライブ感の乏しい映像仕上がりがちです。

 

屋内外問わずサクッと自分目線の撮影が出来る、スマホ動画スタンドを購入してみました。

 

今回は、100円ショップダイソー(DAISO)で「首掛けスマホホルダー」を買ってみた話です。

JAN:4549131906646

スポンサーリンク

ダイソーの首掛けスマホホルダー

200円(税込220円)

購入価格は220円(税込)でした。

 

フリーハンドで動画撮影

構造としては「首掛けタイプのスマホホルダー」です。

スマホを手に持つ必要が無いのでフリーハンド動画撮影出来ます。

 

用途など

主な用途として下記が挙げられています。

  • アウトドア
  • 歩きながらの風景
  • 料理や作業の実況
  • 子供やペットの表情

 

説明書

パッケージ裏面が説明書。

 

詳細

説明書(パッケージ裏)の詳細画像をチェックしたい方は下記をどうぞ。

パッケージ裏画像(大)

 

スタンド本体

開封しました。

材質はABS樹脂。

 

スマホは幅8cmまで

ペンダント部が、スマホを固定するホルダーです。

ホルダーを倒して・・・。

 

先端フックを立ち上げれば、スタンドの準備はOK。

 

スマホは挟んで固定します。

なお、スマホの対応サイズは幅約5.5cm~約8cmです。

 

角度は180°

側面の固定ネジを緩める事で、ホルダー角度調節が可能です。

 

調節範囲は約180°です。

 

なお、角度や構造上、撮影中の画面を確認しながら使う用途には、不向きかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

低コストでライブ感ある動画撮影が出来る

悪目立ちせず、準備は簡単、スペースも殆ど必要としない事はメリットです。

 

屋内外問わず、低コストでライブ感ある映像を撮影したい場合には、威力を発揮してくれそうです。

 

安価なので用途が合致している場合は、試しても良いかもしれません。

それでは、楽しいスマホライフを!

タイトルとURLをコピーしました