IGZOが搭載されたg07+は省電力なのか?g07+とg07のディスプレイ消費電力を比べてみた。

【約12時間かけてg07+の消費電力を調べてみた話。】

g07+には、省電力とされる「IGZOパネル」が搭載されています。

g07+のメーカーサイトや販売店サイトでも「省電力化」がアピールされている為、一体どれほど省電力になったのか期待してしまいます。

今回は、IGZOが搭載されたg07+が省電力化されたのか?検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

検証

条件

  • 本体初期化済み
  • 充電100%
  • g07+ファーム:CP-J55aW_20170425
  • g07ファーム:CP-J55a_20170426

 初期化後に行った設定

  • ネットワーク:機内モード
  • 位置情報:OFF
  • 消灯時間:スリープ無し(※ずっとバックライト点灯)

検証1(明るさMAX)

まずは、単純に明るさMAXでどのくらい電池が持つのかチェックしてみました。

  • 明るさバー:MAX
  • 自動調整:なし

[左:g07+、右: g07]

f:id:piza-man:20170526202757j:plain

 

結果:g07+ 約8時間57分、g07約9時間20分 

 

予想外にいきなりg07+の方が負けてしまいました。。g07の方が約20分ほど長く長持ちした感じです。

ただ、この条件は「明るさMAXで約9時間放置」という現実離れしたケースだった為、もともと省エネが考慮されていないのかも知れません。もう少し実用的な条件で検証してみる事にしました。

 

※この結果の要因については「明るさをチェック」で後述。

 

検証2(明るさ50%)

端末を初期化すると、明るさバーは「真ん中」に設定されています。次はこの状態で試してみる事にしました。

  • 明るさバー:真ん中
  • 自動調整:なし
  • 計測時間:約一時間

[左:g07+、右: g07]

f:id:piza-man:20170526202825j:plain

値はあまり当てになりませんが一応、「画面」の詳細。

f:id:piza-man:20170526202840j:plain

 

結果:ほぼ同じ

 

算出の消費電力はほぼ同じでした。むしろ、07+の概算電池残量が少ない点が若干気になりますが。。

何れにせよ、またも微妙な結果です。

 

検証3(明るさ50%、自動調整ON)

引き続き、明るさバーは「真ん中」で利用者も多いであろう「明るさの自動調整」をONにしてみます。

  • 明るさバー:真ん中
  • 自動調整:なし
  • 計測時間:約一時間

※両端末のセンサーには約1000ルクス(デスクライト下くらい。)

[左:g07+、右: g07]

f:id:piza-man:20170526202917j:plain

f:id:piza-man:20170526202928j:plain

結果:ほぼ同じ

 

またもや、ほぼ同じ結果となりました。

 

明るさをチェック

検証の途中ですが、「今ひとつ結果が振るわないのは、実はg07+の方が明るいからでは?」との仮説が浮かんでしまったので、先に明るさ確認する事にしました。「明るさバー」の位置が同じでも、明るさが大きく異なっているかも知れません。

 

「設定」画面の白い背景部分を、スマホのセンサーで簡易的に測定してみました。

g07+

  • 明るさMAX時:約723ルクス
  • 明るさ50%時:約361ルクス
  • 明るさ最小時:26ルクス

g07

  • 明るさMAX時:636ルクス
  • 明るさ50%時:約335ルクス
  • 明るさ最小時:26ルクス

※簡易測定なので誤差あります。

 

どうやら全体的に、g07+の方が明るいようです。「明るさMAX時」は差が大きい為、「検証1(明るさMAX)」の結果はこの点が影響していそうです。

 

また、「検証2(明るさ50%)」の結果は両者同じくらいでしたが、「明るさ50%時」もg07+の方が少し明るい事を考えると、実は健闘している予感がします。

最後に実際の明るさを考慮し、もう一つ検証する事にしました。

検証4(明るさ最小)

両端末が同じ明るさだった、明るさバー「最小時」でも検証する事にしました。消費量が少なそうなので3時間計測します。

  • 明るさバー:最小
  • 自動調整:なし
  • 計測時間:約3時間

[左:g07+、右: g07]

f:id:piza-man:20170527014523j:plain

f:id:piza-man:20170527014547j:plain

結果:ほぼ同じ

 

若干、g07+のバッテリー残が改善している気もしますが、劇的なものではありません。

ほぼ同じ結果となりました。

まとめ

少なくとも劇的な効果はなさそう

両端末は「パネル以外の全てが同じ」ではありませんので、純粋なパネル消費量の比較とは言えないものの、残念ながら今回の検証では劇的な「省電力化」は確認できませんでした。

「g07+は端末として電池持ちが向上したのか?」と聞かれた場合の回答は「ほぼg07と同じくらい」です。 

考慮する点

劇的な効果は見られないにせよ、いくつか考慮する点もあります。

1.ディスプレイの色味

実機同士を明るさを見比べた際に気が付いた事ですが、微妙に色味(特に白)が違います。

g07+の方が、白が「青白い」印象です。※画像ではほどんど分かりませんが。

f:id:piza-man:20170527012639j:plain

g07+の方が黒字が際立って見えるため、白と黒が中心のアプリ(電子書籍等)を多用する方は、普段より少し明るさを落としても苦にならないかも知れません。

当然、明るさを落とせた場合は、その分電池の消費も減る事になります。

 

2.今後のアップデートに期待

g07は既に何度もアップデートによる微調整が施された端末です。しかしg07+はまだ発売間も無く若干明るすぎだった点を考えると、将来的なアップデートによって向上が見込める可能性を感じます。今後に期待しましょう。

 

それでは、楽しいg07+ライフを!