結局g07のカメラってどうなの?g07のカメラ性能の実力と注意点。

【g07のカメラ性能とキレイに撮るための注意点。おすすめのカメラ設定もあります。】

 

さて、カタログスペックでも察する事が出来ますが、格安スマホg07のカメラはハイスペックではありません。

f:id:piza-man:20170205000116j:plain

しかしそれは、写真が粗すぎたりQRコードが読み込めないような「使い物にならないカメラ」という意味ではありませんので誤解の無きよう。

まずは実際に撮ってみます。

 

[仕事で立ち寄った千葉方面を2枚]

f:id:piza-man:20170204230358j:plain

f:id:piza-man:20170204230412j:plain

※圧縮しています。 

 

一眼レフ並みの性能や、iPhoneの強烈なHDR効果を求める方はともかく、値段なりの性能はあるので十分普段使いできるレベルです。

 

しかし、センサーの違いなのか、何も考えずに撮影すると、時々ぼやけた写真になる事があります。

今回は、そんな失敗を避ける為、g07のカメラのきれいに撮るコツ?や弱点について触れていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

きれいに撮るコツ的なもの

1.オートフォーカスが遅め

g07のカメラは、カメラ性能を売りにするモデルとは違い、少しオートフォーカス(ピント合わせ)が遅めです。

 

2017/1下旬のアップデート(CP-J55a_20170119)で少し改善されましたが、

【早くも今年2回目。g07に修正アップデートが配信!アップデート手順と注意点、前後のベンチマークも公開中です。】 今月上旬に修正アップ...

 それでも被写体にカメラを向けてから、感覚では1~2秒位掛かる気がします。

これが写真がぼやけたりする要因の一つとなっています。

 

カメラを被写体に向けて直ぐにシャッターを切ると高確率でぼやけます。

必ず中心に表示される「□マーク」(フォーカス)が消えるのを確認してから、シャッターボタンをタップしましょう!

 

[中心の□が消えるまで待ちましょう]

f:id:piza-man:20170204230615j:plain

 

2.撮りたい物が決まっている場合

冒頭の電車写真の様に風景全体を写したい時は、そのまま撮影して問題ありません。

 

しかし、撮りたい物が決まっている場合には、オートフォーカスに任せるのでは無く、ピンポイントでピント合わせをしましょう。そうする事で、圧倒的にしあがりが違います。

 

対象の被写体をタップするだけで、ピンポイントで指定できます。

では、どの位違いが出るのか比較してみましょう。

[ そのまま撮影 ]

f:id:piza-man:20170204230627j:plain

 

[ 缶コーヒーをタップしてから撮影 ]

f:id:piza-man:20170204230646j:plain

今度は至近距離で比べてみます。

[ そのまま撮影 (至近距離) ]

f:id:piza-man:20170204231346j:plain

[ 缶コーヒーをタップしてから撮影 (至近距離) ]

f:id:piza-man:20170204231355j:plain

 

逆光気味にも関わらず、かなりハッキリ写すことが出来ました。

 

3.弱点。暗いところでの撮影

g07のカメラは暗いところが苦手です。

試しに日没後にちょっとぼろい公園ベンチを写してみました。

[g07公園ベンチ]

f:id:piza-man:20170204234415j:plain

 

[zenfone3公園ベンチ]※比較用

f:id:piza-man:20170204234422j:plain

 

同じ時間とは思えないほど、g07はかなり暗く写ってしまいました。

 

一応g07には、撮影モードに「夜間ポートレート」なる機能が存在しますが、正直目立つ変化はありませんでした。

暗闇撮影に関してはある程度割り切りが必要かもしれません。

 

対策として、どうしても暗闇撮影したい方は、次のおすすめ設定を参考にしてください。

4.おすすめ設定

個人的なおすすめ設定はこちらです。

  • 昼間、明るい所:HDRモード、美容は無効。
  • 夜間、暗いところ:HDRはOFF。画像の明るさ高(画像プロパティ)

 

何れも撮影時に「1.オートフォーカスが遅め」「2.撮りたい物が1つしかない場合」の2点は考慮してください。

美容無効にするのは、なんとなくシャープさが失われているような・・・気のせいかも知れません。お好みで。

 

 

まとめ

撮影時に押さえるポイント

  • □マーク(フォーカス)が消えてからシャッターを切る事
  • ピンポイントで撮影したい物なら、迷わず被写体をタップ後
  • 暗いところでの撮影は期待できない。どうしても撮るなら「画像の明るさ高」

 

高性能ではないが、値段なりに十分普通に使えるカメラでした。

 

それでは、楽しいスマホライフを!