gooのスマホg07+(グーマルナナプラス CP-J55aW)を実際に1ヵ月半使ってみて分かった、良かったところ5個、イマイチなところ5個。

【g07+(プラス)を実際に1ヶ月半使った、現時点での率直な感想まとめ。】

格安にも関わらず「cdma2000対応」「DSDS対応」のスマホ「gooのスマホg07+(グーマルナナプラス、CP-J55aW )」を購入してから、約1ヵ月半が経過しました。

f:id:piza-man:20170427155138j:plain

g07のマイナーチェンジ?モデルとも言える、g07+についても実際に使ってみて「良かったところ5個」、「イマイチだったところ5個」をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

良かったところ

1.au回線で通話可能

cdma2000対応のSIMフリースマホは、今の所かなりレアな存在です。通話にau系SIMを使っている人には大きなメリットです。契約の組み合わせも広がる事でしょう。

 

【過去記事:g07+でmineoAプラン】

【g07+はmineoでも通話できるのか?通話確認してみた。】 g07+(プラス)はCDMA2000への対応が特長の一つです。 丁度手元に、...

2.安価でDSDS対応

徐々に増えてきたDSDS対応スマホですが、g07+はその中でも結構安価な部類です。安いDSDSスマホを探している場合、選択肢の一つになりそうです。

3.必要十分なスペック

2016/6/12現在、価格からもお察しの通りg07+はハイスペックではありません。しかし、値段なりの性能は有しており、日常使用に困るような物では無く必要十分と言えます。

さすがに、ハイエンド機からの乗り換えや激重ゲーム中心に利用する場合には、物足りないと思われますが。。

【過去記事:g07+購入時のベンチマークなど】

【gooのスマホg07+(CP-J55aW グーマルナナプラス)とは?ファーストインプレッション。】 「おしえてgoo」でお馴染み、NTTレ...

 

4.徐々に増えてきたアクセサリー 

前作g07が発売された際には、ケースや保護フィルムに選択の余地が全くありませんでした。

しかしその後、g07がそこそこ売れた事でサードパーティ製のアクセサリーが少し増え、さらに07+は形状がg07全く同じ為、両者で流用が可能です。

 

今では、ガラスフィルムやサードパーティ製のケースも増えて、アクセサリー価格も落ち着き始めてきました。

 

 

5.行く行くは予備にも最適。7.0アップデート保証

最近はエントリークラスでも、次々とandroid7.0搭載のモデルがリリースされ、g07+を始めandroid6.0を採用するスマホユーザーは少し寂しい思いもしている事でしょう。

しかし、g07+はandroid7.0へのアップデートがメーカーで保証されている端末で、現在はそのアップデートを待っている状態となります。

 

どんな機種でもメジャーアップデートは賛否両論ですが、既にandroid4.x系のサポート終了したメジャーアプリが増えている状況です。

将来的に予備用スマホ(壊れた時の替わり)としての運用も視野に入れている方であれば、予備としての延命に繋がるメジャーアップデートは悪い話ではないでしょう。

 

[Android 公式:Android 7.0(Nougat)特長]

イマイチなところ

1.g07のイマイチな点もほぼ引き継ぐ

外観を含め、基本スペックがg07と同じのg07+は「良いところ」は勿論ですが、イマイチな点も引き継いでしまっています。アクセサリーが増えてきた事以外は替わり無いと考えた方が無難です。

  【過去記事:前作g07の良かったところ、イマイチなところ】

【g07を実際に1ヶ月半使った、現時点での率直な感想まとめ。】 圧倒的なコストパフォーマンスの高さで(税別19800円)で注目を浴びた「go...

ちなみに以前g07で挙げた「イマイチなところ」は下記の通りです。

  1. SIMカードアダブターは上級者向け
  2. microSDカードは気軽に取り出せない
  3. ディスプレイが滑らない & ガラスフィルムは売っていなそう
  4. カメラ性能は普通
  5. ケースの選択肢はほぼ無い

このうちアクセサリーの少なさが原因だった「3」と「5」は概ね解決したのかも知れません。

2.省電力化は今一つ(g07からの強化点)

IGZOパネル採用による省電力化が紹介されていましたが、残念ながら今のところ電池持ちに関してはその恩恵を感じる事が出来ません。g07と同等程度に感じます。

【過去記事:簡易的に消費電力チェック】

【約12時間かけてg07+の消費電力を調べてみた話。】 g07+には、省電力とされる「IGZOパネル」が搭載されています。 g07+のメー...

ただパネル以外の要因である可能性もあるので、今後のアップデートによる調整で変化があるかも知れません。

3.IRカットフィルターに過度に期待は禁物(g07からの強化点)

「g07以上に、自然に綺麗にとれるようになったか?」と聞かれると、返答に困ってしまいます。両者を比較すると多少違いは出るものの、好みによる所が大きい気がします。

少なくともg07ユーザーが、g07+に買い替えを検討するほどの内容では無さそうに感じます。 

【過去記事:新旧、屋外撮影比較】

【言われてみれば若干は違うのかな?g07+とg07のカメラ比較。 】 これまでも触れた通り、g07+はg07の一応新型ですが、あまりスペック...

 

4.外観の個体差

購入時のレビューでも触れましたが外観に個体差がある印象です。知人等の所有物を含めて4台のg07+に触れましたが、それぞれに微塵な隙間や段差の有無が異なっています。

ただ隙間と言っても0.1mm台の触れないと分からない程度の物が殆どです。精度の高いハイエンドスマホしか使った事のない方は留意しておいた方が安心かも知れません。

ちなみに金属ボディの質感自体は良く、価格を考えると十分な物と感じます。

 

5.淵が反射

以前、隣に座っていた知人に怪訝そうな顔をされた事があります。何事かと聞くと、「眩しい」と。

このスマホの淵は鏡面風の加工がなされています。高級感はある気もしますが、角度によっては鏡並みに反射するので、晴れの屋外など眩しいくらいの場所で利用する時は注意する必要があります。

[ディスプレ側と背面側の両方に加工あり]

f:id:piza-man:20170612201311j:plain

好みではありますが、余計な気を使う分、この加工は要らなかったなと。。

 

 

まとめ

g07+は異色のスマホ

g07+は一風変わった長所を持つ異色のスマホです。「良いところ5個」でも挙げた下記2点は他のスマホではあまり見かけないメリットです。

 

【1.au系回線で通話可能】

cdma2000通話が可能なスマホは非常に限られています。ガラケーとの2台持ちの方が、1台に纏めたい場合(例→ 通話:au系SIM、データ:docomo系SIMなど)は大きな検討材料になるかと思います。

 

【2.安価でDSDS対応】 

DSDS対応のスマホは以前に比べれば増えてきましたが、この価格帯では比較的珍しい為、安くDSDS機能を使いたい方も、検討の余地が十分あります。

 

購入を迷っている方は「上記2点を求めているかどうか?」が判断のポイントです。この2点を必要としない場合は、他機種を検討した方が良いと思われます。

 

どんな人におすすめ?見送るべき人は?

おすすめな人

  • au系回線で「通話」したい人
  • 「安価」で「DSDS対応」のスマホを探してる人

見送るべき人

  • au系回線で「通話」する予定が無い人
  • DSDS機能が不要な人
  • 重いゲームが利用目的の人
  • 予算が3万越え

それでは、楽しいg07+ライフを!