OPPO Reno Aの「ゲームスペース」効果をざっくり検証してみた!

「OPPO(オッポ) Reno A(CPH1983)」には「ゲームスペース」がプリインストールされています。

任意のアプリをゲーム仕様へ最適化する事が出来る、いわゆる「ブースト系アプリ」です。

 

ゲームアプリを利用する場合でも、「ゲームスペース」アプリの利用は必須では無い為、活用される方がどの程度おられるかは未知数です。

 

そこで何かの目安になるかもと思い、購入直後に「ゲームスペース」を利用したベンチマークを複数回実施。情報共有することにしました。

 

今回は、OPPO(オッポ)のSIMフリースマホ「Reno A(CPH1983)」のプリインストールアプリ「ゲームスペース」の効果をざっくり検証してみた話です。

スポンサーリンク

ゲームスペースを検証

条件・環境など

  • ゲームスペース v.2.1.0_12d7afc_190805
  • Phone v.CPH1983EX_11_A.13
  • AnTuTu v.8.0.2-OB
  • 測定回数:各ゲームモード(低消費電力、均衡、競争)を2回ずつ測定。※合計6回
  • その他:測定間隔30分以上(端末冷却のため)。
  • ゲームスペース追加アプリ:「AnTuTuBenchmark」「AnTuTu3DBench」。

低消費電力モード

まず最初は、省エネの「低消費電力モード」測定です。

1回目

総合値

詳細

2回目

同じ条件での2回目。

総合値

詳細

 

均衡モード(バランスモード)

次は「均衡モード(バランスモード)」です。

1回目

総合値

詳細

2回目

バランスの2回目。

総合値

詳細

 

競争モード

最後にパフォーマンス重視の「競争モード」測定です。

1回目

総合値

詳細

2回目

競争モードの2回目です。

総合値

詳細

 

以上で、6回の計測が全て終わりました。

総合値を比較

何度もベンチマークを測定したので、比較用に一覧表を作る事にしました。

総合値一覧表

総合値の一覧表。

1回目2回目
低消費電力モード152,045149,956
均衡モード

(バランスモード)

188,292185,932
競争モード205,719204,726

 

詳細値一覧表

念の為、詳細値一覧も作ってみました。

CPUGPUMEMUX
低消費電力モード49,553449473119626349
〃 ※2回目49747430003166025549
均衡モード(バランスモード)66396544533570932734
〃 ※2回目63821545183553932054
競争モード72460550334090837318
〃 ※2回目71540549644056737655

※更に詳しい詳細(詳細値内訳)が必要な方は測定時の画像でご確認ください。

 

均衡(バランス)は未設定と同程度?

「均衡モード(バランスモード)」に関しては、「ゲームスペース」未設定の状態と同程度の値でした。

まとめ

劇的ではないが、変化あり

ご存知の通り、ベンチマークは毎回同じ値になる事は無く誤差はつきものです。

 

しかし、今回の結果をみるかぎり「低消費電力モード」から「競争モード」では誤差では片付けられない程の差がみうけられました。それなりの変化はあるようです。

 

とは言え、性能が2倍や10倍になるような夢の機能ではありませんので、誰しもが無理に使う必要は無いのかも知れません。

 

それでも多少の効果がありそうな事は事実で、アップデートなどで一時的に重くなったゲームアプリを「競争」で凌いだり、軽量アプリの「低消費電力」運用でバッテリー持ちを手助けしたりする使い道は十分ありえる印象でした。

それでは、楽しいOPPO Reno A(CPH1983)ライフを!

タイトルとURLをコピーしました