ausu ZenFone3(ZE520KL 国内モデル)レビュー! AnTuTuベンチマークも公開中!

【ZenFone3(ZE520KL)とは?】

いまやSIMフリースマホの世界的主要メーカー、ASUSより発売された5.2インチスマートフォンです!

スポンサーリンク

国内モデルと海外モデル

デザインは洗練されスペックも大幅向上されましたが、

ASUSのお膝元台湾では、発表当時のレートで30000円(台湾モデル)を切る価格でした。その経緯から国内モデルの、定価が40000超えは正直、格安とは言えずお得感を感じにくい価格設定となっています。

しかし、並行輸入品業者により販売されている台湾等のモデルは、国内モデルと下記の点で異なります。

  • 技適マーク無し
  • 日本語入力ソフト「ATOK」無し
  • au VOLTEの対応見送り
  • 日本国内でのメーカー保証対象外

厳密にいえば国内で使用すると違法となる可能性があります。法令、将来の国内向けアップデート共に、自己責任となりますのでご注意ください。

総務省 電波利用ホームページ | 携帯電話

※なお、本レビューでは国内モデルを使用しております。

売ってる場所

ZenFone3(ZE520KL)の取り扱い店舗は非常に多く購入は容易です。

メーカーサイトはもちろん、一般のショッピングサイトも価格.comたけでも40店越えの登録。その他、有名家電量販店(実店舗)でも購入する事が可能です。

メーカー公式サイト

なお、国内モデルに関してはほとんど価格に差はありません。販売価格が設定されていると思われます。

スペック

主要なスペックは、下記の通りです。

OS Android 6.0
CPU Snapdragon 625
ROM 32GB, RAM 3GB
対応SDカード micro SDHC /最大2TB
サイズ /重量 約146.8×73.9.2×7.69mm /約144g
ディスプレイ 5.2インチ, 1,920 x 1,080 IPS液晶
カメラ アウト: 1600万画素 イン: 800万画素
バッテリー容量 2650mAh
4G: (FDD:) 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28 (TD): 38/39/40/41
WCDMA: Band: 1/2/5/6/8/19
GMS: 850/900/1800/1900
WiFi: 802.11a/b/g/n/ac Bluetooth: Bluetooth 4.2
SIMスロット microSIM ×1 ,nanoSIM ×1
入出力端子:USB Type-C 2.0

筆頭すべき点としては、

Snapdragon 625

これまで、ミドルクラスに搭載されることの多かった400シリーズと、ハイエンドスマホの800シリーズの中間にあたる新シリーズです。

言わば最新の「中の上」と言ったところでしょうか?コストパフォーマンスにも優れる600シリーズの実力も気になります。

RAM 3GB

これまでのスマートフォンは2GBの製品が大半でした。複数アプリでの同時作業時に威力を発揮するものと考えられます。

USB Type-C

f:id:piza-man:20161208171923j:plain

裏表のない新規格のmucroUSBです。上位モデル中心の搭載だった「Type-C」がこのクラスのスマホに搭載されるようになりました。「暗いところで充電すると、どっちが上か下かわからない!」あのイライラからついに解放されます!

SIMスロット

simカードはデュアルスロットですが注意する点があります。それはnanoSIMスロットとmicroSDカードスロットが共用である事です。

f:id:piza-man:20161208171914j:plain

  • nanoSIMカードを挿入している場合、microSDカードは使えません
  • microSDカードを挿入している場合は、nanoSIMカードは使えません。
  • SIMカードを2枚とも挿入している場合は、microSDカードは使えません

つまり、microSDカードを使えるのはmicroSIMカードのみを挿入している時だけです。

必要に応じて、事前にsimカードのサイズ変更やsimアダプター(自己責任ですが・・・)を用意しておきましょう。

開封の儀

それでは早速開封の義です!

黒い箱にゴールドでZenFone3の文字。高級感があり、箱はメーカーロゴのセキュリティシールで封印されています。

f:id:piza-man:20161208171915j:plain

f:id:piza-man:20161208171916j:plain

ちなみに、箱の裏を見ると直ぐにどこの国のモデルなのか?確認できます。

f:id:piza-man:20161208184416j:plain

開封しました。付属品です。

f:id:piza-man:20161208171918j:plain

付属品をリストアップ

  • 本体
  • 充電器
  • USBケーブル(Type-C)
  • イヤフォン
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書
  • simスロットピン
  • その他書類一式

ディスプレイの淵はラウンドガラス。バックパネルは、金属柄の上にツヤのあるガラス素材でとても高級感があります。

高性能のカメラ。出っ張っている状態です。多少好みが分かれるところではあります。

f:id:piza-man:20161208171919j:plain

なお、市販ケースの多くはレンズをうまく保護する形状になっており、保護の面では問題なさそうです。

f:id:piza-man:20161208171920j:plain

sim、microSD共用のトレイは、iPhoneでお馴染みのピンを使い取り出します。

f:id:piza-man:20161208171921j:plain

simカードとmicrosd(必要に応じて)を挿入で準備完了。起動は、右サイドの電源ボタンを長押しです。

f:id:piza-man:20161208171922j:plain

後は、画面の指示に従って初期設定を行ってください。

購入時期にもよりますが、初期設定後に端末のアップデートを求められます。高速データ通信の残量またはwifi環境を確保しておいた方が無難です。

f:id:piza-man:20161208181143j:plain

APNの設定は、既に多数のMVNO設定が登録済みで設定の必要はありませんでした。海外モデルは異なる可能性が高いです。

続いてベンチマークです!

ベンチマーク

AnTuTu総合ベンチマーク

f:id:piza-man:20161208171906j:plain

62727でした。

少し前のハイエンドスマホ(Snapdragon808)が40000台半ばだったと考えると、かなり優秀な数値を叩き出しました。

引き続きAnTuTuでデバイスを隅々までチェックします。

基本情報

f:id:piza-man:20161208171907j:plain

ストレージ・CPU

f:id:piza-man:20161208171908j:plain

ディスプレイ・カメラ

f:id:piza-man:20161208171909j:plain

バッテリー・OS

f:id:piza-man:20161208171910j:plain

NFC・ネットワーク

f:id:piza-man:20161208171911j:plain

センサー類

f:id:piza-man:20161208171912j:plain

f:id:piza-man:20161208171913j:plain

以上、ベンチマークでした!

Chromecastについて

特に問題なく快適です。

ちなみにスマホ画面のミラーリングを行いたい場合、クイックメニューの「Play To」からすぐに開始できるのが、地味に便利でした。

f:id:piza-man:20161208183255j:plain

まとめ

良い点

製品自体はとても良く出来ていると思います。

安っぽさは無く、少なくとも通常動作に関してはサクサク動作します。

さらに個人的に一番驚いたのは、非常に発熱が少ない事です!

処理速度と少ない発熱を両立できるのは600シリーズのお陰でしょうか?

高性能でも熱々ホッカイロになってしまう、ハイエンドスマホには辟易していたので、これはありがたい仕様ですね。

若干気になる点

3Dスコア

総合のベンチマークは一世代前のハイエンドと比較し軽く凌ぐほど伸びましたが、3Dスコアに関しては、以前のハイエンドと同じか少し劣る数値です。

低い訳ではないので大半のゲームは問題無いかと思いますが、見るからに重そうな3D画面でぐるんぐるんする?感じのゲームをやるのであれば、配信元に問い合わせるなり別途情報収集された方が良いかも知れません。

価格対策

最初に触れた通り、やはり海外モデルとの価格差は気になってしまいます。

ただ、ポイント還元を前提であれば実質安く買える大手サイトも多く、かなり価格差は縮小できます。

ちなみに、日々ネットショッピングで散財wしている人間として、最近ではこの辺のサイトキャンペーンを確認するのがおすすめです。自己責任ですが・・・。

「yahooショッピング」

※プレミアム会員の方向け。会員特典と他キャンペーンと組み合わせで、10~20%くらいの還元があるときがあります。自身で要確認。

「ひかりTVショッピング」

NTTぷららの通販 | ひかりTVショッピング

※購入金額によるポイントバックキャンペーン時。普通に8000程度のPT付与があったりします。他のキャンペーン併用での更に増える可能性のあり。自身で要確認。

※各サイトキャンペーンの適用は、自身でご確認ください。

ポイント還元に興味ないけど、安くほしい方は待ってみるのも一つの手です。

前作zenfone2 laserは新モデル発表に合わせて、値下げが公式に発表されました。ZenFone3も値下がりする可能性が高いと考えられます。

※値下がりが無くても保証はできませんのであしからず。

結局どんな人におすすめ?

買いの人(おすすめの人)

  • 普段使いにのストレスの少ないスマホがほしい人
  • 発熱が少ないスマホを探している人
  • 国内で販売実績の多いメーカが良い人

見送りすべき人(買わない方が良いまたは、他スマホを検討しても良いかも)

  • ハイエンドスマホでないと動かないような激重ゲームする人
  • 海外モデルとの価格差が気になってしょうがない人
  • 国内メーカーのスマホじゃないとイヤな人
  • Xiaomi、ZTE、huaweiのスマホに抵抗のない人

結果

  • 発熱が少なく、動作も快適なスマホです。
  • 価格が許容できるのであれば、多くの人へおすすめ出来ます。
  • 激重ゲームをやりたい人は、見送りましょう。